July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ボヘミアチャイブの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

ボヘミアチャイブの種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=143836816

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

ピンクの花が特徴で、蜜源としても使えます。 チャイブはアリウムというネギ類の一種で、ニンニクやニラ、エシャロットも同じ仲間です。 円筒形で中が中空の、アサツキよりも細い葉でかすかなオニオンの香りがあります。

生葉は必要な時にいつでも切って、薬味のような感じで料理に使い、球茎はピクルスにします。 チャイブは、ヨーロッパでは古くから家庭で栽培されてきたハーブの一つで、「チャイブなしのポテトサラダには魂がない」とも云われています。

和名: ボヘミアチャイブ
英名: Bohemia Chives
学名: Allium schoenoprasum

原産国: グラスゴー・イギリス
形態: ユリ科ネギ属、多年草
草丈: 30〜40cm
栽培期間: 100〜日
種まき: 4〜7月
適正土壌pH: 6〜7
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 77%
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 5〜10cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■土壌、環境
日当たりが良く、水持ちと水はけのよい肥沃な場所を好みます。 酸性の土を嫌うので、鉢植え、露地植えいずれの場合にもあらかじめ土壌に石灰を混入して中和しておきます。

鉢やプランターに植えれば室内でも管理ができ、冬の間も葉を利用することができます。 露地植えでは、霜の降りるころから地上部は枯れます。 高温と乾燥に弱いので、夏は寒冷紗をかけるなどして日よけしたり、直射日光の当たらない明るい日陰で管理するようにします。

■肥料
肥料が不足すると葉の先が黄色くなってしまうので、月に1回追肥して肥料を切らさないようにしてください。

■手入れ
花を付けると葉が固くなるので、柔らかい葉を長く収穫したい時は蕾のうちに切り取ると良いです。

■増やし方
繁殖は、種子か株分けをします。 春か秋に種をまいて、発芽した苗が10僂らいになったときに5〜6本ずつまとめて培養土を入れたビニールポットなどに植え替えると、根のまわった丈夫な苗ができます。

株分けは晩秋、葉が黄色くなったころに株を掘り起こして、葉は5〜6cm残して切り取り、長く伸びた根も一緒に切り詰めます。 これをスコップかハサミで割り、定植します。
 

pagetop