May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ギュウシンリ(レッドシュガーアップル)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ギュウシンリ(レッドシュガーアップル)の種子

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=140751166

 

台湾では良く知られているフルーツです。 果実表面がお釈迦様の頭のようでシャカトウという名前がつきました。 レッドシュガーアップルは実が赤くなるのが特徴です。

完熟すると果皮が割れて果肉がくずれやすくなります。 果肉は白色でカスタード状で、甘く芳香があり、非常に美味しいです。 チェリモヤのように凍らせるとアイスクリームのようになります。

シャカトウは他の果物に比べて結実するまでの期間は短く、種からでも条件がよければ約3年で結実します。 苗からですと2年で結実します。 1本だけでも結実します。 20cm程度になるまで室内で観葉植物として育てるのをお勧めします。

和名: ギュウシンリ、レッドシュガーアップル、紅釈迦頭
英名: Red Sugar Apple
学名: Annona reticulata

原産国: 台東県・台湾
形態: バンレイシ科バンレイシ属、常緑
樹高: 3〜5m
果実の大きさ: 400gm
糖度: 20度
収穫: 9〜10月 *関東の場合
結実までの期間: 2〜4年
媒介: 1本で結実します(受粉樹不要)
用途: 果実、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
種蒔き: 5〜7月
発芽適温: 28〜32℃
生育温度: 10〜35℃
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 40℃ 
栽培可能地域: 露地栽培なら九州以南
注意事項: 10度以下で発育が止まります。 10〜4月までは室内での管理もしくは防寒してください。
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■土壌、環境
10℃以下になる地域では室内(温室)で管理してください。 水はけの良い肥沃な用土を好みます。 用土の配合は、赤玉土7、腐葉土3の割合にしてください。

■芽出し
赤玉土や種まき用培養土など清潔な用土に種を蒔き軽く覆土して土が乾燥しないように管理してください。 発芽まで2週間〜2ヶ月くらいかかります。

■肥料
3月、6月、10月に有機質肥料を規定量より若干多めに与えてください。 果実生成にはカルシウムとカリウムが多く必要とされるため、冬期に苦土石灰などを施すとベターです。

■水やり
浅根性(せんこんせい)なので水を好みます。 土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりとあげてください。 特に、開花期や果実の肥大期は水切れのないよう注意してください。 最低気温が15℃以下になりだしたらに除々控えめにして、冬期は乾燥気味に管理します。

■仕立て
開心自然形や主幹形で仕立ててください。 高さ50〜80cmで切り詰め、基本となる主枝を3〜4本ほど出して形を整えてください。 枝に角度をつけたい場合はやわらかいうちに誘引してください。 剪定は、徒長枝や込み合っている枝など不要な枝は早めに整理してください。

■人工授粉
雌雄異熟花なので人工授粉をしてやります。 16:00頃から夕方にかけて開花が始まります。 1つの花に雌しべと雄しべがあり、雌しべが先に熟し、後に雄しべから花粉が出ます。 蕾が開きかけた頃(雌ステージ)に雌しべが受粉可能になっているので、既に咲いている(雄ステージ)花の雄しべからやわらかい筆などで花粉を採り雌ステージの花の雌しべの柱頭につけてやります。 湿度が高いほうが着果率が高いです。 花粉は冷蔵庫で保存すれば2〜3日は持ちます。 受粉後2週間もすれば幼果が膨らんできます。

■収穫
成熟日数は4ヶ月間を要します。 収穫適期になると、果皮が白みを帯びやや黄色みが増します。 熟期の前には果実が急に肥大化してくるので肥大して1〜2週間で収穫することも可能です。 自然落下するのは実が潰れる心配があるのでオススメしません。 収穫した果実は常温15〜25℃で追熟させると、約1週間で果皮が茶色くなってきます。 緑色のままでも柔らかくなれば食べ頃です。 8℃以下では低温障害を起こし追熟しないので、冷蔵庫へ入れないでください。 追熟後は発酵が急速にすすみ味が落ちるので2〜3日以内に食べてください。 食べる直前に冷蔵庫で冷やすと美味です。

pagetop