May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

チョコレートストライプトマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

チョコレートストライプトマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141893476

 

サイズは120〜160gmで、ブラックゼブラトマトより大きくなる品種です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: チョコレートストライプトマト
英名: Pink Furry Boar Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: テキサス州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
収穫: 84日
草丈: 140〜200cm
種蒔き: 4〜7月
発芽率: 92%
栽培温度: 10〜35℃
発芽適温: 20〜30℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法。 実は一般的なトマトと同じサイズになります。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985
 

ブランディースイートプラムトマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

ブランディースイートプラムトマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141892995

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

Sweet 100から品種改良された品種で、高い糖度で50gm前後のプラム形になります。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: ブランディースイートプラムトマト
英名: Brandysweet Plum Tomato
学名: Lycopersicon lycopersicum

産地: エゲル・ハンガリー
形態: ナス科ナス属、一年草
種別: 固定種
種蒔き: 4〜7月
発芽率: 93%
草丈: 150〜250cm
収穫: 80〜85日
栽培温度: 10〜35℃
発芽適温: 20〜30℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なチェリートマトと同じ栽培方法です。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。  

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

オレンジベリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

オレンジベリートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141892396

 

糖度が高く、収穫時期が長いのが特徴です。 2cm程度の実が鈴なりにつきます。

和名: オレンジベリートマト
英名: Orange Berry Tomato
学名: Lycopersicon lycopersicum

産地: オハイオ州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
草丈: 130〜160cm
収穫: 85〜90日
種別: 固定種
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 93%
栽培温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なチェリートマトと同じ栽培方法です。 比較的に育てやすい品種です。

たけのこ芋(京芋、エビイモ)の種芋販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

たけのこ芋(京芋、エビイモ)の種芋

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141891958

 

タケノコイモは地上に頭を出している姿が筍に似ている事から「タケノコイモ」と名づけられていますが、「京いも」という名称でも流通しています。 京都で作られている海老芋も京芋と呼ばれているので混同しやすいですが、別物です。 小芋がほとんどできず、親芋が竹の子のように地上に頭を出します。 肉質がしっかりとしており煮崩れしにくく、煮物に使いやすい品種です。 

大きいものだと60cmほどの長さにもなる品種で、親芋自体を食べるタイプです。 サトイモの王様と云われるほど美味です。

主成分のほとんどが、糖質のデンプンのため、消化が良いのが 特徴です。 きめ細かくしまりのある肉質です。 ぬめり成分が胃腸の働きを助け、粘膜を丈夫にし、胃壁を守り、 また老化予防の働きが期待されます。 食物繊維を豊富に含み、便通をよくする作用が期待されます。 豊富に含まれるビタミンB1とカリウムは、疲労回復に効果があります。

和名: たけのこ芋、京芋
英名: Kyoto Taro
学名: Colocasia esculenta 

産地: 京都府
形態: サトイモ科サトイモ属、一年草
サイズ: 100〜500gm
種蒔き: 4〜5月
栽培期間: 7か月〜
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 100%
プランター栽培: 不可能
pH: 5.5〜6
露地栽培: 可能
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 40℃
株間: 25〜30cm
連作障害: あり
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境、土壌
もともと道端や荒れ地に自生しているので、土質は特に選びません。 日当たりが良い場所を好みます。

■芽出し
連作すると著しく収量が低下するので、4〜5年の輪作をしてください。 一般的なサトイモと栽培方法は同じです。
1) 種いもは、60g以上のものを選んでください。 作土の深い肥沃なほ場に畦幅110cm、株間25cm、深さ 10cm位に植えつけます。
2) 自然と発芽するので、水やりは特に必要ありません。

■定植
株間25〜30cmで4月以降に定植してください。

■水やり
乾燥に強く過湿を嫌うためやや乾き気味にしてください。 植えた時にたっぷりと水を与え、その後は土が乾いてから水やりをします。

■肥料
元肥として用土10L当たり5〜10gの化成肥料を施したら、追加の肥料は必要ありません。 他の作物を以前に栽培した畑の土では無肥料でも十分に育ちます。

■追肥
紡錘形の良質な京いもを生産するために、収穫までに追肥と培土を2〜 3回行ってください。

■支柱
台風の影響を受ける圃場の場合、茎が大きくなってきたら、倒伏防止と株元の日当たりを確保するため、株周りに支柱を立てて麻ひもなどで囲っておきます。

■収穫
10月下旬〜11月上旬の降霜初期に掘り取り貯蔵してください。

■貯蔵
風通しの良いところに新聞に包んで、室温で貯蔵してください。 5℃以下の低温で長く保存すると、低温障害を起こし果肉が変色します。

■増やし方
種芋から増やしてください。 

【利用】
クックパッド等でレシピが豊富に紹介されています。

ピッコロチェリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

ピッコロチェリートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141809097

 

1cm程度の実がクラスター状につき、糖度が高いことで知られています。 

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: ピッコロチェリートマト
英名: Piccolo Cherry Tomato
学名: Lycopersicon lycopersicum

産地: リバプール・イギリス
形態: ナス科ナス属、一年草
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 92%
耐寒温度: 8℃
耐暑温度: 40℃
栽培難度: ★    

【栽培方法】
一般的なチェリートマトと同じ栽培方法。 チェリートマトより若干小さめのサイズになります。 比較的に育てやすい品種です。

 

エレファントロープツリーの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

エレファントロープツリーの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141808608

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ヒマラヤ〜東南アジアに自生する落葉樹です。 葉の根元付近にも短い毛が生えています。 花は、黄緑色の小さな花が集まった円錐花序が葉腋(葉の付け根)につき、ひとつの木に、単性花(雄性花と雌性花)と両性花の両方が咲きます。 ヒマラヤの近隣諸国では果肉は食用にされ、種子も炒って食べられています。 媚薬としても効能があるといわれています。

和名: エレファントロープツリー
英名: Elephant Rope Tree
学名: Sterculia villosa

原産国: ラムプーン・タイ
形態: アオイ科ピンポンノキ属、落葉高木
草丈: 10〜15m
発芽率: 86%
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 不要
収穫: 5〜7年
定植時期: 2〜3月
露地栽培: 関東以南の太平洋側
耐寒温度: 0℃ 
種まき: 4〜7月
発芽適温: 23〜28℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 40℃    
株間: 10〜20m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境、土壌
土質は特に選びません。 定植させる際に、根を傷つけないように土を十分につけたまま植え替えをしてください。 乾燥には強く、直射日光でも問題ありません。 

■芽出し
1)種子を水に入れて、2日間放置してください。
2)適当な大きさの鉢を用意し、種蒔き用の柔らかい用土に深さ2cm程度に埋めてください。 となりの種と4cm離してください。
3)発芽するまで暖かい場所で管理してください。 土の表面が乾いたら水をあげてください。 2〜3週間で発芽します。
4)10cm程度まで育ってから大きめのポットに定植してください。 20cmの丈になるまで、室内で管理した方がベターです。

■水やり
20cmの高さになるまで、土の表面が乾いたら水を与えてください。 若干乾燥気味な程度が丁度良いです。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■肥料
葉色を良くするために、油粕に骨粉を混ぜたものを2月と9月に少量与えて下さい 。

■冬越し
幹が木質になるまでは室内で管理してください。 秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力は増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々に水を与えてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【利用】
オーナメント

ボロホ(ボロホア)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ボロホ(ボロホア)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141774718

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

コロンビアの熱帯雨林だけに自生する非常に貴重なフルーツです。 熟すると赤くなり1kg程度の大きさになります。 現地ではジャム、ジュース、スイーツの原料として使われています。 フルーツは媚薬効果があり、抗酸化物質が多量に含まれることで知られています。

和名: ボロホ、ボロホア
英名: Borojo、Borojoa
学名: Borojoa patinoi (Alibertia patinoi)

原産国: イハゲ・コロンビア
形態: アカネ科アリベルティア属、常緑
樹高: 3〜10m
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 不要
収穫期: 3〜年
定植時期: 3〜9月
利用: 生食、ジュース、缶詰、アイスクリーム
露地栽培: 四国以南太平洋側
pH: 5〜6
種まき: 3〜8月
発芽適温: 15〜30℃
発芽率: 95%
栽培適温: 20〜30℃
耐寒温度: 8℃ 
耐暑温度: 37℃
株間: 3m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■芽出し
1) 種子を水に入れて、24時間常温で保管してください。 カラは除去しないでください。
2) 露地に直播しても問題ありません。 適当な大きさの鉢を用意し、種蒔き用の柔らかい用土に深さ2〜3cm程度に埋めてください。 隣の種と4cm離してください。
3) 暖かい場所で保管し、土が乾いたら適度に水をあげてください。 2週間程度で発芽します。 
4) 10cm程度まで育ってから大きめのポットに定植してください。 20cmの丈になるまで、室内で管理した方がベターです。

■育てる環境・土壌
水はけが良い土を好みます。 定植させる際に、根を傷つけないように土を十分につけたまま植え替えをしてください。 乾燥には強く、直射日光でも問題ありません。 葉が日焼けするするようなら「アマゾンの熱帯雨林のような環境」を想像しながら、適度に日陰が当たるように調整してください。

■水やり
20cmの高さになるまで、土の表面が乾いたら水を与えてください。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■冬越し
気温が8℃以上ある環境なら常緑です。 秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力が増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。

■増やし方
取り木、種から増やせます。

【収穫】
年に5〜7ヶ月間は花が咲きます。 実が黄色くなってきたら収穫のタイミングです。

アメリカンクラウンスイートペッパー(パプリカ)の種子販売のお知らせ

 

アメリカンクラウン

 

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141774287

 

熟すると赤くなるパプリカで、一般的なピーマン程度のサイズになります。 早生種、生育旺盛で実付きのいい品種で、肉厚で牛の角のような形の実は皮が薄く、甘く、サラダを始め様々な料理に向いています。

和名: アメリカンクラウンスイートペッパー(パプリカ)
英名: American Crown Sweet Pepper
学名: Capsicum annuum L. 'grossum'

原産国: オハイオ州・アメリカ
形態: ナス科トウガラシ属、一年草
栽培日数: 60〜70日
pH: 6.0〜6.5
草丈: 70〜100cm
株間: 60cm
播種: 2〜5月
発芽適温: 15〜25℃
生育適温: 15〜20℃
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 30℃
連作障害: あり。 2〜3年空ける
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■種蒔き
発芽適温が15〜25度なので、2月下旬〜5月上旬が種まきの適期です。 苗が育つまで約70〜80日かかるので、育苗ポットで苗を育てて畑に植え付けてください。 ただ、パプリカを育苗するのは家庭菜園に慣れた人でもむずかしいので、慣れるまでは苗から育てるのがおすすめです。

1)育苗ポットやセルトレイに赤玉土(小粒)など種まき用の土を入れる
2)育苗ポットに3粒、セルトレイそれぞれに1〜3粒、育苗箱は3cm幅のまき溝を作って筋まきにする
3)土を被せず、種が流れないよう霧吹きなどで水やりをする
4)種まき容器を新聞紙などで覆って保温し、土が乾かないよう水やりをして管理する
5)発芽し、本葉が2〜4枚になったら生育のよいものを選んで育苗ポットに1株ずつ植え替える
6)本葉が8〜10枚ほどになったら、プランターや地面に植え替える

■鉢植え(プランター)
根を浅く張り、湿度の高い環境が苦手なので、鉢やプランターは深型のものを選んでください。 60cmプランターなら2株、8〜10号の鉢であれば1株が植え付けの目安です。 土は市販の野菜用培養土が簡単ですが、自分で作るときは赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1に苦土石灰と化学肥料をスプーン1杯ずつ混ぜ合わせたものを使ってください。 また、寒い地域の場合は、プランターの4隅に支柱を立て、ラップなどで2〜3重ほど周りを囲うと防寒、防風対策になります。
1)鉢底石、または2〜5cm角の発泡スチロールを容器の底に
2)土を容器の縁から下2〜3cm下のあたりまで入れる
3)根に付いた土を崩さないよう、浅めに植え付ける
4)根元を軽く手で押さえ、たっぷり水やりをする
5)植え付け後支柱を立てて株を支える
6)約2週間後、最初に付いた花の上で枝分かれする2本の枝を支柱に結ぶ

■地植え
植え付けの2週間前までには、苦土石灰を畑の土に混ぜてよく耕し、酸性度合いを中和しておきます。 そして1週間前には、堆肥や油かす、化成肥料などを元肥として施して土作りは完了です。 水はけが気になるときは、幅60〜120cm高さ5〜10cmの畝を作り、株同士の間隔を20〜45cmほど空けて植え付けると良いです。 また、マルチやワラで土の表面を覆っておくと、土の跳ね返りによる病気を防げます。

■水やり
パプリカは水分を多く必要とする野菜で乾燥に弱い面があります。 用土の表面が乾いた時にたっぷりと水を与えてください。 水やりは回数を増やすのではなく一回の水やりでた多めに水を与えるほうが効果的です。 特に気温が高くなる夏期は、乾燥防止のために朝と夕方に水やりをおこなって用土の乾燥には十分に注意しましょう。

■手入れ
一番果の下に出るわき芽はすべて小さなうちに摘み取りましょう。 そのまま伸ばして育てると下葉が込み合って害虫の住処となってしまいます。また、わき芽を摘み取ることで株がより大きく育つようになります。 パプリカは整枝をせずに放任で育てることも出来ます。 ただし、生育が活発になって葉が込み合った時は風通しを良くするために枝を間引いてやりましょう。 株間が取れないプランター栽培では一番果の上の枝を3〜4本に整枝した方が管理しやすくなります。 残した上部の枝は放任で構いません。

■追肥
パプリカは多肥性の野菜です。 1番果が付く頃に1回目の追肥を行いその後は2週間おきに追肥をします。 1株当たりに化成肥料を10g程度をプランターの淵に沿って撒いて軽く土と混ぜ合わせておきましょう。 パプリカは元肥と同じ配合の肥料を追肥として与えると葉が茂り過ぎて実なりが悪くなってしまいます。 追肥では窒素分の少ない「ぼかし肥料」を与えましょう。 パプリカの追肥の間隔ですが、化成肥料なら月に2回ほど、液肥の場合は水やりを兼ねて週に1回与えます。 収穫期間は6月〜10月下旬までと大変長いので、元肥をしっかりと施して、途中で肥料切れを起こさないように気をつけましょう。

■収穫
パプリカは植え付けから50〜60日で収穫が始まります。 開花してから約2週間ほどで収穫適期を迎えます。(ピーマンは60日〜70日ほど) 収穫方法はヘタの部分からハサミで切って収穫しましょう。 パプリカは果実が小さなうちに収穫すると株の消耗を押さえることが出来て収穫量が増えます。 育てる地域によっては11月頃(霜が降りる)まで収穫が楽しめるので元肥・追肥をしっかりと施しましょう。 実が6〜7僂砲覆辰浸が収穫のタイミングです。

【利用】
パプリカは加熱時間が長いと栄養価が落ちてしまうので、調理の際は注意が必要です。 火を通す場合は、時間をかけずさっと揚げたり炒めましょう。 煮込む場合は、栄養素が溶け出しても飲むことのできる、スープやシチューがおススメです。 また、生でも美味しくサラダにも良く合います。

 

ドゥルセイタリアーノスイートペッパー(パプリカ)の種子販売のお知らせ

 

ドゥルセイタリアーノスイートペッパー(パプリカ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141773894

 

熟すると赤くなるパプリカです。 早生種、生育旺盛で実付きのいい品種で、肉厚で牛の角のような形の実は皮が薄く、甘く、イタリアでは幅広い料理に使われています。

和名: ドゥルセイタリアーノスイートペッパー(パプリカ)
英名: Dulce Italiano Sweet Pepper
学名: Capsicum annuum L. 'grossum'

原産国: バーリ・イタリア
形態: ナス科トウガラシ属、一年草
栽培日数: 60〜70日
pH: 6.0〜6.5
草丈: 70〜100cm
株間: 60cm
播種: 2〜5月
発芽適温: 15〜25℃
生育適温: 15〜20℃
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 30℃
連作障害: あり。 2〜3年空ける
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■種蒔き
発芽適温が15〜25度なので、2月下旬〜5月上旬が種まきの適期です。 苗が育つまで約70〜80日かかるので、育苗ポットで苗を育てて畑に植え付けてください。 ただ、パプリカを育苗するのは家庭菜園に慣れた人でもむずかしいので、慣れるまでは苗から育てるのがおすすめです。

1)育苗ポットやセルトレイに赤玉土(小粒)など種まき用の土を入れる
2)育苗ポットに3粒、セルトレイそれぞれに1〜3粒、育苗箱は3cm幅のまき溝を作って筋まきにする
3)土を被せず、種が流れないよう霧吹きなどで水やりをする
4)種まき容器を新聞紙などで覆って保温し、土が乾かないよう水やりをして管理する
5)発芽し、本葉が2〜4枚になったら生育のよいものを選んで育苗ポットに1株ずつ植え替える
6)本葉が8〜10枚ほどになったら、プランターや地面に植え替える

■鉢植え(プランター)
根を浅く張り、湿度の高い環境が苦手なので、鉢やプランターは深型のものを選んでください。 60cmプランターなら2株、8〜10号の鉢であれば1株が植え付けの目安です。 土は市販の野菜用培養土が簡単ですが、自分で作るときは赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1に苦土石灰と化学肥料をスプーン1杯ずつ混ぜ合わせたものを使ってください。 また、寒い地域の場合は、プランターの4隅に支柱を立て、ラップなどで2〜3重ほど周りを囲うと防寒、防風対策になります。
1)鉢底石、または2〜5cm角の発泡スチロールを容器の底に
2)土を容器の縁から下2〜3cm下のあたりまで入れる
3)根に付いた土を崩さないよう、浅めに植え付ける
4)根元を軽く手で押さえ、たっぷり水やりをする
5)植え付け後支柱を立てて株を支える
6)約2週間後、最初に付いた花の上で枝分かれする2本の枝を支柱に結ぶ

■地植え
植え付けの2週間前までには、苦土石灰を畑の土に混ぜてよく耕し、酸性度合いを中和しておきます。 そして1週間前には、堆肥や油かす、化成肥料などを元肥として施して土作りは完了です。 水はけが気になるときは、幅60〜120cm高さ5〜10cmの畝を作り、株同士の間隔を20〜45cmほど空けて植え付けると良いです。 また、マルチやワラで土の表面を覆っておくと、土の跳ね返りによる病気を防げます。

■水やり
パプリカは水分を多く必要とする野菜で乾燥に弱い面があります。 用土の表面が乾いた時にたっぷりと水を与えてください。 水やりは回数を増やすのではなく一回の水やりでた多めに水を与えるほうが効果的です。 特に気温が高くなる夏期は、乾燥防止のために朝と夕方に水やりをおこなって用土の乾燥には十分に注意しましょう。

■手入れ
一番果の下に出るわき芽はすべて小さなうちに摘み取りましょう。 そのまま伸ばして育てると下葉が込み合って害虫の住処となってしまいます。また、わき芽を摘み取ることで株がより大きく育つようになります。 パプリカは整枝をせずに放任で育てることも出来ます。 ただし、生育が活発になって葉が込み合った時は風通しを良くするために枝を間引いてやりましょう。 株間が取れないプランター栽培では一番果の上の枝を3〜4本に整枝した方が管理しやすくなります。 残した上部の枝は放任で構いません。

■追肥
パプリカは多肥性の野菜です。 1番果が付く頃に1回目の追肥を行いその後は2週間おきに追肥をします。 1株当たりに化成肥料を10g程度をプランターの淵に沿って撒いて軽く土と混ぜ合わせておきましょう。 パプリカは元肥と同じ配合の肥料を追肥として与えると葉が茂り過ぎて実なりが悪くなってしまいます。 追肥では窒素分の少ない「ぼかし肥料」を与えましょう。 パプリカの追肥の間隔ですが、化成肥料なら月に2回ほど、液肥の場合は水やりを兼ねて週に1回与えます。 収穫期間は6月〜10月下旬までと大変長いので、元肥をしっかりと施して、途中で肥料切れを起こさないように気をつけましょう。

■収穫
パプリカは植え付けから50〜60日で収穫が始まります。 開花してから約2週間ほどで収穫適期を迎えます。(ピーマンは60日〜70日ほど) 収穫方法はヘタの部分からハサミで切って収穫しましょう。 パプリカは果実が小さなうちに収穫すると株の消耗を押さえることが出来て収穫量が増えます。 育てる地域によっては11月頃(霜が降りる)まで収穫が楽しめるので元肥・追肥をしっかりと施しましょう。 実が6〜7僂砲覆辰浸が収穫のタイミングです。

【利用】
パプリカは加熱時間が長いと栄養価が落ちてしまうので、調理の際は注意が必要です。 火を通す場合は、時間をかけずさっと揚げたり炒めましょう。 煮込む場合は、栄養素が溶け出しても飲むことのできる、スープやシチューがおススメです。 また、生でも美味しくサラダにも良く合います。
 

ターミナリアベリリカ(セイタカミロバラン)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

ターミナリアベリリカ(セイタカミロバラン)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=141771689

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ターミナリアベリリカは、インド周辺の熱帯地域に自生しています。 果実は古くからアユールヴェーダに使われています。 ターミナリアベリリカ由来没食子酸は、脂肪分解酵素(膵リパーゼ)を阻害することで、食事に含まれる中性脂肪を体内に吸収されやすい脂肪酸に分解するのを抑制し、脂肪の吸収を抑えることで、食後の中性脂肪の上昇を抑えていると考えられています。

和名: ターミナリアベリリカ、セイタカミロバラン
英名: Bahera、Beleric、Bastard Myrobalan
サンクリット: Bibhitaka
学名: Terminalia bellirica

原産国: カーンプル・インド
形態: シクンシ科モモタマナ属、広葉樹
草丈: 10〜25cm
種まき: 3〜6月
適正土壌pH: 5〜7
発芽適温: 22〜30℃
発芽率: 89%
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 50℃
栽培可能地域: 関東以南
ポット栽培: 不可能
株間: 10〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌、環境
土質は選びませんが、水はけが良い土壌にしてください。 一年を通して20℃程度の気温をキープし、なおかつやわらかい日射しの元で栽培するのが理想的です。

■芽出し
3〜6月に蒔いてください。 覆土は3cm程度で十分です。 発芽まで3〜5週間かかります。 発芽するまで土が乾かないように注意してください。

■定植
成長が早いので、鉢の下から根が出てきたら大き目の鉢に植え替えてください。 かなり高くなるので、定植場所は吟味してください。

■水やり
乾燥に弱いので、水切れさせないよう土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 特に真夏は乾きやすいので注意が必要です。 冬は気温の低下とともに生育もゆるやかになるので、春〜秋の生育期に比べて、やや乾かし気味にしてください。 ただし、極端に乾燥させると生育が弱るので気を付けましょう。 基本は一年を通して水切れさせないことです。

■肥料
肥料は植え付けるときにあらかじめ土にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。追肥として生育期の5〜10月に固形の肥料を株元に施します。2ヶ月に1回を目安に施しましょう。

■夏越し
暑さに強く、20〜30℃で良く育ちますが、乾燥に弱いので、水はこまめにあげてください。

■冬越し
幹が木質になればある程度の耐寒性があります。 3mの高さになるまで、0℃以下になる場所では幹にプチプチや布を巻いて防寒対策をしてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【利用】
アユールヴェーダ、観賞用。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop