May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ホワイトコットン(木綿)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

木綿

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95895137

コットン(木綿)の原産は中国ともいわれていますが、万葉の昔から日本人に親しまれています。 夏期には散房状に白く淡い紫紅色の小さな花をつけます。

和名: ホワイトコットン、ヒルスツム
英名: White Cotton、American White Cotton
学名: Gossypium hirsutum

形態: 多年草
栽培期間: 3〜4ヶ月
種まき: 5月中旬〜7月
適正土壌pH: 8〜9.5
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 70%以上
草丈: 70〜100cm
原産地: ノースダコタ・インド
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(4号ポット以上)
株間: 30〜60cm
連作障害: なし
栽培難度: ★☆☆☆☆

 
» read more

マキベリーの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

マキベリー

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95883322

最近注目されてきて、ニューヨークでもアサイーに次ぐスーパーフードとして話題沸騰中のマキベリーの種子です。 スーパーフルーツと呼ばれるマキベリーは、人工栽培が遅れていて大量生産されていない激レアの品種です。

果実は直径6mmぐらいの球形で色はつやのある黒色で、完熟するのは1月から3月までのわずか3ヶ月です。 パタゴニア地方は世界で大気が最もクリーンな地域の一つだと言われ、特有の植物相が存在しています。 ストロベリー、ラスベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、クランベリーなど、チリのベリー類はこの地域で栽培されていますが、マキベリーはまだ人工的には栽培されておらず、野生のままの希少な品種です。

マキベリーの果実に含まれる成分には、アルカロイドもありますが、ポリフェノールが圧倒的に支配しています。 中でもアントシアニンが豊富で、天然色素としてだけではなく、ヒトの健康に優れた恩恵をもたらすことが科学者によって確認されました。 いずれも今世紀に入ってから実施された研究の結果です。 マキベリーの特長は、様々な機能性が期待出来るため、利用方法にも多様性があります。  普通の野菜や果物にもポリフェノールは含まれていますが、特に抗酸化能の高いポリフェノールが豊富な果物は、「スーパーフルーツ」と呼ばれています。 マキベリーがその「スーパーフルーツ」の代表格です。 それを証明するものとして、オラック値(活性酸素除去指標)があります。

【効能】
・美肌・美容効果
・アンチエイジング効果
・LDL酸化抑制作用 
・デルフィニジンとシアニジンというアントシアニンが高含有なため、機能性食材として利用価値が高い。 
・COX阻害作用による抗炎症作用が優れている。 
・脂肪蓄積抑制作用 
・抗糖尿作用

英語名: Maquiberry、Maqui Berry
和名: マキベリー
学名: Aristotellia chilensis

樹高: 3〜5m
収穫: 9〜11月 *関東の場合
結実までの期間: 2年
受粉樹: 必要(雌雄異体植物=雄、雌株が必要)
用途: 果実酒、ジュース、アイスクリームなど
原産地: パタゴニア地方・チリ
鉢植栽培: 不可能
接木: 不可能
植え付け: 3〜10月
生育温度: 10〜35℃ 
発芽温度: 20℃
発芽率: 80%
耐寒性: 5℃
耐暑性: 強い
栽培難度: ★★☆☆☆

【栽培方法】
栽培は比較的容易で、樹勢が強く、環境や条件が良いと良く繁茂します。 やせ地でも育ち、土質は特に選ばないが、日陰地や湿気の多い場所は適しません。 肥料も追肥も特に必要としません。 日当たりが良く、乾燥した場所に植えてください。

萌芽力が強く、切り込んでも芽を出すので、植え付けは、3月下旬〜11月下旬までが良いが、夏の時期は避けてください。

■芽出し
水に24時間漬けてから一般的な腐葉土に蒔いてください。 土はほんの薄く覆う程度で良いです。

■植え付け
室内で20cm程度まで育苗してから定植してください。 植え付け後、2〜3年は実付きが悪いですが、実が付き始めると年ごとに多く付くようになります。

■剪定
2月頃で、秋に花芽がついているので強い剪定は避け、細い枝、徒長枝を剪定して、通風、各枝に日が当たるような剪定してください。

■施肥
特別必要は無いが、窒素過多は茎葉は繁茂するが実付きは悪くなります。 年に1度堆肥、腐葉土などの有機肥料を混ぜる程度で十分です。

【増やし方】
3月下旬頃に、太めの枝を約15センチに切り、挿し木で殖やしてください。 若木の挿し木は、葉を摘み取って挿し木をする、また、株分け、採り木で殖やすと良いです。

ツリートマトの種子販売のお知らせ


イタリアンツリートマト

http://www.marcheaozora.com/?pid=95891828

世界一の収穫量を誇る「イタリアンツリートマト」の種子を取り寄せました。 国内でこの品種を取り扱っているのはマルシェ青空だけです。

観光農園で重宝される品種で、日よけにも活用されています。 1つの株から30kg以上の収穫が見込めます。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: イタリアンツリートマト
英名: Tree Tomato、Italian Tree Tomato、Trip-L-Crop
学名: Lycopersicon lycopersicum

産地: ミラノ・イタリア
種蒔き:4〜7月
発芽率: 90%
収穫: 85日
栽培温度: 10〜35℃
発芽適温: 20〜30℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法。 実は一般的なトマトと同じサイズになります。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 100日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

インディゴローズトマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

インディゴローズ

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95773257

非常にレアな品種で、日本国内で販売しているのはマルシェ青空だけです。

一般的なプチトマトよりも糖度が高く、赤い実から熟すると淡く黒くなるのが特徴です。 ヨーロッパでは見かけるようになりましたが、それでも非常に高価な食材として珍重されています。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された黒トマトを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: インディゴローズトマト、インディゴプチトマト、インディゴトマト
英名: Indigo Rose Tomatoes
学名: Solanum lycopersicum

産地: リヨン・フランス
種別: 固定種
発芽率: 80%以上
発芽適温: 20〜30℃
栽培適温: 20〜35℃
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
一般的なプチトマトと同じ栽培方法と同じです。 サイズも3cm弱で、一般的なプチトマトと同じです。 比較的に育てやすい品種です。

クコ(ゴジ)の種子販売のお知らせ


クコの実

購入リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95561928

ゴジは「クコの実」として一般的に知られています。 この小さな赤い実は、古代ヒマラヤから伝わる自然界の健康植物です。

ヒマラヤ産ゴジベリーはまさに奇跡の食品で、多くのビタミンと多糖体、たんぱく質、抗酸化物質、必須アミノ酸を含んでいます。 チベットでは、そのアンチエイジング効果や、健康維持、免疫賦活力などが以前から永い間、知られていました。 滋養成分に富むゴジベリーは古代の秘密ですが、世界的に認められ、お茶うけや、ジュースなどに食べられています。

楊貴妃も、その美しさを保つために一日3粒のクコの実を欠かさなかったと言います。 また、徳川家康も食べていたことで知られています。

枝は長さ1m以上、太さは数mm〜1cmほどで、細くしなやかです。 地上部は束状で、上向きに多くの枝が伸びます。 枝には2〜5cm程度の葉と1〜2cm程度の棘が互生しますが、枝分かれは少ないです。 垂直方向以外に地上にも匍匐茎を伸ばし、同様の株を次々と作って繁茂します。 開花期は夏-初秋で、直径1cmほどの小さな薄紫色の花が咲きます。 果実は長径1〜1.5cmほどの楕円形で、赤く熟します。

英語名: Goji Berry、Wolfberry
和名: ナガバクコ、クコ、枸杞
学名: Lycium barbarum var. chinense

樹高: 1〜2m
収穫: 9〜11月 *関東の場合
結実までの期間: 1年
受粉樹: 不要
用途: 果実酒、ジュース、アイスクリームなど
原産地: パロ・ブータン
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
植え付け: 3〜11月
生育温度: 10〜35℃
発芽温度: 20℃
発芽率: 65%
耐寒性: 5℃
耐暑性: 強い
栽培難度: ★★☆☆☆

【注意】
月経促進や人工中絶薬の作用をする成分(ベタイン)が含有されているため、「妊婦あるいは授乳中の摂取は避けてください。

【栽培方法】
栽培は比較的容易で、樹勢が強く、環境や条件が良いと良く繁茂します。 やせ地でも育ち、土質は特に選ばないが、日陰地や湿気の多い場所は適しません。 肥料も追肥も特に必要としません。 日当たりが良く、乾燥した場所に植えてください。

萌芽力が強く、切り込んでも芽を出すので、植え付けは、3月下旬〜11月下旬までが良いが、夏の時期は避けてください。

■芽出し
水に24時間漬けてから一般的な腐葉土に蒔いてください。 土はほんの薄く覆う程度で良いです。

■植え付け
植え付けの際には、特に元肥も不要で、細かい枝などを取って植えてください。 植え付け後、2〜3年は実付きが悪いですが、実が付き始めると年ごとに多く付くようになります。

■剪定
2月頃で、秋に花芽がついているので強い剪定は避け、細い枝、徒長枝を剪定して、通風、各枝に日が当たるような剪定してください。

■施肥
特別必要は無いが、窒素過多は茎葉は繁茂するが実付きは悪くなります。 年に1度堆肥、腐葉土などの有機肥料を混ぜる程度で十分です。

【病害虫】
5月下旬以降の、ウドンコ病がよく発生するので、5月中旬頃から、カラセン水和剤を2週間おきに3〜4回散布してください。 アブラムシ、テントウムシダマシ、その他に葉を食害する虫が発生しやすいので、マラソン乳剤、ディプテレックス乳剤を散布してください。

【増やし方】
3月下旬頃に、太めの枝を約15センチに切り、挿し木で殖やしてください。 若木の挿し木は、葉を摘み取って挿し木をする、また、株分け、採り木で殖やすと良いです。
 

フジバカマの種子販売のお知らせ


フジバカマの花

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95515075

原産は中国ともいわれていますが、万葉の昔から日本人に親しまれています。 夏期には散房状に白く淡い紫紅色の小さな花をつける。

和名: フジバカマ
英名: Tall Thoroughwort
学名: Eupatorium Perfoliatum

栽培期間: 3〜4ヶ月
種まき: 桜が咲く時期
適正土壌pH: 6〜7
発芽率: 80%以上
草丈: 50〜70cm
原産地: カリフォルニア・アメリカ
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 10〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★☆☆☆☆

【栽培方法】
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

・タネまきと育苗
4月〜5月がタネまき適期です。

ポットに培養土を入れ、育苗してから定植しても良いですし、直接露地に蒔いても育ちます。

・育苗してから定植する場合
5月〜6月中旬、高さ10cm以上の苗を株間20cmで植え付けます。 サマーサボリーはアルカリ性の土質を好むため、植え付け2週間前に、苦土石灰をたっぷり施しておきます。 1週間前になったら、元肥を施しておきます。

根鉢を崩さないように植え付け、株元に土を寄せて軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。

【利用方法】
しっとりとした心地が良いラベンダーのような香りが特徴です。 花の部分を採って、エキスを抽出してから自然の香水としても利用されています。 匂いをかぐとモテるなどとも云われます。 蝶々のオスはフジバカマの花蜜から得た物質を原料としてメスを引き付けるフェロモンを出します。

生草のままでは無香ですが、ドライフラワーにするとその茎や葉に含有されているクマリン配糖体が加水分解されて、オルト・クマリン酸が生じるため、桜餅の葉のような芳香を放ちます。
 

Spelt(スペルト小麦)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

スペルト小麦

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95163273

スペルト小麦は、現在広く利用されているパン小麦(普通小麦)の原種にあたる古代穀物です。 スペルト小麦(学名:Triticum spelta)は、現在の普通小麦の原種にあたる古代小麦で、旧約聖書にも記述されています。 その栽培起源は古代エジプトより始まり、その後ヨーロッパ各地に広がりました。 中世、ルネッサンス期のヨーロッパにおいては最も一般的な穀物となりましたが、収穫率が低いことと、硬い皮殻に包まれ製粉歩留まりが低い等の理由から、次第に現在のような品種改良された多収、高歩留まりの小麦に取って変わられるようになり、農作物としての関心は失われて行きました。

しかし近年、スペルト小麦の持つ独特な風味や栄養価の高さ、硬い皮穀が穀粒を病気や害虫から守るため、無農薬、または低農薬で栽培できるという特徴が再評価され、各国で急速に愛好者が増えつつあります。

【特徴】
スペルト小麦は良質な蛋白質の含有量が高く、その中にはリジン、スレオニン、メチオニンなどの必須アミノ酸を含んでる反面、オメガ・グリアジンが少ないため消化し易く、腸腔病の方、高齢者、病弱の方にも安心です。 また、欧州からは、小麦アレルギーを持っている人の85〜90%が発症していない、という経験値が伝えられています。(※注意 : 但し、グルテンフリーではありませんので、小麦アレルギーをお持ちの方は食べる前には、必ず医師のアドバイスを受けて下さい)

更に、デンプンの分解も普通小麦に比べてゆっくり(低グリコーゲン)であり、糖尿病患者や変動血糖値の人に対して良いと云われています。 その他にも、硫黄、カリウム、ニコチン酸(B3)、ピリドキシン酸(B6)、βカロチンの含有率が高いことがデータとして確認されています。

何より、スペルト小麦は、遺伝子操作はもとより、人工的な品種改良が全く行われていません。 つまり自然なままの恵みを私たちにもたらしてくれます。 厚い皮殻は、汚染物質や昆虫から内部の穀粒を守り、それ故、化学肥料、除草剤、殺虫剤や農薬を殆ど用いることなく栽培することが可能です。

英名: Dinkel Wheat, Spelt
和名: スペルト
学名: Triticum spelta
種別: 籾殻無し
染色体数: 2n=6X=42
倍数性: 六倍性
系統: 普通系
ゲノム式: AABBDD

This is the customary type of dinkel wheat with winter growth-habit. Travel back in time with this grain which earned its reputation and stripes many centuries ago as “the rice of Europe.” Think cobbled lanes, soaring cathedrals with buttressed arches, storybook rivers with floating barges; you get the picture.

産地: ミネソタ州・アメリカ産
収穫: 2014年
農薬: 不使用
化学肥料: 不使用
遺伝子組み換え: 無し
発芽率: 80%以上
消毒: 無し
容量: 100〜2,000粒
購入制限: 無し
採種権: 許可
再販権: 許可
栽培難度: ★★★☆☆

【注意】
玄麦ですので、このままでは食べられません。

【栽培方法】
栽培方法は一般的な普通小麦(パンコムギ)と同じです。 春蒔き、秋蒔きが可能ですが、秋蒔きをオススメします。

フェヌグリーク(メティ)の種販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

フェヌグリーク

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95141605

フェヌグリークは主に中近東やアフリカ、インドで栽培され、古くから愛用されてきたハーブです。 カレーのスパイスとしても良く使われています。 フェヌグリークの栄養価は高く、食物繊維も豊富に含まれています。 最近では、メタボや糖尿病など幅広い効用があるということで話題になっている新野菜(ハーブ)です。

面白いことに、このフェヌグリークは、「出世魚」ならぬ「出世香辛料」なのです。
種の時: フェヌグリーク、メッチ
発芽して成長した緑の葉: メティ
葉を乾燥させたもの: カスリメティ

英名: Fenugreek
和名: フェヌグリーク、コロハ、メティ、カスリメティ
学名: Trigonella foenum-graecum

形態: 一年草
草丈: 4〜60cm
発芽適温: 20℃
発芽率: 80%
原産地: カリフォルニア・アメリカ
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: -5℃
種まき: 2〜7月
収穫: 5〜10月
栽培難度: ★☆☆☆☆
株間: 15〜20cm
連作障害: なし

【栽培方法】
■芽出し
氷点下にならない地域でしたら秋蒔きも可能ですが、春蒔き(3〜5月)がベターです。 用土は一般的な観葉植物用のもので構いません。 種を蒔いたら1cmほど土を被せてください。 保水力があり、同時に水はけの良い土が適しています。 乾きやすい土だと水切れを起こすので適しません。

■育てる場所・土
有機質に富んだ肥えた土 例:赤玉土(小)7 腐葉土3 堆肥1。 酸性土壌を大変嫌うので、地植えにする場合は、植え付ける前に苦土石灰を混ぜ込んで酸性を中和します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えましょう。

■肥料
肥料は土にあらかじめ化成肥料を混ぜ込みます。それ以降は、収穫後ごとに同じものを少量施します。 肥料を与えると葉は元気に育ちますが、多いと葉が太くなるので気をつけましょう。 

■お手入れ
枝が込み入ってきたら暖かい時期に切り取りましょう。

【利用】
フェヌグリークは、昔から民間薬として利用されています。 滋養強壮、栄養補給、食欲増進、解熱剤としても使われてきました。 特にインドや中近東では、催乳作用を持っていると考えられていて、授乳期の女性が特に食べる習慣があります。

ノコギリコリアンダー(パクチー・ファラン、超香草)の種販売のお知らせ


ノコギリコリアンダー

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95141255

タイから輸入した品種です。

タイではラープなどに欠かせれないハーブ「パクチーファラン」の種です。 ベトナムではフォー(Pho)と一緒に出てくる定番です。 パクチニストにはたまらないハーブです。

風味はパクチー(コリアンダー)と似ていることから、ロングコリアンダーとも呼ばれます。 若葉は中華料理、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、メキシコ料理、ポルトガル料理などのエスニック料理の風味付けには欠かせないもので、根も食べられます。 根はニンニクとともにつぶして、調味料にします。種子の用途は広く、シチュー、カレー、ピクルス、マリネなどから、お菓子、リキュールの香りづけにも。

和名: ノコギリコリアンダー、パクチー・ファラン、ロングコリアンダー、クラントロ、超香草
英名: Long Coriander、culantro
学名: Eryngium foetidum

栽培期間: 40〜60日
種まき: 下記参照
適正土壌pH: 6〜7
発芽率: 80%
草丈: 20〜30cm
原産地: タイ
栽培可能地域: 日本全国
ベランダ栽培: 可能
株間: 10cm
連作障害: なし
栽培難度: ★☆☆☆☆

【種撒き時期】
3〜5月まき→5月中旬〜7月下旬どり
9〜10月まき→9月下旬〜10月下旬どり

【栽培方法】
コリアンダーと栽培方法は同じです。 移植を嫌うので、花壇や容器に直接種をまきます。真夏と真冬以外なら、ほとんどいつでも種をまくことができます。 とても丈夫で、繁殖力旺盛です。 茂りすぎたら適度に株分けをして整理します。 耐寒性は強いが霜柱が立つ所では株元にマルチングしてください。
 

バオバブの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

バオバブ

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=95115888

バオバブは、サバンナ地帯に多く分布しています。 幹は徳利のような形をしており、高さは約30メートル、直径は約10メートルになります。 年輪が無いため樹齢を知ることは難しいですが、数千年に達すると言われています。 葉は幹の上部につき、乾季に落葉します。 白色で大きい花を咲かせます。 果実はヘチマのように垂れ下がり、堅いです。 

「Adansonia digitata」は、最も有名でアフリカ大陸で唯一生育しているバオバブです。 タンザニアから輸入しました。

観葉植物、ダイエットに良いスーパーフードとして最近注目されています。

英名: Baobab
和名: バオバブ、アダンソニア・ディギタータ
学名: Adansonia digitata

 
» read more
<<back|<73747576777879808182>|next>>
pagetop