November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ジギタリスプルプレア(Apricot Beauty)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ジギタリスプルプレア(Apricot Beauty)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=142786313

 

ジギタリスは、ベル形の花を穂状につけ、すらっと優雅に花茎を伸ばす姿は、洋風ガーデンで人気があります。 本来は宿根草ですが、耐暑性が弱く、暖地では半日陰に植えても夏に枯死することが多いため、多くは二年草として扱われます。 開花のためにはある程度の大きさに達した苗が冬の低温にあう必要があるため、タネを秋まきして翌々年の春に咲かせるか、または春まきして、翌春に咲かせます。 秋または早春にロゼット状態の苗を入手して植えつけることもできます。

全草に毒性がありますが、薬草としても知られ、強心利尿薬として利用されます。

和名: ジギタリスプルプレア、キツネノテブクロ、アプリコットビューティー
英名: Digitalis、Foxglove、Apricot Beauty Foxglove、Lady's Glove
学名: Digitalis purpurea
品種: Apricot Beauty
色: クリーム

原産国: ケルン・ドイツ
形態: オオバコ科ジギタリス属、二年草
草丈: 90〜110cm
種まき: 5〜6月、9〜10月
適正土壌pH: 5.8〜7.2
発芽適温: 15〜22℃
発芽率: 85%
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 27℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能
株間: 20〜30cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境・土壌
日当たりもしくは明るい半日陰で育てます。 猛暑で枯れるので、強い西日は避けてください。 水はけのよい砂礫土を好むので、粘土質の土壌であれば、パーライトや有機質の堆肥などを加えてください。

■種まき
光発芽種子なので、覆土はしないでください。 種の流出を防ぐため、霧吹きで水をあげてください。 

■定植
本葉が4枚ほどになったら鉢上げし、成長に応じて大きな鉢に移植してください。 冬までにできるだけ大きな株に育てると翌春に開花します。

■水やり
鉢植えの場合には春先〜落葉するまでは表土が乾いたらたっぷりとあげてください。 休眠期は控えめにやりますが、鉢内が乾ききらない程度に水やりをしましょう。

■肥料
植えつけ時に、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ、3月の成長再開時にも同様の肥料を追肥します。

■増やし方
開花後に7月上旬までにとりまきするか、保管しておいて9月に蒔いてください。 春から初夏に株元に発生した側枝をかき取ってさし木することもできます。

【利用方法】
蜜源、観賞用。
 

pagetop