December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ナパローズチェリートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

ナパローズトマト

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137004709

 

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

2017年に市場に投入された新しい品種です。 色は濃い赤で、皮は薄く収量が多いのが特徴です。

和名: ナパローズトマト
英名: Napa Rose Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
栽培期間: 70〜80日
草丈: 80〜120cm
種蒔き: 3〜7月
発芽適温: 15〜27℃
発芽率: 90%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
生育温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なチェリートマトの栽培方法と同じです。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985
 

マイケルポラントマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

マイケルポラントマト

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137004391

 

ゼブラトマトのような模様で、5〜8cmの細長い形状になるのが特徴です。 酸味が少ないので、サラダ等の生食のほか、スープやペーストにも向いている品種です。

和名: マイケルポラントマト
英名: Michael Pollan Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
栽培期間: 70〜80日
草丈: 80〜120cm
種蒔き: 3〜7月
発芽適温: 15〜27℃
発芽率: 91%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
生育温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なチェリートマトの栽培方法と同じです。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

ブリーディングハートトマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

ブリーディングハートトマト

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137003692

 

 

120〜250gmのサイズになるバイカラーでハート型をしているのが特徴です。 ジュースと果肉のバランスが良く、フルーティーな風味です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: ブリーディングハートトマト
英名: Bleeding Heart Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: オハイオ州・アメリカ
形態: ナス科ナズ属、一年草
収穫: 84日
草丈: 140〜200cm
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 91%
栽培温度: 10〜35℃
発芽適温: 20〜30℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法。 実は一般的なトマトと同じサイズになります。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

落花する場合は以下のページをご一読ください。
http://www.marcheaozora.com/?tid=2&mode=f13

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

メキシカンポピー(アザミゲシ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

メキシカンポピー(アザミゲシ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136981769

 

メキシコ原産で温帯から暖かい地方の乾燥地帯などに分布しています。 棘のある葉が薊に似ている事から薊芥子(アザミゲシ)とも呼ばれます。 夏に可愛らしい黄色い花を咲かせます。 

ケシ科ケシ属との見分け方は以下のリンクを参照してください。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/plant/keshi-miwakekata.html

和名: メキシカンポピー、アザミゲシ
英名: Mexican Poppy
学名: Argemone mexicana

原産国: サンノゼ・メキシコ
形態: ケシ科アザミゲシ属、一年草
草丈: 40〜70cm
種まき: 3〜6月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 20〜27℃
発芽率: 83%
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 50℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能
株間: 30〜50cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境・土壌
水はけの良い土壌を好みます。 一株でも広がるので、複数株植える場合は株間のスペースをできるだけ広くしてください。 

■種まき
3〜6月に蒔いてください。 覆土は5mm程度で十分です。 直根性で移植を嫌うので、直播してください。 発芽するまで土が乾かないように注意してください。

■水やり
乾燥に強く、高温多湿に弱いので、土が乾いてから水を与えてください。

■肥料
肥料はあらかじめ土にゆっくりと効くタイプの化成肥料を混ぜ込んでおいてください。 その後生育に応じて適宜液体肥料などを追肥として与えますが、窒素分の多い肥料を与えると草姿が乱れますので気を付けてください。

■手入れ
害虫にも強いので特にていれば必要ありません。

■増やし方
種で増やしてください。

【利用】
観賞用。

 

ポピーマロー(ワインカップ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ポピーマロー(ワインカップ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136980685

 

カリロエ属はアメリカからメキシコにかけての草原地帯に9種が自生しています。 ケシ科の花に似ていて、造花のようなひらひらした花を咲かせます。 花はよく目立つ美しい赤紫色で、大きさは中ぐらいです。 葉は手のひら状になり、茎やつぼみに毛が多いです。 株は地を這うように広がるので、グランドカバーとしても利用できます。

和名: ポピーマロー、ワインカップ、カリホー
英名: Wine Cups、Purple Poppy Mallow
学名: Callirhoe involucrata

原産国: サンノゼ・メキシコ
形態: アオイ科カリロエ属、半常緑多年草
草丈: 20〜30cm
種まき: 3〜6月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 18〜25℃
発芽率: 82%
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 33℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能
株間: 30〜50cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境・土壌
水はけの良い土壌を好みます。 一株でも広がるので、複数株植える場合は株間のスペースをできるだけ広くしてください。 

■種まき
3〜6月に蒔いてください。 覆土は5mm程度で十分です。 発芽するまで土が乾かないように注意してください。

■水やり
鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとあげてください。

■肥料
肥料はあらかじめ土にゆっくりと効くタイプの化成肥料を混ぜ込んでおいてください。 その後生育に応じて適宜液体肥料などを追肥として与えますが、窒素分の多い肥料を与えると草姿が乱れますので気を付けてください。

■植え替え
成長が早いので、鉢の下から根が出てきたら大き目の鉢に植え替えてください。 

■手入れ
何もしなくても自然にまとまった姿になりますが、茎葉の生育が旺盛なので、適宜刈り込んで色々な形に仕立てることができます。

■冬越し
冬は長く伸びた枝の部分は枯れて、小さなロゼットで冬を越します。

【利用】
観賞用。

カラミント(カラミンサ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

カラミント(カラミンサ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136786328

 

ミントに似た香りがあり、薄い紫色の小さな花がたくさん咲き開花が長いのが特徴です。 西洋ガーデンで積極的に導入されている品種です。 葉も花も小さく、切り花の宿根カスミソウのような添え花的な使い方ができるので、寄せ植えなどにも適しています。

和名: カラミント、カラミンサ、レッサーカラミント
英名: Common Calamint
学名: Calamintha nepeta (Clinopodium nepeta)
品種: Blue Cloud

原産国: リバプール・イギリス
形態: シソ科トウバナ属(カラミンサ属)、常緑多年草(宿根草)
収穫: 60日
草丈: 40〜80cm
種まき: 4〜6月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 89%
ベランダ栽培: 可能
生育適温: 16〜21℃
耐暑温度: 30℃
耐寒温度: -10℃   
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: ★ 

【栽培方法】
■環境、土壌
日向〜半日陰ので風通しの良い場所に置いてください。 暑い地方では夏は寒冷紗などで涼しく管理してください。 中深鉢に硬質鹿沼と軽石、桐生砂、日向土などの石系を混合して水はけ良く植えます。

■種蒔き
種は中程度の大きさなので、1か所に2〜3粒蒔く点蒔きしてください。 覆土は5mm以下にしてください。

■定植
3〜4月と、9月中旬〜11月中旬が適期です。 庭植えは、堆肥や腐葉土を混ぜて耕してから、根鉢をくずして植えつけてください。 根づくまでは乾燥に注意してください。

■水やり
水切れには弱いので、夏場は注意してください。 庭植えの場合、根がよく張ったらほとんど不要ですが、真夏は葉がしおれそうになったら水やりをしてください。 鉢植えの場合は、鉢土が乾き始めたらたっぷり水をあげてください。

■手入れ
茂りすぎた株は、収穫を兼ねて随時枝を切り取りますが、なるべく午前中に行います。 茎の上部を刈り取るか、少量使いたい場合は葉だけ摘みます。

■肥料
肥料は薄い液肥を月に2〜3回施すか、春と秋に置き肥をします。 定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

■植え替え
植え替えは1〜2年に1度、新芽が出る前の3月頃に株分けを兼ねて実施してください。

■増やし方
株分け、挿し木、実生で増やせます。

■利用
花が咲く時期の直前が芳香成分が最も強く、風通しの良い明るい日陰で乾燥させてから、密閉保存しておきます。 お茶は強壮効果やガスによる腸の痛みをやわらげるとされています。
 

ハルガヤ(スイートヴァーナルグラス)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

ハルガヤ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136952925

 

 

甘い香りを持つため、芝や観葉植物として育てられています。 香りは乾燥させると特に強くなり、クマリン、配糖体、安息香酸が成分として含まれるため、バニラ風味の干し草の香りがします。 古来から乾燥させた草を編み込んで装飾品やカゴを作っています。

スイートグラス(Hierochloe odorata)の種子は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=96098697

和名: ハルガヤ、スイートヴァーナルグラス
英名: Sweet Vernal Grass
学名: Anthoxanthum odoratum

原産国: リヨン・フランス
形態: イネ科ハルガヤ属、多年草
草丈: 30〜50cm
栽培期間: 50日 (編み込み用の原料を収穫する場合)
種まき: 3〜11月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 10〜30℃
発芽率: 70%
栽培温度: -5〜35℃
栽培可能地域: 日本全国
プランター栽培: 可能
株間: 特になし
連作障害: なし
栽培難度: ★★★★

【栽培方法】
■芽出し
1) 寒さに当てないと発芽しません。 種を濡れた新聞紙(ペーパータオル)にくるんで、冷蔵庫で2週間冷やしてください。
2) 冷蔵庫から取り出し。播種してください。 覆土は3〜5mmにしてください。
3) 発芽するまで土が常に湿っている状態にしてください。

■播種
とても丈夫な草ですので、直播で問題ありません。

■肥料
元肥も追肥も特に必要としません。

【注意】
繁殖力が強く、地下茎で増えます。 侵食されたくない区域がありましたら、必ず50cmの深さまで囲ってください。

【利用方法】
乾燥させた草(葉)はポプリに使ってください。 インディアンは篭を編む材料として利用しています。 ヒーリングなどの儀式にも用いられます。 ヨーロッパでは教会の周りに蒔く草としても用いられました。

 

ビッグハックルベリー(マウンテンハックルベリー)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ビッグハックルベリー(マウンテンハックルベリー)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136922260

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

北米のアラスカ州〜テネシー州の3,000m級の山林に自生する品種です。 実の大きさは直径1〜1.3cm程で、小さな柿のような扁平な形をしています。 中の果肉は皮と同じ黒紫色のゼリー状で、無数の種が入っています。 先住民によって薬用植物、フルーツとして利用されてきました。

和名: ビッグハックルベリー、マウンテンハックルベリー
英名: Big Huckleberry、Mountain Huckleberry
学名: Vaccinium membranaceum

原産国: ノースダコタ州・アメリカ
形態: ツツジ科スノキ属、常緑
樹高: 0.5〜2m
収穫までの期間: 150日
色: 黒
種まき: 3〜4月
発芽適温: 16〜24℃
発芽率: 66%
収穫: 8〜10月 *関東の場合
受粉樹: 不要
用途: ジャム、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★★★ 

【栽培方法】
■芽出し
1) 種を冷水に入れて、水に入れたままの状態で4〜8週間暗所で保管してください。
2) 種を濡れたティッシュ(ペーパータオル)に乗せてから、2週間で発芽します。

■土壌
有機質に富んだ水はけのよいところで育てます。 植え付けたら苗が倒れない様に支柱を立ててください。 植え付け前に1m2あたり苦土石灰を100gm与えます。 

■肥料
元肥はm2あたり堆肥3kgと有機質肥料100gmを目安に与えます。 追肥として2ヶ月に1回程度化成肥料又は液肥を与えてください。

■水やり
土の表面が乾いたら適度に水をあげてください。
 

 

 

アメリカンヘーゼルナッツ(アメリカハシバミ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

アメリカンヘーゼルナッツ(アメリカハシバミ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136921557

 

 

実はセイヨウハジバミよりも一回り小さいサイズです。

育て方は簡単、樹勢が強く放任でも育ちやすいです。 開花は3月頃、雌雄同株ですが、1本では実が成りにくいので、2本以上を近くに植えて受粉させてください。

種皮を剥き、煎ってから食べる他、製菓の材料として、クッキー、チョコレート、アイスクリームなどに用いられています。 特にチョコレートとの相性が良く、代表的なチョコレート菓子にジャンドゥーヤがあります。

浸潤させ風味をだし、ヘーゼルナッツ・リキュールとしても活用されています。 また、コーヒーの着香にも用いられ、ヘーゼルナッツコーヒーと呼ばれてます。 

ヘーゼルナッツオイルは、ヘーゼルナッツを加工する際に抽出されたオイルです。 精製されたものは、 その風味の良さを生かし料理やお菓子のアクセントとして使用されることが多いです。 未精製のものは、化粧品や石鹸、塗料などに使われることが多く、化粧品は浸透性が非常に高いなどの特徴があります。

和名: アメリカンヘーゼルナッツ、アメリカハシバミ
英名: American Hazelnut
学名: Corylus americana

原産国: テネシー州・アメリカ
形態: カバノキ科ハシバミ属、落葉低木
草丈: 2〜3m
種蒔き: 10〜12月 > 翌春発芽
発芽適温: 17〜22℃
発芽率: 83%
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 不要(雌雄同株)
収穫: 4〜5年
定植時期: 2〜3月
露地栽培: 日本全国
耐寒温度: -13℃ 
耐暑温度: 45℃
栽培適温: 25〜40℃
株間: 10〜20m
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【受粉について】
雌雄同株ですが、1本では実が成りにくいので、2本以上を近くに植えて受粉させてください。 結実開始は鉢植えの場合4〜5年です。 庭植えでは木が十分に成熟してからの結実開始となるため10〜15年かかる場合もあります。

【栽培方法】
■芽出し
1)種子を水に入れて、3日間冷蔵庫で保管してください。 お水は12時間毎取り替えてください。
2)適当な大きさの鉢を用意し、種蒔き用の柔らかい用土に深さ3cm程度に埋めてください。 となりの種と4cm離してください。
3)4〜6ヶ月してから発芽します。 芽が出なかった種子は腐ってそのまま分解されるので放っておいてください。
4)10cm程度まで育ってから大きめのポットに定植してください。 20cmの丈になるまで、室内で管理した方がベターです。

■育てる場所・土
肥沃で水はけの良い肥沃な土を好みます。 乾燥は苦手なので、保湿性の良い土がいいです。 腐葉土を多目にしてください。

■肥料
元肥としてたい肥や腐葉土、化成肥料を土にすきこんでください。 12月頃に、寒肥として有機質肥料を与えます。 2月頃に花肥として、それから収穫後に、即効性化成肥料を施します。

■植え付け
10〜6月に定植してください。 葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。 梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに。

■水やり
20cmの高さになるまで、土の表面が乾いたら水を与えてください。 若干乾燥気味な程度が丁度良いです。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■剪定
葉が込み合い、日当たり不足にならない程度に12〜1月ごろ間引く程度の剪定をしてください。 樹高が高くなりすぎる場合は、主幹を切り、芯を止めて、主枝を2〜3本伸ばして低い樹高に仕立てます。 剪定の際は、花芽が2年目の枝の先につきますので、あまりばっつばつと切り戻すと花が咲かなくなりますので注意です。

■冬越し
秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力は増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。 

【収量について】
肥料をあげすぎると実が少なくなるので注意してください。

■収穫
収穫期は10月下旬〜1月上旬です。 殻に割れ目が入った頃が収穫のタイミングです。

【利用】
自宅で収穫し、収穫後1〜2日完熟させてからローストした果実は香ばしさが抜群です。 特に菓子類との相性が良いので、クックパッドなどでレシピを検索してください。

セイヨウキンミズヒキ(スティックウォート)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

セイオウキンミズヒキ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136917281

 

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

茎は直立し、毛が生え、奇数羽状複葉の葉が互生し、小葉の縁に鋸歯があるのが特徴です。 葉柄の基部に托葉があり服等にに引っ付きます。 草姿が、熨斗袋に掛ける紅白の  ミズヒキ(水引) に似ており、花が黄金色に見えるということで、金糸に見立てキンミズヒキ(金水引)という花名が付けられました。 漢方では、口内炎や下痢止めに効くとされます。

和名: セイヨウキンミズヒキ、スティックウォート、セイヨウヒッツキグサ
英名: Common Agrimony、Church Steeples、Cockeburr、Stickwort
学名: Agrimonia eupatoria

原産国: タンペレ・フィンランド
形態: バラ科キンミズヒキ属、多年草
草丈: 50〜90cm
播種: 3〜5月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 91%
生育適温: 20〜27℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 35℃
株間: 40〜50cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
半日で、あまり乾燥しないような場所が適しています。 土質は特に選びません。

■芽出し
1) 濡らしたティッシュにくるんで、冷蔵庫で30日間冷やしてください。 冷蔵庫で冷やさない場合は、1〜2月に露地に直播してください。
2) 播種してください。 覆土は必要ありません。
3) 発芽するまで霧吹きで散水してください。

■定植
10cmになってから屋外に定植してください。

■肥料
春と秋に置き肥してください。

■手入れ
選定や手入れは特に必要ありません。 葉が枯れて、茶色になったら除去する程度で十分です。 

■植替え
鉢で栽培することも可能ですが、根張りがすごいので、下から根が出てきたら株分けや大きめの鉢に植え替えてください。

■越冬
上部は枯れますが、根は生きています。 春になれば再び芽吹きます。

【利用】
観賞用、ドライフラワーとして。 黄色の染料としても使えます。 乾燥させた葉はハーブティーとしても利用されています。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop