August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

シーバックソーン(シーベリー)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

シーバックソーン

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96586639

フィンランドから取り寄せたスーパーフルーツです。 肌を構成する質のオメガ7・9とオメガ3・6の両方を含む世界で唯一の植物です。 25種類ものミネラルと非常に高いビタミンCとEが含まれており、カロチノイド、フラボノイドを豊富に含みます。

果実は食用になり、最近健康食品として注目されています。 ユーラシア大陸の中・北部に広く野生しますが、日本には自生していません。 名前も地域により様々な名称がついています。 シーバックソーン、シーベリー(seaberry)、チャチャルガン(モンゴル語:Чацаргана)、サジー(中国語:沙棘)、属名のヒッポファエなど様々な名で呼ばれています。 ロシアでは切手になる程の人気です。

【利用】
果実にはビタミンCが豊富で、ビタミンA、ビタミンE、さらに果物としては珍しく油脂を含む。 フィンランドでは古くからジャムや果実酒などで食用にされており、ソ連や東ドイツでは栽培品種の改良が盛んに行われています。 甘味もあるが、酸味と渋味が強いためそのまま食べることは少なく、冷凍して渋味を弱めたり、他の果物とともにミックスジュースにしたり、パイ、ジャムや果実酒の材料にすることが多い。 果実はジュース、ジャムまたは乾燥、冷凍保存することができる。

果肉および種子に油脂が含まれ、ジュースを搾ると上層にはクリーム状および液状の油脂が浮かぶ。 これは化粧品に用いられている。 特にこの油脂は不飽和脂肪酸が多いこと、抗酸化作用が高いことで注目されている。 とげが多いため収穫が困難で、枝ごと切って冷凍し実をとる方法、樹からふるい落とす方法、専用の収穫器具を使う方法などがとられている。 生け垣にも適し、果実が美しいことから観賞用にもよく栽培される。 また砂丘に根を張って安定させる効果があり、やせた塩分の多い土地にも育つので、砂漠緑化にも適するといわれる。

【栄養価値】
果実50gmから平均的な大きさのオレンジ一個分のビタミンCを摂取することができる。 果実の全体の重さの4〜7%は果肉、不飽和脂肪酸が含まれる油脂である。

 
» read more

アシュワガンダの種子販売のお知らせ


アシュワガンダ

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96585174
 
アシュワガンダは、アーユルヴェーダ医学で「インドのバイアグラ」「インドの朝鮮人参」などと称されています。 海外ではアダプトゲン植物とされ、体のホメオスタシスを安定させる極めて副作用の少ない植物として5,000年の長きにわたり使われ続けています。

【効能】
関節痛、腰痛の緩和、血液浄化作用、滋養強壮、抗ストレス性、精力増強、リウマチなどに効果があるとされる。また、近年、脳機能改善作用、免疫力強化、抗炎症作用などの効果もあるとされる。 産業技術総合研究所の動物実験では、がん細胞を死滅させ、正常細胞の老化を防ぐ効果があった。 さらに化学的な分析を行った結果、ウィザノンと呼ばれる物質が「P53」というガン抑制遺伝子を活性化させ、がん細胞の増殖抑制や正常細胞の老化防止を導くことが分かった。

【注意】
アシュワガンダは、薬事法により「急性毒性を持つwithaferin Aを含む」ことから、「医薬品にのみに使用可能な対象原料」と変更されました。 そのため、食品(栄養補助食品を含む)の用途として使用出来ません。 したがって薬草、食用としての栽培ではなく、「観賞栽培用途」としてお使いください。 

【弊社の見解】
「急性毒性」とは ある特定の化学物質を短期間に大量に投与した場合に現れる毒性のことです。 少しずつ長期にわたって、毒が蓄積して発現するものは「慢性毒性」といいます。 そして急性毒性が強い化学物質が必ずしも慢性的にも強い毒性を示すことはなく、逆に急性毒性が弱いからと言って慢性毒性も弱いと言えません。 非常に急性毒性の強い化学物質でも、その幾つかは慢性毒性が弱いだけでなく、人間にとって必須であることが判っています。

簡単な例を挙げるならば、「ビタミンD」は粉ミルクやサプリメントにも添加されている人間にとって必須の栄養素です。 しかし、ビタミンDの急性毒性は、劇薬扱いでしかも販売禁止になった農薬「パラチオン」に匹敵します。 本来なら毒物劇物取締法により「毒物」と表示すべき義務があります。 粉ミルクに「毒物」を、添加 と表示するべきなのです。 同じ理由で、魚類 卵黄 キノコ類 はビタミンDを含むので 医薬品に指定するべきです。

英名: Ashwagandha、Indian Ginseng、Winter Cherry
和名: アシュワガンダ
学名: Withania somnifera

形態: 多年草
草丈: 1〜2
発芽率: 80%
原産地: インド
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: 0℃
耐暑性: 35℃
種まき: 6〜10月
発芽適温: 25〜30℃
栽培難度: ★☆☆☆☆
株間: 30cm
連作障害: なし

【栽培方法】
■芽出し
芽出しは比較的簡単です。 ただし発芽の適温が25℃なので、桜が散るまで待ったほうがベターです。 種を1粒まいたら、土を2cm位かぶせて、お水はいつも湿っている感じにしてください。 プランターに台所で使うラップをかぶせて、輪ゴムでとめると芽が出やすくなります。 芽が出るまで1週間〜2週間くらい待って、お部屋の中の日光が良く当たる暖かい場所で育ててください。 芽が出てきたらラップを外し、1日1回朝に水をあげて下さい。ただし、水は土が乾いている時だけあげるようにしてください。 

■育てる場所・土
肥料は小さいうちは種の栄養で育ちますから、必要ありません。 大きくなってからで大丈夫です。 30cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根っこを傷つけないように土をつけたまま植え替えをするようにお願いします。 また、高さが大きくなったら先端を切り、高さを調節してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土を乾かさない程度に水を与えましょう。

■冬越し
室内の暖かく明るい場所で管理し、冬は水を極力控えてください。 葉は落ちますが、冬越しでき、春になるとまた新しい芽が出てきます。

■用途
観葉植物

レッドエース(ビーツ)の種子販売のお知らせ


レッドエース

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96569221

ビートの根にはビタミンCが多く含まれ、葉は鉄分が豊富です。 葉酸、水溶性と非水溶性の食物繊維と数種の抗酸化物質を多く含みます。 ビートはニンジンやスイートコーンよりも糖分を多く含むため、最も甘い野菜の一つです。 

欧米では一般的な定番野菜ですが、日本ではまだレアな存在です。 ロシア料理のボルシチの材料などに使われる高級食材です。

皮をむかずに茹でるか、アルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにすると美味しいです。 少し冷ましてから指でしごくと皮は簡単に剥けます。 火を通したテーブルビートはスライスしてバターを添えて食べたり、甘酢につけてピクルスにしたりすることが多い。 生の根は皮をむいてから粗くおろし金でおろし、サラダに入れることもできます 若い葉と茎はくせがなく食べやすく、ややホウレンソウと似ているのが特徴です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

【色】
Red

和名: テーブルビート、ダークレッドーツ、ガーデンビート
英名: Red Ace Beetroot
学名: Beta vulgaris "Red Ace"

産地: モンタナ州・アメリカ
種まき: 3月下旬〜9月中旬
収穫: 55〜60日
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
一般的なテーブルビートと同じです。
参考:
http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/konnsairui/te-burubi-to.html

栽培方法はニンジンと非常に良く似ています。 夏以降から育てると、春蒔きと比べると害虫被害が少なく簡単なので、初心者の方は夏まきがおススメです。

・ニンジンが発芽する適温は15〜25℃、生育の適温は18〜22℃です。
・生育適温は20℃で、12℃以下になると根の着色が悪くなります。
・2℃以下になると生育が止まり、幼苗の時に10℃以下になると花芽ができ、高温で日が長くなると「とう立ち」してしまいます。
・種は直播きし、発芽するまでは用土を乾燥させないように水やりしましょう。
・間引いた後に根元に土寄せを行う事で根の緑化を防ぐことが出来ます。
・幼苗期の間引きは一度にたくさん行わず、徐々に間引いて少しずつ根を太らせるようにしましょう。 

デトロイトダークレッド(ビーツ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

デトロイトダークレッド
リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96568771

ビートの根にはビタミンCが多く含まれ、葉は鉄分が豊富です。 葉酸、水溶性と非水溶性の食物繊維と数種の抗酸化物質を多く含みます。 ビートはニンジンやスイートコーンよりも糖分を多く含むため、最も甘い野菜の一つです。 

欧米では一般的な定番野菜ですが、日本ではまだレアな存在です。 ロシア料理のボルシチの材料などに使われる高級食材です。

皮をむかずに茹でるか、アルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにすると美味しいです。 少し冷ましてから指でしごくと皮は簡単に剥けます。 火を通したテーブルビートはスライスしてバターを添えて食べたり、甘酢につけてピクルスにしたりすることが多い。 生の根は皮をむいてから粗くおろし金でおろし、サラダに入れることもできます 若い葉と茎はくせがなく食べやすく、ややホウレンソウと似ているのが特徴です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

【色】
Dark Red

和名: テーブルビート、デトロイトダークレッドビーツ、ガーデンビート
英名: Detroit Dark Red Beetroot
学名: Beta vulgaris "Detroit Dark Red"

産地: モンタナ州・アメリカ
種まき: 3月下旬〜9月中旬
収穫: 55〜60日
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
一般的なテーブルビートと同じです。
参考:
http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/konnsairui/te-burubi-to.html

栽培方法はニンジンと非常に良く似ています。 夏以降から育てると、春蒔きと比べると害虫被害が少なく簡単なので、初心者の方は夏まきがおススメです。

・ニンジンが発芽する適温は15〜25℃、生育の適温は18〜22℃です。
・生育適温は20℃で、12℃以下になると根の着色が悪くなります。
・2℃以下になると生育が止まり、幼苗の時に10℃以下になると花芽ができ、高温で日が長くなると「とう立ち」してしまいます。
・種は直播きし、発芽するまでは用土を乾燥させないように水やりしましょう。
・間引いた後に根元に土寄せを行う事で根の緑化を防ぐことが出来ます。
・幼苗期の間引きは一度にたくさん行わず、徐々に間引いて少しずつ根を太らせるようにしましょう。 

 

オーツ麦(エンバク)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

オーツ麦
リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96554862

オーツ麦はエンバク(燕麦)とも呼ばれ、緑肥としての利用のほか、飼料としても使われます。 グラノーラの主原料となるオートミールにもなります。

栽培用の種子ですので、食用ではありません。(輸入の際に消毒されている可能性があるため)
遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

英語名: Oat
和名: オーツ麦、エンバク、燕麦
学名: Avena sativa L.

原産地: シカゴ州・アメリカ
草丈: 70〜150cm
発芽温度: 10〜20℃
pH: 6〜7.5
発芽率: 80%
耐寒性: -5℃
耐暑性: 35℃
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
栽培難易度: ★★☆☆☆

【密集率】
50〜100株/m2

【播種期】 
春蒔きと秋蒔きが可能です。 エンバクは冷涼を好むものの、ライムギとは異なり耐寒性は高くないため、寒冷地では凍害を受け冬を越せないことが多いです。 温暖な土地では秋蒔き、寒冷地では春蒔きを行うことが通例です。 生育には多量の水が必要で、ムギのなかでは湿潤を好みます。 逆にムギ類のなかでは乾燥に最も弱く、生育期に乾燥が激しくなると生育に悪影響があります。 腐植土を好むが生育地の幅は広く、また酸性に強く酸性土壌で広く生育するが、アルカリ性土壌にも耐えます。

【種蒔きの目安】
2〜3cm間隔で蒔いてください。 *散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 鳥害から守るため、芽が出るまで藁や刈草などで覆ってください。

発芽後は土が乾いている時を見計らって、2週間に1度、1mの長さになるまで麦踏みをしてください。 

【収穫時期】
緑肥として使う場合には、出穂前に刈り取って、土中にすき込んでください。
11〜12月に種まきをした場合、子実の収穫は6〜7月になります。 全体的に茶色く枯れてきたら収穫のタイミングです。
 

はだか麦(ダイシモチ)の種子販売のお知らせ


ダイシモチの種

購入リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96405576

ハダカムギ(裸麦)は、種子の穀皮が脱穀時にはがれ落ちる特性をもつオオムギのことです。 栽培法などは、普通のオオムギと大差はありません。

「ダイシモチ」は、早生で「イチバンボシ」より短稈で倒伏に強いのが特徴です。 高β-グルカンで、「イチバンボシ」の1.6倍含まれます。 粒はやや硬く、精麦白度は高い。 収量性は「イチバンボシ」よりやや低い。 出穂後3週間ぐらいで、穂があざやかな紫色にかわり、粒も外観が紫色になる六条品種です。 やや収量性が劣るものの、早生で栽培しやすい品種です。

麦飯用として使う紫色を残した搗精麦や、種子を発芽させてアミノ酸や麦芽糖のうまみを増した麦芽御飯、製粉した粉を用いたケーキ、焼き菓子のほか、焼酎や麦味噌なども特産品として人気があるようです。 もち性であるため、麦飯の「ぼそぼそ感」がなく、粘り(もちもち性)のある優れた食感です。

和名: もち麦、裸麦、ハダカムギ
英語名: Naked Barley
学名: Hordeum vulgare L.

品種: ダイシモチ
原産地: 愛媛県
草丈: 110〜130cm
種蒔き: 10〜12月
収穫: 5〜7月
発芽温度: 10〜15℃
生育適温: 3〜25℃
発芽率: 80%
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
栽培難易度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
日当たりと水はけの良い、越えた土壌を好みます。 種は2〜3cm間隔でスジ蒔き、バラ蒔きにして、2〜3cm程度覆土してください。 鳥害から守るため、目が出るまでワラや刈草などで覆ってください。

発芽後は、根張りを強くし、霜柱の害を防ぐため、土が乾いている時に2週間に1回の割合で麦踏みを2月まで行ってください。 麦の生育には麦踏みは必須です。

【収穫のタイミング】
全体的に茶色く枯れてきたら収穫してください。

【種子の保存方法】
よく乾燥させて、低温で低湿度(14%が最適)の暗所で保管してください。

【利用方法】
裸麦は、モチ米には及びませんが、ご飯と混ぜると柔らかさを増します。 団子にした場合、冷えても固くなりにくいです。 麦ご飯にした時、普通のご飯よりポロポロになりにくいです。 サラダやスープにも広い範囲で活用出来ます。 クックパッドでレシピをチェックしてください。


 

はだか麦(マンネンボシ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

はだか麦

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96404955

ハダカムギ(裸麦)は、種子の穀皮が脱穀時にはがれ落ちる特性をもつオオムギのことです。 栽培法などは、普通のオオムギと大差はありません。

押し麦や麦味噌の原料として昔から活用されてきました。 多収で品質の優れる六条品種です。 耐倒伏性に特に優れています。 多肥栽培にも向いています。 関東以南での栽培に適しています。

裸麦には、玄米の約3倍、精白米の約20倍の食物繊維が含まれています。 食物繊維は穀類、果物、豆、海藻、きのこなどに多く含まれていますが、穀類からの食物繊維摂取が、心臓病発症や糖尿病発症を低下されると言われています。 主食を白米から麦ごはんに変えるだけで、劇的に、美味しく健康な食生活に変えることができるのです。

和名: はだか麦、裸麦、ハダカムギ
英語名: Naked Barley
学名: Hordeum vulgare L.

品種: マンネンボシ
原産地: 愛媛県
草丈: 110〜130cm
種蒔き: 10〜12月
収穫: 5〜7月
発芽温度: 10〜15℃
生育適温: 3〜25℃
発芽率: 80%
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
栽培難易度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
日当たりと水はけの良い、越えた土壌を好みます。 種は2〜3cm間隔でスジ蒔き、バラ蒔きにして、2〜3cm程度覆土してください。 鳥害から守るため、目が出るまでワラや刈草などで覆ってください。

発芽後は、根張りを強くし、霜柱の害を防ぐため、土が乾いている時に2週間に1回の割合で麦踏みを2月まで行ってください。 麦の生育には麦踏みは必須です。

【収穫のタイミング】
全体的に茶色く枯れてきたら収穫してください。

【種子の保存方法】
よく乾燥させて、低温で低湿度(14%が最適)の暗所で保管してください。

【利用方法】
裸麦は、モチ米には及びませんが、ご飯と混ぜると柔らかさを増します。 団子にした場合、冷えても固くなりにくいです。 麦ご飯にした時、普通のご飯よりポロポロになりにくいです。 サラダやスープにも広い範囲で活用出来ます。 クックパッドでレシピをチェックしてください。
 

アキグミの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

アキグミの種

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96400380

秋に果実が熟すことから「アキグミ」と呼ばれています。 果実は食用となり、ジャムや果実酒などに利用されています。 

【グミの主な品種】
ナワシログミ: 常緑種。中果。暖地向き。
ナツグミ: 落葉種。中果。
ビックリグミ: 落葉種。大果。自家受粉しにくい。
アキグミ: 落葉種。小果。渋み強い。

英名: Autumn Olive
和名: アキグミ
学名: Elaeagnus umbellata

形態: 多年草
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜4m
葉張り: 2〜4m
発芽率: 75%
原産地: モントオール・カナダ
ベランダ栽培: 無理
発芽温度: 20〜25℃
耐寒温度: -15℃
耐暑性: 35℃
種まき: 3〜6月
栽培難度: ★☆☆☆☆
株間: 3〜5m
連作障害: なし

 
» read more

アマラキ(アムラ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

アマラキ
 

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96370027

マニアックなお客様のリクエストにより、また珍しい種子をインドから取り寄せました!

インドから東南アジアにかけての原産で熱帯・亜熱帯に栽培され、果実が食用になります。 横向きの小枝に長楕円形の葉が2列、密に互生します。 葉腋に緑色の花が咲き、秋に果実が熟します。

アムラ(アマラキ)は抗酸化物質を最も多く含む植物で、アーユルヴェーダでは最も人気のある果実です。 インドでは健康ジュースとして飲まれ、オレンジジュースの約10倍のビタミンCを含んでいます。 アーユルヴェーダ(インド伝統医学)において、消化力を増進させ、正しい排泄を促し、また体に栄養と活力を与えるために使われてきました。 また滋養強壮の薬草ブレンドであるチャバナプラサムや、消化、吸収、解毒の為の薬草ブレンドであるトリファラにも使われます。 アーユルヴェーダでは、味(ラサ、rasa)を6種類に分類しますが、アムラは そのうち5種類(酸味、甘み、苦み、辛み、渋み)の味を持つ唯一の食物です。

英名: Amalaki
和名: アマラキ、アムラ、ユカン、
学名: Phyllanthus emblica

形態: 多年草
草丈: 2〜10m
発芽率: 75%
原産地: インド
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: -5℃
種まき: 4〜9月
発芽適温: 25℃
栽培難度: ★★☆☆☆
株間: 5〜10m
連作障害: なし

【栽培方法】
■芽出し
発芽の適温が25℃なので、桜が散るまで待ったほうがベターです。 最初の10cmまでが最も難しいです。 種を1粒まいたら、土を2cm位かぶせて、お水はいつも湿っている感じにしてください。 プランターに台所で使うラップをかぶせて、輪ゴムでとめると芽が出やすくなります。 芽が出るまで1週間〜2週間くらい待って、お部屋の中の日光が良く当たる暖かい場所で育ててください。 芽が出てきたらラップを外し、1日1回朝に水をあげて下さい。ただし、水は土が乾いている時だけあげるようにしてください。 

■育てる場所・土
肥料は小さいうちは種の栄養で育ちますから、必要ありません。 大きくなってからで大丈夫です。 30cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根っこを傷つけないように土をつけたまま植え替えをするようにお願いします。 また、高さが大きくなったら先端を切り、高さを調節してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えましょう。

■冬越し
室内の暖かく明るい場所で管理し、冬は水を極力控えてください。 葉は落ちますが、冬越しでき、春になるとまた新しい芽が出てきます。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

スワンパンプキンの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農

スワンパンプキン
 

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=96301076

アメリカでハロウィンとクリスマスのデコレーション用として人気が出てきました。 日本ではまだ非常にレアな品種です。 種の形もとても変わっています。 

食用ではありません。 デコレーション、図工にお使いください。

和名: スワンパンプキン、スワンかぼちゃ、白鳥かぼちゃ
英名: Swan Pumpkin、Speckled Swan Gourd
学名: Lagenaria siceraria

原産地: オクラホマ州・アメリカ
利用: オーナメント、デコレーション
播種時期: 4〜5月
収穫時期: 播種後 90〜120日
遺伝子組み換え: 無し
採種権: オープンシードですのでご自由に採種、再販してください。
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
普通のかぼちゃと育て方は変わりません。 乾燥には強い品種です。 吊るすと首が伸びます。 吊るさないと首が曲がって短くなります。 

【収穫のタイミング】
100日を目安に、お好みのサイズになったら収穫してください。 収穫後は1年以上の保管(展示)が可能です。

【利用方法】
食べたら不味いので、観賞用にどうぞ。 中身をくり抜いて、バードハウスにするのもオススメです。

<<back|<84858687888990919293>|next>>
pagetop