August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

レッドマンモスマンジェルビーツの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

レッドマンモスマンジェルビーツ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=143341308

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

最も大きくなるビーツの一つで、10kgを超えます。 播種後90日から収穫可能です。 ビートの根にはビタミンCが多く含まれ、葉は鉄分が豊富です。 葉酸、水溶性と非水溶性の食物繊維と数種の抗酸化物質を多く含みます。 ビートはニンジンやスイートコーンよりも糖分を多く含むため、最も甘い野菜の一つです。 

欧米では一般的な定番野菜ですが、日本ではまだレアな存在です。 ロシア料理のボルシチの材料などに使われる高級食材です。

皮をむかずに茹でるか、アルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにすると美味しいです。 少し冷ましてから指でしごくと皮は簡単に剥けます。 火を通したテーブルビートはスライスしてバターを添えて食べたり、甘酢につけてピクルスにしたりすることが多い。 生の根は皮をむいてから粗くおろし金でおろし、サラダに入れることもできます 若い葉と茎はくせがなく食べやすく、ややホウレンソウと似ているのが特徴です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

【色】


和名: レッドマンモスマンジェルビーツ
英名: Red Mammoth Mangel Beetroot、Fodder Beets
学名: Beta vulgaris ssp. vulgaris var. vulgaris

原産国: ミシガン州・アメリカ
形態: アカザ科フダンソウ属、一年草
収穫: 90〜120日
種まき: 3月下旬〜8月中旬
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 82%
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 25℃
生育温度: 15〜21℃
pH: 5.8〜7.0
プランター栽培: 不可能
連作障害: あり *1〜2年空けてください
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なテーブルビートと同じですが、大きく育てたい場合には肥料を倍にしてください。
参考:
http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/konnsairui/te-burubi-to.html

栽培方法はニンジンと非常に良く似ています。 夏以降から育てると、春蒔きと比べると害虫被害が少なく簡単なので、初心者の方は夏まきがおススメです。

・播種前に24時間水に浸してください。
・2℃以下になると生育が止まり、幼苗の時に10℃以下になると花芽ができ、高温で日が長くなると「とう立ち」してしまいます。
・種は直播きし、発芽するまでは用土を乾燥させないように水やりしましょう。
・間引いた後に根元に土寄せを行う事で根の緑化を防ぐことが出来ます。
・幼苗期の間引きは一度にたくさん行わず、徐々に間引いて少しずつ根を太らせるようにしましょう。 

pagetop