February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ピンナティスティプラパッションフルーツの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ピンナティスティプラパッションフルーツ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125703139

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

コロンビア〜チリのアンデス山脈の標高4,100m近辺だけに自生する非常に珍しい品種です。 葉の勢いが良く、花が下向きに咲くのが特徴です。 フルーツは非常に濃厚な香りがあります。

和名: ピンナティスティプラパッションフルーツ
英名: Poro Poro
学名: Passiflora pinnatistipula

原産国: フリアカ・ペルー
形態: トケイソウ科トケイソウ属、常緑つる性木質多年草
収穫までの期間: 2〜3年
樹高: 5〜9m
種まき: 5〜9月
発芽適温: 22〜27℃
発芽率: 91%
植え付け: 4〜6月
収穫: 7〜9月 *関東の場合
受粉樹: 不要 *1本で結実しますが、他品種があったほうがベター
用途: 観賞用
鉢植栽培: 可能
接木: 不可能
株間: 50〜60cm
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 30℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
参考サイト:
https://lovegreen.net/growing/p41147/

■環境
日当たりの良い場所でよく育ちます。 栽培は、成長が旺盛で病害虫の心配もほとんどなく簡単に育てることができます。 つる性なので自由な形で育てることができ、葉っぱは、夏の暑いときでも萎れず、秋ごろまで枯れずに綺麗な状態を保つことができます。 エコ、節電対策の傍ら、花も実も楽しめる緑のカーテンは利用価値が高いです。 

■土壌
水はけと水もちの良いやや酸性の用土を好みますが、さほど選ばなくてもよく育ちます。 庭植えは植え付ける前にピートモスを混ぜ込んでください。 鉢植えは赤玉土にピートモスを3割ほど混ぜた用土を用います。

■種蒔き
肥料分のない種まき用培養土などに蒔き、軽く土を被せてください。 用土は乾かないように管理してください。 発芽まで、1週間〜2ヶ月くらいかかります。 少し遅いのであきらめずに待ってください。

■定植
植え付けや植え替えの適期は4〜6月上旬です。

■水やり
やや乾燥に弱いので、鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 地植えは一度根付いてしまうと特に水やりは要りません。

■肥料
肥料は芽を出す前、3月頃に化成肥料を施してください。 鉢植えは9月にも肥料を与えてください。 肥料はさほど多く与えなくても育ちます。

■仕立て方
蔓性(つるせい)の多年草で、若い蔓はやわらかく、古くなると木質化して硬くなります。 葉は、大きさ10〜20cm程度で光沢があります。 地植えの場合は、日当たりの良い場所で水はけの良い土に植え、フェンスや棚に蔓をはわせてください。 鉢植えの場合は、6〜10号鉢くらいのあんどん仕立てにしてください。

■剪定
剪定は、春先に込み合った枝などを間引き剪定してください。 収穫後や茂りすぎて、剪定する場合は、長い蔓が2つに分かれたところの2節上を切ってください。 一度実が付いた場所からは花芽がでないので、実が付いた枝は、切り戻して構いません。

■人工受粉
開花したら人工授粉してください。 他の品種があったほうが結実しやすいです。 筆などで雄しべの花粉を雌しべの先(3つの柱頭)につけます。雄しべをちぎって直接つけても構いません。 できれば、遺伝子の違う他の株の花粉を使うと、良質な実になります。 高温期に咲いた花や生育不良の花は、花粉がほとんどない場合があります。 晴れた日の正午前くらいに受粉をすると成功率が高いです。 花粉は、特に水に弱いので雨の日は失敗します。

■植替え
2年を目安に、根が詰まってきたら鉢増しも兼ねて植え替えてください。

■冬越し
気温が13℃以下や30℃を超えると、生育中の果実が落果したり、蕾が黄色くなり落ちることがあります。 冬は、室内の日当たりの良い場所で管理してください。 8℃あれば葉を保ったまま越冬できます。 暖かい地域では、北風や霜を防げる建物の側や東南の壁面に置けば戸外でも大丈夫です。 水を控えれば0℃くらいまで大丈夫です。 寒さで落葉しても、根が傷んでなければ春には新芽がでてくるので、マルチングや二重鉢にして根を保護してください。 種から育てると耐寒性に優れた苗が出来ます。

■収穫
開花後、2ヶ月程度で収穫できます。 色が変わり自然に落果したときが食べごろです。 食べれないことはありませんが、不味いのでオススメしません。

■増やし方
株の寿命は約8年程度で、水挿しや挿し木で株を更新してください。 生育適温期に挿し木で増やします。 茎を1〜2節程度の長さでカットして、葉を半分に切り落とします。 1時間程度水を吸わせてから、市販の挿し木用の土や赤玉土などに挿し、明るい日陰で管理します。 挿し木中は、土が乾燥しないように注意してください。 新芽が動き出したら、根が出てきているので、植え替えてください。

パッションフルーツは非常に強い植物で、剪定した時に15cm程度の枝を花瓶につけて水挿ししても1〜2週間で発根します。 水挿しで、根が出たのを確認して土に植えても簡単に増やすことが出来ます。

【利用】
生食、ドレッシング、ジュース

パック・チャオムの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

パック・チャオム(ギンネム)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125615448

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

タイ名物の「チャオム・トード・サイカイ」(チャオム入り玉子焼き)に入っている細い草で有名です。 ニオイは独特で強烈ですが、クセになる人が多いです。

和名: パック・チャオム
英名: Cha-Om、Climbing Wattle
学名: Senegalia pennata (Acacia pennata)

原産国: アントン・タイ
形態: マメ科ネムノキ亜属、常緑低木
樹高: 2〜4m
栽培期間: 2年〜
自家結実性: 1本で結実します
種まき: 4〜6月
発芽適温: 17〜27℃
発芽率: 91%
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 35℃
株間: 100〜150cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たりの良い場所を選んでください。 土質は特に選びません。 露地栽培は関東以南で可能です。

■芽出し
1) 濡れたペーパータオルに種を包んで、1〜2週間冷蔵庫で保管してください。
2) タケノコが売られる時期になってから播種して、1cm程度土を被せてください。
3) 発芽するまでは、屋外の暖かい場所で管理してください。 

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。  庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えてください。

■肥料
肥料はそれ程必要ありません。 勢いが無くなってきたら、お好みの肥料を与えてください。

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 気になれば暖かい時期に剪定してください。

■収穫
若葉が伸びればいつでも収穫可能です。

■採種
晩夏から秋にかけてサヤが徐々に育ちます。 サヤが黄色く色づいてきたら熟し始めたサインです。 サヤが黒くなってきたら完熟です。 黒く乾いたサヤを振るとカラカラと音がする状況まで待つのが理想です。 サヤが乾く前に収穫するとサヤから豆を取り出すのが大変です。 だからと言って完全に乾くまで待つと霜の被害を受けて腐ってしまう場合もあります。

■増やし方
挿し木(土挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
若葉と若いサヤは生食されます。

スーパースノーホワイトチェリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

スーパースノーホワイトチェリートマト

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125496026

 

アメリカのスーパーマーケットでは定番の品種です。 日本ではまだ馴染みが薄い白いプチトマトの種です。 赤いトマト、黄色いトマト、黒いプチトマトと一緒に添えると楽しくなりますね。 実は4cm程度になり、甘い風味で人気があります。

「チェリー」とは無関係で、糖度は一般的な赤いプチトマトと同じです。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された黒トマトを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: スーパースノーホワイトチェリートマト、ホワイトプチトマト
英名: Super Snow White Tomato、White Mini Tomato
学名: Lycopersicon esculentum

産地: オレゴン州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
種別: 固定種
種蒔き: 4〜7月
草丈: 150〜200cm
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 90%
栽培適温: 15〜35℃
栽培難度: ★    

【栽培方法】
一般的なプチトマトと同じ栽培方法。 サイズも3cm弱で、一般的なプチトマトと同じです。 比較的に育てやすい品種です。
 

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125495650

 

ロウバイはまるでロウ細工のような黄色い花を咲かせる、中国原産の落葉低木です。 開花期以外はあまり目立ちませんが、新春に香り高い花を咲かせる貴重な存在です。

中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれています。 江戸時代初期に日本へ渡来し、ほかの花木に先駆けて咲く香りのよい花が愛され、生け花や茶花、庭木として利用されてきました。 ロウバイは晩冬(小寒〔1月6日頃〕から立春の前日〔2月3日頃〕までの間)の季語とされています。 花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用します。

原産国: 唐山市・中国
形態: ロウバイ科ロウバイ属、落葉低木
草丈: 3〜4m
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 必要
定植時期: 2〜4月
露地栽培: 全国
pH: 4.5〜6
種まき: 9〜11月
発芽適温: 23〜28℃
発芽率: 79%
栽培適温: 20〜30℃
耐寒温度: -15℃ 
耐暑温度: 40℃
株間: 2m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる環境・土壌
庭植えは半日陰から日なたに植えつけ、春から夏までは日によく当ててください。 土質はあまり選びませんが、過湿に弱く、根腐れを起こして枯れやすいので、水はけのよい場所が適しています。 冬に開花するため、寒風の当たらない場所を選んでください。 大きく育つため、鉢植え向きではありません。 発芽後5年で開花します。

■芽出し
1) 種子を24時間水につけてください。
2) 覆土は5mm程度にして直播してください。 隣の種と10cm離してください。 冬を越さないと発芽しません。
3) 発芽するまでは乾かさないように水やりをする必要があります。
4) 本葉が3〜5枚ほど展開したら、1本ずつ鉢上げしてください。

■定植
植えつけは厳寒期を除く落葉期の、11月から12月、または2月中旬から3月に行います。暖地では11月から3月のいつでも行うことができます。 深さ、幅ともに、根鉢の大きさの2倍の植え穴を掘り、腐葉土や完熟堆肥などをすき込んで植えつけてください。 水はけの悪い場所では、盛り土して植えつけるとよいでしょう。 根鉢のまわりに十分に水を注ぎ、棒などでつついて根と土をなじませます。株がぐらつく場合は支柱を立ててください。

■水やり
4月から10月上旬まで、土の表面が乾いたら十分に与えます。

■肥料
成長期の4月から5月と、寒肥として12月に、緩効性化成肥料(チッ素N-リン酸P-カリK=10-10-10など)や有機質肥料(固形の油かすなど)を施してください。 未開花株には追肥として、9月上旬に標準施用量の半量を施してください。

■剪定
樹高も高くならず、分枝しにくいので、落葉期に枯れ枝を切る程度にしてください。

■植替え
成長の止まった10月上旬〜11月下旬、または厳寒期を除いた2月下旬〜3月下旬に行ってください。 植えつけは、根鉢の大きさの2倍の深さ、幅の植え穴を掘り、掘り上げた土に腐葉土や完熟堆肥などを混合したものを使用します。 根鉢のまわりに十分に水を注ぎ、棒などでつついて、根と植え土を馴染ませてください。

■冬越し
寒さに強いので、防寒対策は特に必要ありません。 秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力が増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。

■増やし方
種を採取してからすぐに播種してください。 挿し木から育てるのは非常に難しいです。

【利用】
切り花として。

パイカライコムギの種子販売のお知らせ

 

パイカライコムギ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125495814

 

パイカライコムギは、Triticum (コムギ) と Secale (ライムギ) の属間雑種です。 藁が固く長くなるのが特徴です。 食用のライコムギも収穫出来ますが、主に工芸品用の原料として使われます。

栽培用の種子ですので、食用ではありません。(輸入の際に消毒されている可能性があるため)
遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: パイカライコムギ
英名: Pika Triticale
学名: X triticosecale

原産国: シカゴ州・アメリカ
草丈: 1.6〜1.8m
栽培期間: 110〜125日
種蒔き: 春(2〜4月)、秋(9〜11月)
pH: 6〜7.5
発芽適温: 10〜20℃
発芽率: 87%
耐寒温度: -15℃
耐暑温度: 30℃
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
栽培難易度: ★

【栽培方法】
■播種期 
春蒔き、秋蒔きの品種です。 やせ地を好みます。

■種蒔きの目安
50〜100株/m2
2〜3cm間隔で蒔いてください。 覆土は2〜3cmにして、播種後に鎮圧してください。 *散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 鳥害から守るため、芽が出るまで藁や刈草などで覆ってください。

発芽後は土が乾いている時を見計らって、2週間に1度、60cmの長さになるまで麦踏みをしてください。 

■収穫時期
緑肥として使う場合には、出穂前に刈り取って、土中にすき込んでください。
全体的に茶色く枯れてきたら収穫のタイミングです。

【注意】
風媒花で自家不稔性があり他花受精しやすく、小麦と交雑するので注意してください。

【納期】
2〜10日以内に発送します。

キオッジャパンプキンの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:かぼちゃ

 

キオッジャパンプキン

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125417730

 

表面がゴツゴツしていて一見気持ち悪いのですが、ラビオリやパスタと相性が良い食用のかぼちゃです。 ハロウィンやクリスマスのオーナメントとしても利用出来る品種です。

和名: キオッジャパンプキン
英名: Marina Di Chioggia
学名: Cucurbita maxima

原産国: クロトネ・イタリア
形態: ウリ科カボチャ属、つる性一年草
収穫時期: 播種後60〜100日
利用: オーナメント、食用
播種時期: 4〜7月
遺伝子組み換え: 無し
栽培難度: ★

【栽培方法】
普通のかぼちゃと育て方は変わりません。

【収穫のタイミング】
開花後40〜50日後、ヘタの部分が木質(コルク化)になり、変色し、細かい亀裂が入った頃が適期です。 長期貯蔵にも向きます。
 

エチオピアン大麦の種(*籾殻無し)の種子販売のお知らせ

 

エチオピアン大麦の種(*籾殻無し)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125276009

 

一般的な大麦よりも乾燥に強い二条大麦です。 エチオピアでは最も栽培されている品種です。

栽培用の種子ですので、食用ではありません。
遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

「大麦を栽培するには国の認可が必要」というのはデマです。 最寄りの農政局とご確認ください。
http://www.maff.go.jp/j/org/outline/dial/kyoku.html

和名: エチオピアン大麦
英名: Ethiopian Hulless Barley
学名: Hordeum vulgare
品種: 大麦(二条大麦)

原産国: アワッサ・エチオピア
形態: イネ科オオムギ属、一年草
草丈: 100〜120cm
種蒔き: 春蒔き
収穫: 5〜7月
発芽適温: 10〜15℃
発芽率: 82%
生育適温: 3〜25℃
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 30℃
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: なし
栽培難易度: ★

1キロ = 1.2リットル = 約34,000粒

【栽培可能地域】
日本全国

【栽培方法】
一般的なオオムギの栽培方法と変わりません。 春蒔き向きの品種です。
日当たりと水はけの良い、越えた土壌を好みます。 種は2〜3cm間隔でスジ蒔き、バラ蒔きにして、2〜3cm程度覆土してください。 鳥害から守るため、目が出るまでワラや刈草などで覆ってください。

発芽後は、根張りを強くし、霜柱の害を防ぐため、土が乾いている時に2週間に1回の割合で麦踏みを2月まで行ってください。 麦の生育には麦踏みは必須です。

【収穫のタイミング】
モミが黒くなり、全体的に茶色く枯れてきたら収穫してください。

【種子の保存方法】
よく乾燥させて、低温で低湿度(14%が最適)の暗所で保管してください。

 

ダイダイ(ビターオレンジ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ダイダイ(ビターオレンジ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125055947

 

ダイダイ(橙)は家に植えると「代々家が栄える」と言われている縁起の良い木で、正月のしめ縄に使われています。 酸味と苦みが強く、マーマレードやポン酢に使われています。 丈夫で育てやすく、植え付けてから3年ほどで実をつけてくれます。 果実は春になると再び緑色に戻るのが特徴です。 欧米ではビターオレンジとして知られています。

ネロリ、ビターオレンジ、プチグレン3種類のエッセンシャルオイル(精油)が採れます。 ネロリやプチグレンのオイルは、他の柑橘系植物を原料とする場合もありますが、ビガレードとも呼ばれるビターオレンジ由来のものが最も一般的です。

和名: ダイダイ、ビターオレンジ
英名: Bitter Orange、Seville Orange、Sour Orange、Marmalade Orange
学名: Citrus aurantium

原産国: ラヨーン・タイ
形態: ミカン科ミカン属、常緑樹
種まき: 3〜5月
発芽率: 87%
樹高: 4〜5m
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 3年〜
受粉樹: 不要
用途: 生食、ジャム、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 50〜60cm
生育温度: 15〜35℃ 
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 普通
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■芽出し
・種を冷水に入れて、水に入れたままの状態で1〜2週間暗所で保管する。
・種を濡れたティッシュ(ペーパータオル)に乗せてから、2週間で発芽します。

■環境、土壌
ダイダイは関東よりも南の地域では、庭植えで育てることができます。 排水がよく、日当たりのよい場所を好みますが、樹勢が強く、多少日当たりが悪くても育てることができます。

■定植
植え付けは、3月〜4月に行います。 直径80僉⊃爾30僂凌△┠蠅魴,蠅泙后 掘り上げた土には、苦土石灰2圈堆肥5圓鮑ぜ込んでください。 苗木は根を広げて植え、土を埋め戻してください。 深植えにならないように注意してください。

■仕立て
3本主枝の開心自然形に仕立ててください。 ダイダイは他の香酸柑橘類を複数接ぎ木することもできます。 放置していても、樹高2メートル強の開帳性の形になります。 ダイダイは他の香酸柑橘類を複数接ぎ木することもできます。

■剪定
ダイダイの剪定は3月ごろが適期です。 込み入った枝を切り、樹の内側に日が入るようにしてください。

■肥料
3月上旬の春肥、6月上旬の夏肥、9月上旬の初秋肥、10月下旬の晩秋肥の年4回施肥を行います。

1年間に施す肥料は、窒素約500g、リン酸約300g、カリ約400gです。
2月頃に樹の下に穴を掘り、苦土石灰を入れると良いです。

■収穫
収穫は、12月ごろから行います。 観賞用に用いる時は葉のついた状態で収穫します。

【利用】
酸味が強いので生食には向きませんが、果汁を食酢として使うことがあります。 果皮はマーマレードにして食されます。 花は、オレンジブロッサムティーとして飲用されます。

モロヘイヤ(グリーンジュート、シマツナソ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

モロヘイヤ(グリーンジュート、シマツナソ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125275980

 

香りや味にクセがなく、かすかに甘みがあり、生葉を刻むと独特の粘りが出て、茹でるとトロッとして海苔のようになめらかになることから、「トロロナ」とも呼ばれます。 中近東からアフリカ北部原産で、砂漠地帯でも生育する貴重な野菜として、5000年以上前から栽培されてきました。 古代エジプトの不治の病に苦しむ王様がモロヘイヤのスープを飲んだところ治ったという言い伝えから、アラビア語で「王様の野菜」という意味のムルキーヤが語源となっています。

カロテンやカルシウムの含有量は緑黄色野菜の中でトップ。ビタミンB群、C、Eも豊富で、とくにB2はホウレンソウの20倍、カルシウムは7倍といわれています。 ほかに、カリウム、鉄、食物繊維など、各種の栄養成分を豊富に含みます。 また、刻むと出るぬめりはムチンという成分によるもので、胃腸や目などの粘膜を保護し、肝機能を高める働きがあります。

和名: モロヘイヤ、トロロナ、グリーンジュート、シマツナソ、縞綱麻
英名: Green Jute、Nalta Jute
学名: Corchorus olitorius

原産国: ミニヤー・エジプト
形態: アオイ科ツナソ属、一年草
栽培日数: 30日
草丈: 40〜60cm
種まき: 5〜9月
発芽適温: 25〜30℃
発芽率: 91%
耐寒温度: 8℃
耐暑温度: 40℃
pH: 6〜6.5
株間: 20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■土壌、環境
日あたりがよく、水はけがよければ、土質は選びません。 モロヘイヤは連作障害が出ないので、連作もできます。 酸性の土壌を嫌うので、モロヘイヤを育てる場所はかならず石灰類を施して酸度を調整してください。 苗を植える2週間前までに、畝に苦土石灰を施して耕しておき、1週間前に、畝に元肥を入れてよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。 黒マルチは、雑草の抑制や、地温を上げる効果に期待できます。

■育苗
モロヘイヤの種は寿命が長いので、3〜4年保存した種でも発芽します。 高温性野菜なので、気温が十分高くなってから蒔いてください。
1)発芽温度25〜30℃と高く、発芽しにくいので、一晩水につけてください。
2)5月以降ににポットやセルトレイに種を蒔いてください。 9cm(3号)ポットやセルトレイに用土を8〜9分目まで入れ、3カ所に指で窪みをつけて種を一粒ずつ蒔いてください。
3)土を薄く被せて手のひらで軽く鎮圧し、水をたっぷりあげてください。
4)発芽までは乾燥に注意し、発芽後は毎朝水やりをしてください。

■定植
本葉が5〜6枚になったころに定植してください。
畝幅: 90cm
黒マルチ: 有効
株間: 2列、30〜40cm

■肥料
苦土石灰と元肥を入れてください。 追肥は、収穫開始後、20〜25日間隔で行ってください。

■収穫
草丈が50〜60cmになったら、収穫を開始してください。 葉先の15〜20cmくらいのやわらかいところを折り取ります。 その後、わき芽が伸びて収量が増えます。 草丈を一定に保つようにこまめに収穫してください。

モロヘイヤは日が短くなると開花する短日植物で、秋になると花が咲いて種ができます。 花芽ができると新芽の発生が止まり、茎葉はかたくなります。 熟した種子は毒をもっているので、花が咲いたら念のため収穫を終えてください。

【注意】
モロヘイヤの完熟した種子には毒性の強い強心糖体のストロファンチジンが含まれているので、絶対に食さないでください。 ただし、葉と茎には毒は全く無いので安心してください。 種まきに使用するために購入した種や種とりした種など、幼児やペットが誤って食べないように取扱いに注意してください。

【調理方法】
効率よく栄養を摂るには、さっと茹でて刻んで食べるのがおすすめです。 醤油や酢など日本の調味料ともよく馴染み、ゆでる、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法に適しています。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。

ヘリコニア・インプディカの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ヘリコニア・ラティスパタ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=125020096

 

エクアドルの標高1,300〜2,300mにだけ自生する非常に珍しい品種です。 中型のヘリコニアで、花が上に向かうのが特徴です。

熱帯アメリカや南太平洋諸島に100種類以上が分布しています。 花後も枯れずに生長する多年草です。 野生種同士が自然に掛け合わさった雑種も多くて、正確な数は不明です。 以前はバショウ科でしたが、現在はそこから独立したオウムバナ科に分類されています。 長い軸をもった大きな葉を左右交互に出します。 軸の付け根は筒状に重なり合って、太くなり体をしっかり支えています。 この部分は「偽茎(ぎけい)」と呼ばれます。地中には地下茎があり、「根茎(こんけい)」と呼ばれます。 

和名: ヘリコニア・インプディカ
英名: Heliconia Impudica
学名: Heliconia impudica

原産国: ロア・エクアドル
形態: オウムバナ科オウムバナ属、常緑多年草
樹高: 3〜4m
種まき: 5〜8月
発芽適温: 20〜27℃、2〜8週間
発芽率: 87%
pH: 5〜6
受粉樹: 不要
用途: 観賞用
鉢植栽培: 不可能
株間: 1〜2m
生育温度: 昼間30〜35℃、夜間15〜20℃
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
室内の温度管理に問題が無ければ、何月に播種しても大丈夫です。 バナナと同じ要領で栽培してください。

■芽出し
1) 48時間お水またはぬるま湯に浸けてください。
2) ポットに種まき用土などを入れてください。
3) 種子を蒔いて1cm程度軽く土をかけ、土を適度に湿らせてください。
4) 30℃前後の場所に置いてください。
5) 発芽まで2〜8週間かかります。 土の表面が乾いたら水をあげてください。

■定植
発芽したら根が短いうちにポットへ移植してください。

*移植のときは、根が傷つかないようにしてください。
*幼苗の間は、乾燥に非常に弱いので、常に土が湿った状態にしてください。
*苗が20cm程度になったら、日当たりが良い場所に移動させてください。

■土壌
用土は赤玉土(8):腐葉土(2)にして、水はけをよくしてください。

■水やり
高温多湿にするとぐんぐん成長します。 4月〜10月の成長期は乾いたらたっぷり水を与えてください。

■越冬について
1年目の越冬は要注意です。 株が大きくなれば耐寒性が増します。 年中部屋の中で栽培するほうが無難です。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop