March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ゴールデンコーン(シャポローテコーン)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

ゴールデンコーン(シャポローテコーン)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=121863313

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

黄金の輝きがある4,000年前から残っている古代種です。 古代種の割には糖度が高いことでも知られています。 乾燥させてハロウィーンやクリスマスのオーナメントとして人気があります。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫されたトウモロコシを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。
F1ではありません。 固定種です。

和名: ゴールデンコーン、シャポローテコーン
英名: Golden Corn、Chapolote Corn
学名: Zea mays

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
部類: フリントコーン(ポップコーン)
栽培期間: 90日
発芽適温: 13〜30℃
種まき: 3〜7月
発芽率: 95%
プランター栽培: 可能
草丈: 2〜3m
実の大きさ: 13〜19cm
連作障害: あり
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なトウモロコシの栽培方法と同じです。 
参考サイト: http://www.toumorokoshi.net/cultivation.html

【ほ場】
トウモロコシは比較的適応性が広い作物で、畑をそれほど選びません。 堆厩肥や緑肥を施して排水性・保水性・保肥性を兼ね備えた健全な畑を維持します。 肥料は窒素、リン酸、カリそれぞれ10a当たり25圓鯢現爐箸靴泙后 窒素分については1/2を元肥、残り1/2を追肥として施します。 

【栽培密度】
栽植密度は地域や栽培型によっても異なりますが、10a当たり4,200株(畝間80〜90僉株間27〜30僉砲目安となります。

【播種】
発芽そろいをよくするには、地温が13℃以上を確保してから1穴2〜3粒蒔いてください。 温度だけでなく適度な土壌水分も発芽に影響するので注意が必要です。

【注意事項】
例えばスイートコーンに色がついた品種の花粉がかかると、スイートコーンの甘味が落ちたり、色が混ざります。 これを「キセニア現象」といいます。 スイートコーンと隣合わせに、別の種類のとうもろこしを栽培することは避け、最低でも100m以上離してください。

【利用方法】
オーナメントとしてご利用ください。 生食のほか、ポップコーンにもなります。
 

pagetop