February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

根っこ付きフレッシュパクチー販売のお知らせ

JUGEMテーマ:パクチー!

フレシュパクチー

リンク:
http://www.marcheaozora.com/?pid=93797274

自然栽培のハウス栽培で育てたパクチーを販売しています。 本場のタイ、ベトナムなどは根っこ部分をニンニクみたいに摩り下ろしてペースト状態にして料理の香りづけに利用します。 葉より根っこのほうが香りが強く、タイ料理では根っこの方を多く用います。

冬のパクチーは根っこがかなり太ってます。 タイ料理で必要なのは根っこの方で、葉はおまけみたいなものです。 例えばタイのドレッシングはパクチーの根っこと唐辛子とニンニクを器でしっかりすり潰し、ナムプラーとレモンで好みの味に整えて、焼いた肉でも魚類でも春雨でも、あなたの好きな具をタマネギやセロリやキュウリなどと一緒にこのドレッシングで和えます。 焼きナスにこのドレッシングをかけても美味しいです。 油を使わないのでダイエットにも良いです。 パクチーは消化を助け食中毒や二日酔いの予防に効果があるといわれています。 あえ物やスープに添えたり鍋物の薬味にも用いられます。

和名: パクチー、コリアンダー、シャンツァイ、香菜
英名: Coriander、Chechnya
学名: Coriandrum sativum

販売月: 2〜6、10〜12月
産地: 愛知県、北海道
農薬: なし
サイズ: 葉の部分25〜30cm+根っこ
100gmで5〜7株です。

【出荷方法】
クール便(冷蔵)にて出荷致します。

【保存方法】
空瓶に少し水を入れ、立てた状態で冷蔵庫(氷にならない位置)で保存してください。 10日程持ちます。

【利用方法】
■根っこ
・細かく刻んでカレーに入れて煮込んで、 葉の部分は他の野菜とタコと混ぜてミックスサラダにどうぞ。
パクチーの根っこはタイ料理ではダシ作るときにとても重要な役割を果たします。 パクチーの香りは、根っこが特に強く、スープなどを作るときに根っこを入れるとよい香りがつきます。 
・「カオマンガイ」というタイの鶏ごはんを作るとき、ご飯はこの根っこを入れて炊きます。 タイ米とパクチーの根っこで家中がすごい匂いになりますが、この匂いで異国気分を味わえます。
・根はスープ類で良く使われます。 パクチ根っこが入ったままのトムヤムはダシとして使ってます。
・エスニックスープの具材として

■葉っぱ
・生春巻きやフォーには欠かせない食材
・パクチー入りのサンドイッチ
・お寿司の薬味として最高です

【業務用】
ノコギリパクチー(ロングコリアンダー)等のマニアックなハーブの契約栽培をしています。 どのようなニーズにも対応出来ますのでご一報ください。

 

comments

   

trackback

pagetop