August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スイートシスリー(グレートチャービル)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

スイートシスリー(グレートチャービル)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=144042947

 

ヨーロッパの冷温帯地方に自生し、晩春の豊富な花密と白色の散形花序は、初夏にはナッツやアニスシードのような味の緑色の種子になり、香りの良い家具の艶出しに利用されます。 アニスの芳香を漂わせ、噛むとアニスシードのような甘味があります。  強い甘みがあるので、お菓子のパイやタルトなどに入れれば、砂糖の量を減らすことができ、糖尿病を患っている方には貴重な甘味料源ともなります。 甘みのあるナッツのような風味を持つ種は、アイスクリームなどに混ぜて食べる良いです。

和名: スイートシスリー、グレートチャービル
英名: Sweet Cicely、Clayton's Sweetroot
学名: Osmorhiza claytonii (Myrrhis odorata)

原産国: グラーツ・オーストリア
形態: セリ科ミルリス属、耐寒性多年草
草丈: 30〜60cm
栽培期間: 100〜120日 *要越冬
種まき: 9〜11月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 70%
適正土壌pH: 6〜7
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 50〜60cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■土壌、環境
高温多湿にはとても弱いので、日本の気候で育てるのは温度管理が難しいです。 涼しげな日の当たるか、半日陰になる水はけのよい肥沃な土の場所で育ててください。 一般的な野菜用の土で問題ありません。

■芽出し
9月以降で霜が下りる前に露地に播種してください。 寒さに当てないと発芽しません。 覆土は5mm程度にしてください。 保水力があり、同時に水はけの良い土が適しています。 乾きやすい土だと水切れを起こすので適しません。 翌春に発芽します。

■水やり
乾燥を嫌うので、土の表面が乾いたらたっぷりとも水を与えてください。

■肥料
肥料は土にあらかじめゆっくり効く粒状肥料を元肥として混ぜ込んでおけば、特に追肥の必要はありません。

■手入れ
花を付けると葉が固くなるので、柔らかい葉を長く収穫したい時は蕾のうちに切り取ると良いです。

■越冬
寒さには強いので特に防寒対策は必要ありません。

【利用】
葉は刻んでサラダやスープに加えてください。 未熟な種子は甘味があり、生食やアイスに混ぜてください。 完熟種子はスパイシーで少量を刻んで香りづけに。 リキュールの香り付けにも適しています。 スイートシースリーの根の浸剤には、全身の強壮、消化、穏やかな殺菌の作用があります。

pagetop