December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

チャミザ(アトリプレックス・カネスケンス)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

ャミザ(アトリプレックス・カネスケンス)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136916630

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

アメリカ西海岸に自生しています。 昔、アメリカ原住民が葉を焼いて炭にしたものを染料として利用していました。 葉は線形から狭長楕円形で互生し、灰緑色をしています。 夏に葉腋から円錐花序をだし、くすんだ黄褐色の花を咲かせます。

和名: チャミザ、アトリプレックス・カネスケンス
英名: Chamiza、Chamiso、Four Wing Saltbush
学名: Atriplex canescens

原産国: ネバダ州・アメリカ
形態: アカザ科ハマアカザ属、常緑低木
露地栽培: 全国
草丈: 2〜4.5m
種蒔き: 3〜5月、9〜10月
発芽適温: 14〜25℃
発芽率: 75%
結実性: 雌雄異株
株間: 30cm
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 30℃
栽培難度: ★★★

【雌雄判別】
種から雌雄の判別が出来ません。 花が咲いてから判断してください。

【栽培方法】
■土壌・環境
水はけがよく、腐葉土などの腐植質の入った土(赤玉土・小粒5:腐葉土3:川砂2)が適しています。 日当たりが良い場所に定植してください。

■芽出し
春・秋蒔きで、露地に直播しても構いません。 覆土は5mm以下にしてください。 太陽光に当てないと発芽しません。 発芽するまで土が乾かさないように注意してください。 地温が20℃以上になると発芽率が下がります。

■肥料
根がしっかり活着し、成長が始まったら、発酵油粕などを適宜上げてください。 追肥は1ヶ月後に少量与えてください。 新しく出てくる葉が黄色っぽくなり、葉肉も薄いようでしたらカルシウム不足が疑われます。 その時には苦土石灰を少し与えてください。

■植替え
鉢植えはそのまま育てていくと、根がきゅうくつになって成長出来なくなくなるので、一回り大きい鉢に植え替えるようにしてください。 適期は成長が始まる4〜6月頃です。

■水やり
乾燥気味の土壌を好むので、土の表面が乾いてから水をあげてください。 冬場は3日に1回程度で十分です。

■剪定
剪定は特に必要ありません。

【利用】
種をすりつぶして水と混ぜたものをリフレッシングドリンクとして利用してください。 茎や葉の炭はミネラルを多く含み、ベーキングソーダの代わりになります。

ネバダマンザニータ(ネバダウワウルシ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

ネバダマンザニータ(ネバダウワウルシ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136916032

 

 

ネバダ州〜ワシントン州にだけ自生するウワウルシです。 昔、原住民は乾燥させた実をすりつぶしてスープに入れて冬季のタンパク源として重用していました。

和名: ネバダマンザニータ、ネバダウワウルシ
英名: Pinemat Manzanita
学名: Arctostaphylos nevadensis

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ツツジ科クマコケモモ属、常緑低木
草丈: 20〜40cm
受粉木: 不要(雌雄同株)
種まき: 下記参照
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 84%
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: -12℃
耐暑温度: 30℃
株間: 30cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
一般的な用土で問題ありません。 芝生向けの土壌でも大丈夫です。 
暑さにはそれ程強くないので、直射日光が一日中当たる場所は避けてください。 地を這って広がるタイプなので、株間は30cmにしたほうがベターです。

■芽出し
1) 種子を硫酸を薄めた水に4時間入れてください。 メネデールやジベレリン酸でも代用可能です。 
2) 薬品を水で洗い流してください。
3) 冷蔵庫で90日間冷やしてから3〜5月に播種するか、10〜12月に室外で播種してください。 覆土は1cmで十分です。 
4) 発芽するまで日陰で管理してください。 春の気温の上昇とともに発芽します。 

■肥料
肥料は10cm以上になってから適度にあげてください。 

■定植
20cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根っこを傷つけないように土をつけたまま植え替えしてください。 定植は夏至の前後2週間は避けてください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土を乾かさない程度に水を与えましょう。

■冬越し
耐寒性は強いので、特に防寒する必要はありません。

■収穫
5〜6月に白〜ピンクの花を無数に咲かせます。 実は赤く成熟した10月頃から収穫出来ます。

【用途】
白い花はクリスマスのオーナメントとして定番です。 実は生食よりもジャムにすることをオススメします。

ユーレカレモンの苗販売のお知らせ

 

ユーレカレモン

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136889946

 

ユーカレレモンは香りが強く、たっぷりの果汁が魅力となっています。 アメリカ・カリフォルニアだけでなく、多くの国で栽培されています。 四季咲き性が強く、豊産ですが、耐寒性は‘リスボン’より弱いです。 リスボンレモンよりもトゲや種が少ない品種です。

和名: ユーレカレモン
英名: Eureka Lemon
学名: Citrus limon

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 青い実のうちに収穫し、暗い場所で保管してください。 綺麗なレモンカラーになります。 皮ごと食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
一般的に流通しているレモンと同様に利用してください。

 

姫レモンの苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

姫レモンの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136889485

 

姫レモンはなんと「オレンジ色」のレモンで、果実はライムよりも小ぶりで、外皮は山椒のような香りがします。 姫レモンは栽培面積数も少なく、レアなレモンとして話題となっています。 果汁もたっぷり含まれており、さまざまな用途で楽しめる品種です。

姫レモンはリスボンレモン等と比較すると、酸味はマイルドとなっていますが、レモン本来の酸味がしっかりと凝縮されています。 レモンの酸味が苦手な方にはピッタリな品種となっています。

和名: 姫レモン
英名: Hime Lemon、Rangpur Lime
学名: Citrus reticulata x medica

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 オレンジ色になってから収穫し、暗い場所で保管してください。 皮も食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
焼き魚のアクセントやサラダのドレッシング、ジュースといった食べ方がおすすめです。 外皮は独特な香りを楽しむ事ができます。 皮を刻むとトッピングやお菓子といった菓子類に向いています。

 

マイヤーレモンの苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

マイヤーレモンの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136887455

 

マイヤーレモンはアメリカ西部の家庭果樹として栽培されている品種です。 一般的な品種よりも酸味が少なく柔らかな風味でジューシーです。 精油にチモールが含まれているので、タイムのようなスパイシーな香りがあります。 耐寒性・耐暑性が比較的高く、トゲも無いので育てやすい品種です。 

レモンは寒さにやや弱いのですが、暖地と太平洋側の一般地なら露地栽培できます。 花の香りもよく、庭木として鑑賞用に使っても素敵です。 

和名: マイヤーレモン
英名: Meyer Lemon
学名: Citrus meyerii

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 青い実のうちに収穫し、暗い場所で保管してください。 綺麗なレモンカラーになります。 皮ごと食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
皮が薄くて香り高く、それでいて果汁が多いため、皮ごと絞る朝の生野菜ジュースに向いています。 料理、お菓子作り、ジャム、はちみつレモン等がオススメです。

スイートビバリーチェリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

スイートビバリーチェリートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136869852

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

プラムタイプのチェリートマトです。 一房に20〜40粒の実を付けます。 形も大きさも可愛らしいのでファーマーズマーケットで人気があります。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: スイートビバリーチェリートマト
英名: Barry's Crazy Cherry Tomato
学名: Solanum lycopersicum var. cerasiforme

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナズ属、一年草
収穫: 75〜80日
草丈: 150〜180cm
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 18〜27℃
発芽率: 94%
栽培温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法です。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

落下させないようにするコツは以下をご一読ください。
http://www.marcheaozora.com/?tid=2&mode=f13

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

 

バリーズクレージーチェリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

バリーズクレージーチェリートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136869844

 

 

先が尖ったチェリートマトで、無数の花を咲かせ一房に40〜120個の実を付けるのが特徴です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: バリーズクレージーチェリートマト
英名: Barry's Crazy Cherry Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナズ属、一年草
収穫: 75〜80日
草丈: 150〜220cm
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 18〜27℃
発芽率: 93%
栽培温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法です。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

落下させないようにするコツは以下をご一読ください。
http://www.marcheaozora.com/?tid=2&mode=f13

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

ビッグレインボートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

ビッグレインボートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136869821

 

ビーフステーキタイプで、種が少なく全体的にマーブルのような色をしているのが特徴です。 大よそ700gmの重さになります。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された黒トマトを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: ビッグレインボートマト
英名: Big Rainbow Tomato
学名: Lycopersicon lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
草丈: 80〜150cm
栽培日数: 80〜90日
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 18〜27℃
発芽率: 92%
栽培適温: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトの栽培方法と同じです。 手のひらサイズになります。 房に3個程度しか実を付けません。

ピエンノロトマト(ピエンノロ・デル・ヴェスヴィオ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

ピエンノロトマト(ピエンノロ・デル・ヴェスヴィオ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136853780

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

一切改良されていない「赤い宝石」と呼ばれるトマトです。 ピエンノロ=「吊り下げられる」という意味で、伝統的なカンパーニャ州の食材です。 肉厚で「皮が美味しいトマト」として絶大的な人気があります。 わざわざ皮だけを利用したデザートがある程です。

今では生産者は減り、スローフード協会のプレシーディオ(失われつつある保護すべき価値ある伝統食材)にも選ばれています。 ナポリ地方で軒先に吊るされているトマトはこの品種です。 ナポリはベスビオ火山国立公園内の農園で限定栽培されています。 分厚く丈夫な皮があり、火山性土壌なのでミネラルは豊富だけど水分が少ないので腐りにくく、縄に引っ掛けていてもヘタと果実がしっかりくっついているのでヘタが取れにくいと言われています。 

ピエンノロ種のトマトの歴史は古く、1858年にBruniという学者が書いた書物、『ナポリ周辺の野菜とその栽培』中に「紐に吊るしつけて風通しのよい日陰に置いておくと春までおいしく食べることができる」という記述があるほどです。 1800年頃にはまだトマト缶はなくトマトは夏から秋の食べ物でしたが、このピエンノロ種のトマトは、軒先に吊るしておいたまま冬を越してもフレッシュな状態で食べることのできる珍しいトマトでした。

和名: ピエンノロトマト、ピエンノロ・デル・ヴェスヴィオ
英名: Piennolo Tomato
学名: Solanum lycopersicum
品種: 赤、黄

原産国: ナポリ・イタリア
形態: ナス科ナス属、一年草
草丈: 80〜130cm
収穫: 55〜60日
種蒔き: 3〜7月
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 91%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 37℃
プランター栽培: オススメ
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なプチトマトと同じ栽培方法。 サイズも3〜4cm弱で、一般的なプチトマトよりも若干小さめです。 とても育てやすい品種です。

■糖度の上げ方
実がある程度の大きさになったら水切りをしてください。 トマトは葉が少し枯れる程度まで水切りをしたら、糖度が上がる性質があります。

■収穫
70%が熟してきたら収穫して常温で通気が良い場所に吊るして保存してください。 収穫した時に青かった実も成熟するにつれて色づいてきます。

【納期】
在庫がある限り1〜3日以内に出荷します。 限定栽培のため輸入量が限られるので、オーダーが集中した際には完売しますので、予めご了承ください。

アルパインスノーガム(ニフォフィラ)ユーカリの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

アルパインスノーガム(ニフォフィラ)ユーカリの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136590331

 

オーストラリアの北部の東海岸部だけに自生する品種で、抜群の耐寒性があることで知られています。 幹は真っ直ぐに伸びて、若干青〜灰色の樹皮です。 

和名: アルパインスノーガム、ニフォフィラユーカリ
英名: Alpine Snow Gum
学名: Eucalyptus pauciflora spp. niphophila

原産国: マッカイ・オーストラリア
形態: フトモモ科ユーカリ属、多年生草本
露地栽培: 全国
樹高: 20〜50m
種蒔き: 3〜8月
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 64%
株間: 15〜30m
鉢植え: オススメ *8号以上
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌・環境
水はけがよく、腐葉土などの腐植質の入った土(赤玉土・小粒5:腐葉土3:川砂2)が適しています。

湿気には弱いので、風通しが良い場所で栽培してください。

■肥料
根がしっかり活着し、成長が始まったら、発酵油粕などを適宜上げてください。 追肥は1ヶ月後に少量与えてください。 新しく出てくる葉が黄色っぽくなり、葉肉も薄いようでしたらカルシウム不足が疑われます。 その時には苦土石灰を少し与えてください。

■芽出し
1) 4週間のコールドトリートメントをしてください。 湿らせた不織布などにタネを包み、容器に入れて、冷蔵庫で保管してください。 不織布が乾いたら適宜湿らせてください。
2) ヤエザクラが咲いた頃に播種してください。 育苗トレイにバラ蒔きして、覆土は5mmにしてください。 露地に直播きするより、室内で10cmになるまで育苗してから定植することをオススメします。
3) 発芽するまで土が乾かさないように注意してください。

■定植
10cm以上になってから定植してください。 梅雨の湿気に注意してください。

■植替え
鉢植えはそのまま育てていくと、根がきゅうくつになって成長出来なくなくなるので、一回り大きい鉢に植え替えるようにしてください。 適期は成長が始まる4〜6月頃です。

■水やり
乾燥気味の土壌を好みますが、過湿に対する耐性もあります。 土の表面が乾いてから水をあげてください。 冬場は3日に1回程度で十分です。

■剪定
剪定は特に必要ありません。

■夏越し
耐寒性はありますが、耐暑性がありません。 日本の猛暑では枯れてしまうので、日陰で管理してください。

■冬越し
土が凍っても枯れることはありませんが、それが1週間以上ある環境では幹の太さが10cm以上になるまで室内に避難させてください。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop