December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コズミックエクリプストマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

コズミックエクリプストマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137416375

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

2018年に市場に投入された新しい品種です。 実は60〜80gmのサイズで、インディゴとグリーンの模様が出て、芳醇でジューシーな風味が特徴です。

和名: コズミックエクリプストマト
英名: Cosmic Eclipse Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
栽培期間: 70〜80日
草丈: 80〜120cm
種蒔き: 3〜7月
発芽適温: 15〜27℃
発芽率: 91%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
生育温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトの栽培方法と同じです。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

シルバーウォームウッド(ウェスタンマグワード)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

シルバーウォームウッド(ウェスタンマグワード)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136543181

 

 

日に良く当てると銀灰色の葉になる西洋ヨモギの一種です。 背が高く、株立ちになるのでシルエットも美しいです。 長期間きれいな葉色を保ち、宿根草なので人気が高い品種です。

和名: シルバーウォームウッド、ウェスタンマグワード、アルテミシア・ルドビシアナ 
英名: Silver Wormwood、Western Mugwort
学名: Artemisia ludoviciana spp. ludoviciana

原産国: テキサス州・アメリカ
形態: キク科ニガヨモギ属、落葉低木
草丈: 1〜1.5m
栽培期間: 80〜日
種まき: 3〜5月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 83%
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 27℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 30〜80cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■種蒔き
桜が咲いてから直播きして、間引いてください。 発芽するまで土を乾かさないように注意してください。

■用土
水はけが良くて極端なやせ地でなければ土質は選ばず育ちます。 鉢植えは赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使ってください。 砂地や塩害にも強い品種です。

■水やり
地植えの場合、植え付けて根が落ち着くまで1〜2週間は土が乾いたら水を与えてください。 それ以降は自然の雨だけで育ちます。 鉢植えのものは土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

■肥料
肥料は植え付ける際、ゆっくりと効くタイプの粒状肥料を混ぜ込んでください。 鉢植えは加えて、春〜秋の生育期に液体肥料を月1〜2回与えてください。

■害虫
特にアブラムシの被害が見られます。 放っておくと茎にびっしりと付いて吸汁するので、発生が少ない内に捕ってください。

■植え替え
植え替えの適期は9月〜10月で、株分けを兼ねて行います。 鉢植えは鉢中が根で窮屈になるので1〜2年に1度は植え替えてください。

■注意
繁殖力が非常に旺盛で他の植物を駆逐することがあります。 植え付ける場所や数をよく考えて、過剰な繁殖には気を付けてください。

■収穫
若芽は3月に出たばかりのものを摘み取ってください。 また、葉の収穫適期は6月中旬〜7月中旬です。 生葉を利用するときは、葉先のやわらかい部分を使ってください。

■増やし方
宿根で越冬しながら増えます。 4〜5月に切り戻したときに出た枝を土に挿していると簡単に株を増やすことができます。 発根剤をつけると成功率がグンとあがります。 

【注意】
他のヨモギ属と交雑するので、他のヨモギ属と隔離して栽培してください。
 

カナクパの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

カナクパの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137102624

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ヒマラヤ山麓の標高1,200〜2,400mだけに自生する非常に珍しい木です。 実は食することが出来ます。 ミカン科には珍しく地下茎でも繁殖します。 8月頃に黄白色の花を咲かせ、種は呉茱萸(ゴシュユ)という生薬になります。 独特の匂いと強い苦みを有し、強心作用、子宮収縮作用などがある。呉茱萸湯、温経湯などの漢方方剤に使われます。

和名: カナクパ
英名: Khanakpa
学名: Evodia fraxinifolia

原産国: カトマンズ・ネパール
形態: ミカン科ゴシュユ属、常緑高木
樹高: 10〜25m
播種: 3〜5月
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 61%
露地栽培: 全国
pH: 6〜7
収穫: 6〜10月 *関東の場合
結実までの期間: 3〜5年
受粉樹: 不要
用途: 観賞用
鉢植栽培: 不可能
接木: 可能
生育温度: 20〜35℃
耐寒温度: -15℃
耐暑温度: 40℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
日当たりがよく、水はけが良い土が適しています。

■芽出し
1) 種を40℃のお湯に6〜12時間入れてください。 お湯が冷めたら2時間おきに入れ替えてください。
2) 覆土は2cm程度にして、日当たりが良い場所に播種してください。 発芽するまで土が乾いたら水をあげてください。
3) 2〜3週間で発芽します。 

■定植
本葉が6枚程度になってから定植してください。

■水やり
乾燥には強いので、土の表面が乾いたら水をあげてください。

■肥料
痩せた土地でも育つので、肥料はそれ程注意することはありません。 葉の勢いが弱くなったらリン酸が多い肥料を適度にあげてください。

■剪定
成長は早くないので、基本的に剪定は必要ありません。 気になったら3〜4月に剪定してください。

■越冬
幹が木質になるまで室内で管理してください。

■増やし方
取りまきで増やしてください。

【利用】
観賞用として。

 

ワリチーエレファントクリーパー(ミャンマーオオバアサガオ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ワリチーエレファントクリーパー(ミャンマーオオバアサガオ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137126362

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ヒマラヤ〜ミャンマー近辺に自生するオオバアサガオです。 葉は20 x 25cmと非常に巨大化するのが特徴で、大ぶりの花が沢山つくので、夏の間を楽しませてくれます。

和名: ワリチーエレファントクリーパー、ミャンマーオオバアサガオ
英名: Wallichii Elephant Creeper、Myanmar Morning Glory
学名: Argyreia wallichii

原産国: マンダレー・ミャンマー
形態: ヒルガオ科オオバアサガオ属、つる性多年生植物
草丈: 5〜10m
消毒: 無処理
発芽適温: 12〜25℃
発芽率: 92%
用途: 観賞用
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
生育温度: 10〜35℃
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 36℃
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なアサガオの栽培方法と同じです。
■芽出し
1) 種を濡れたティッシュに包んで、2日間冷蔵庫で保管してください。
2) 覆土は5mm程度で播種してください。 嫌光性でもないので、暗所で管理する必要はありません。

■越冬
幹が木のように茶色く固くなったらある程度の耐寒性はありますが、やはり冬場でも7℃は欲しいところです。 露地栽培が難し場合には、選定して室内で越冬させてください。 桜が咲く季節になって再び露地に移植してください。

【利用】
観賞用として

 

レモネードベリーの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

レモネードベリーの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137126620

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

カリフォルニア州南部〜メキシコだけに自生する非常に珍しい品種です。 赤い実は食することも出来ます。 レモンの風味がすることから、レモネードベリーと呼ばれています。

和名: レモネードベリー
英名: Lemonade Berry、Lemonade Sumac
学名: Rhus integrifolia

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ウルシ科ヌルデ属、常緑低木
露地栽培: 関東以南
樹高: 2〜8m
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 23〜27℃
発芽率: 79%
株間: 2〜3m
鉢植え: 可能
耐寒温度: -8℃
耐暑温度: 45℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌・環境
日当たり〜明るい日陰でよく育ちます。 熱帯性の環境を作ってください。 露地栽培は沖縄で可能です。 それ以外の地域では室内や温室で栽培してください。

■芽出し
1) 種を30℃の水に6時間浸してください。
2) 種蒔き用の土に覆土を2cmにして播種してください。
3) 日当たりが良い場所で管理してください。 発芽するまで常に土の表面が湿っている状態にしてください。
4) 2〜4週間で発芽します。

■水やり
適湿な土壌を好み、極端な乾燥を嫌います。 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 常に表土が湿り気を帯びた状態にしてください。

■肥料
堆肥や腐葉土の入った肥えた土なら、特に肥料を与えなくても育ちます。

■定植
10cm以上になってから定植してください。 梅雨の湿気に注意してください。

■水やり
乾燥気味の土壌を好むので、土の表面が乾いてから水をあげてください。 冬場は3日に1回程度で十分です。

■剪定
剪定は特に必要ありません。

■手入れ
花精油を目的にした栽培では、開花すると枝を刈り取ってしまいますが、花後に背を高くしたくないときは、整枝をするとベターです。

■冬越し
寒さや乾いた風に当てると葉がひどく傷みます。 鉢植えで育て、冬は温度の確保できる場所に移動させてください。

■増やし方
種、挿し木から増やすのが簡単です。

【利用】
観賞用、アロマオイル。 ジュース、ジャム等の加工品。

ルゴサローズ(ハマナス)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ルゴサローズ(ハマナス)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137127173

 

 

北海道〜鳥取県の主に海岸の砂地に自生しています。 初夏に一重の大きな花を咲かせます。 1つ1つの花の寿命は1日ですが、次々と新しい花を咲かせていき、長く観賞して楽しむことができます。 根は染料などに、花はお茶などに、果実はローズヒップとして使われます。 基本的に赤い花ですが、ごく稀に白い花を咲かせます。

和名: ルゴサローズ、ハマナス、浜茄子
英名: Japanese Rose
学名: Rosa rugosa

原産国: 栃木県
形態: バラ科バラ属、落葉低木
栽培期間: 3年〜
草丈: 1〜1.5m
露地栽培: 日本全国
種蒔き: 4〜7月
開花: 6〜8月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 88%
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
一般的なバラと同じです。
http://sodatekata.net/flowers/page/128.html

■土壌・環境
日当たりの良い場所でよく育ちます。 特に開花時期に日照不足になると、つぼみが咲かずにポロリと落ちてしまうことがあります。

自然環境下で育てていると開花は6〜8月頃で、花が咲いて果実が十分に大きくなるには12℃前後の気温が必要です。 10月以降はベランダの日だまりなどできるだけ暖かい場所で育ててください。 地植えよりも移動が可能な鉢やコンテナの方が栽培しやすいです。

■芽出し
1) 湿らせた砂に種を混ぜて冷蔵庫で3か月間保管してください。 低温処理しないと発芽しません。 種蒔きは4〜7月です。
2) 覆土は5mmにして播種してください。
3) 発芽するまで霧吹きで水をあげてください。

■定植
適期は11〜3月です。 それまでは極力室内で育苗してください。 鉢植えは、鉢底にネットと鉢底石を敷き、赤玉土(小粒)7:バラ用堆肥3の割合で混ぜた土へ、根に付いた土を崩さずに植え付けてください。

■水やり
鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 地植えは、特に水やりの必要はありません。降雨のみで過ごしてください。

■肥料
2〜3月になったら、春に新芽をたくさん付けるよう、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を株元に与えます。 花が咲き終わった後の栄養補給として、7〜8月に同じ肥料を与えてください。

■夏越し
夏の暑さに若干弱いので、弱っているようであれば半日陰の風通しの良いところに移動させてください。

■冬越し
本来は毎年開花する多年草ですが、関東以南では冬場は枯れます。 春になれば再び芽吹きます。 プランターや鉢植えの場合には室内に入れて越冬させてください。

■増やし方
新しい枝を赤玉土単用に挿していると発根します。 4月以降に挿して、挿し木して一年は生育が鈍いのでそのままにしてください。

 

ビッグサンゴールドセレクトトマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

ビッグサンゴールドセレクトトマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137371101

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

甘くしっとりとした風味で定評があります。 栽培が簡単で、甘くなるのが早い品種です。 一般的なチェリートマトより若干大きめになります。

和名: ビッグサンゴールドセレクトトマト
英名: Big Sungold Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
種別: F1
栽培期間: 65〜日
草丈: 100〜150cm
種蒔き: 3〜7月
発芽適温: 15〜27℃
発芽率: 93%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
生育温度: 10〜35℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なチェリートマトの栽培方法と同じです。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

【納期】
在庫がある場合には2〜3日以内に出荷します。 欠品の場合には、再入荷に2週間程度かかりますのでご了承ください。

 

イランイランノキの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

イランイランノキの種

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137102509

 

ヒマラヤからオーストラリアに自生しています。 色が変わるにつれて、ジャスミンに似た甘い香りがあり、香水の原料となります。 CHANELのNo.5の原料としても知られています。

イランイランは「そよ風に揺れる花々」という言葉から由来して、「花の中の花(flower of flower)」という意味です。 タガログ語が語源となっています。また、熱帯多雨林を好みますので、フィリピン諸島の地形にとても合っていて、そのためフィリピン諸島が原産地となっています。

イランイランの香りはとてもエキゾチックで、男性を誘惑する香りと言われています。 インドネシアなどでは、結婚初夜のベッドに花を敷き詰める風習があるなど、官能的な雰囲気が求められる時に使用されています。 あのクレオパトラもイランイランの花を足元に置いていたそうです。

和名: イランイランノキ
英名: Ylang-Ylang
学名: Cananga odorata

原産国: パナイ島・フィリピン
形態: バンレイシ科カナンガ属、常緑低木
露地栽培: 沖縄
樹高: 6〜15m
種蒔き: 4〜7月
発芽適温: 23〜27℃
発芽率: 79%
株間: 5〜10m
鉢植え: 不可能
耐寒温度: -8℃
耐暑温度: 45℃
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■土壌・環境
日当たり〜明るい日陰でよく育ちます。 熱帯性の環境を作ってください。 露地栽培は沖縄で可能です。 それ以外の地域では室内や温室で栽培してください。

■芽出し
1) 種を30℃の水に6時間浸してください。
2) 種蒔き用の土に覆土を2cmにして播種してください。
3) 日当たりが良い場所で管理してください。 発芽するまで常に土の表面が湿っている状態にしてください。
4) 3〜4週間で発芽します。

■水やり
適湿な土壌を好み、極端な乾燥を嫌います。 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 常に表土が湿り気を帯びた状態にしてください。

■肥料
堆肥や腐葉土の入った肥えた土なら、特に肥料を与えなくても育ちます。

■定植
10cm以上になってから定植してください。 梅雨の湿気に注意してください。

■水やり
乾燥気味の土壌を好むので、土の表面が乾いてから水をあげてください。 冬場は3日に1回程度で十分です。

■剪定
剪定は特に必要ありません。

■手入れ
花精油を目的にした栽培では、開花すると枝を刈り取ってしまいますが、花後に背を高くしたくないときは、整枝をするとベターです。

■冬越し
寒さや乾いた風に当てると葉がひどく傷みます。 鉢植えで育て、冬は温度の確保できる場所に移動させてください。

■増やし方
種、挿し木から増やすのが簡単です。

【利用】
観賞用、アロマオイル。

オイスターリーフ(シー・ブルーベルズ)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

オイスターリーフ(シー・ブルーベルズ)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137044243

 

葉が濃厚な生カキの味がする不思議な新野菜です。 見た目以上に芳醇な風味に誰もが驚きます。 人によってはマッシュルームのようだとか、アンチョビのようだとも言われています。 日本では非常に珍しいので、市場に出回ることはまずありません。

東北〜北海道の海辺などに自生するハマベンケイの近種でオイスターリーフと呼ばれています。 葉っぱ1枚にしっかり濃厚な牡蠣の味が凝縮したオイスターリーフは、少量でも料理にビッグなサプライズをもたらします。

種子は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=124404967

和名: オイスターリーフ、オイスタープラント、シー・ブルーベルズ、牡蠣の葉、メルテンシア・マリティマ
英名: Oyster Leaf
学名: Mertensia maritima

産地: 神奈川県
形態: ムラサ科ハマベンケイソウ属、多年草
草丈: 20〜30cm
出荷サイズ: 3号ポットに1株、5cm
収穫: 20〜日
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 29℃
pH: 6〜7
株間: 15〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌、環境
やや酸性で水はけの良い土壌を好むので、鹿沼土に富士砂、桐生砂などの混合土を利用してください。 日当たりの良い場所を好みます。 日陰でも育ちます。 ブルーベリー用の土と相性が良いです。

■定植
10〜11月にポットから出して、土を崩さないように定植してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりとあげてください。

■肥料
元肥として暖効性肥料等を控えめに施してください。 肥料負けするので、あげすぎは厳禁です。

■追肥
追肥は株や葉色の状態を見ながら月1回程度を目安に与えて下さい。

■夏越し
日本の猛暑に弱いので、日陰で夏越ししてください。

■収穫
株が十分に成長する9〜12月の収穫がオススメです。 葉の勢いが十分な時はいつ収穫しても問題ありません。 5〜6月にスズランのような花を咲かせます。 花もオイスターの風味がします。 基本的にブルーの花を咲かせますが、まれに白い花を咲かせます。

■コツ
真夏の高温多湿に弱く、高温期に葉が湿った土に触れていると、そこから立ち枯れが起こりやすくなりますので、できるだけ高植えにして下さい。

■採種
花が枯れると中から種が入ったポッド(サヤ)が出てきます。 そのままの状態で播種しても、サヤを分離してから播種しても構いません。 発芽率はどちらも同じでした。

■冬越し
オイスターリーフは耐寒性のある植物ですが、真冬は時期は念のため、寒さがしのげる場所で管理してください。 冬は地上部が無くなりますが、3月を過ぎた頃から新しい芽が展開してきます。 分類上は多年草ですが、夏の高温多湿が苦手なため、真夏時期も状態が悪くなります。

【利用】
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、調理は生食がオススメです。 お好みのドレッシングなどをつけてメイン料理の付け合せなどに。 パスタとの相性も抜群です。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。

 

 

イエローフューリーボアートマトの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

イエローフューリーボアートマトの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137005136

 

サイズは80〜160gmで、成熟すると黄色の綺麗な筋が入る品種です。 糖度は高めで芳醇な香りがします。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: イエローフューリーボアートマト
英名: Yellow Furry Boar Tomato
学名: Solanum lycopersicum

産地: テキサス州・アメリカ
形態: ナス科ナズ属、一年草
収穫: 84日
草丈: 140〜200cm
種蒔き: 4〜7月
発芽率: 91%
栽培温度: 10〜35℃
発芽適温: 20〜30℃
プランター栽培: 可能(直径50cm号以上)
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトマトと同じ栽培方法。 実は一般的なトマトと同じサイズになります。 比較的に育てやすい品種です。 夏季は毎日水をたっぷりあげてください。 鉢植えの場合には、鉢が大きいだけ比例して成長します。 

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 80日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

玄米酵素アミノ酸を使用すると糖度が上がります。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

<<back|<123456>|next>>
pagetop