March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

クラスペディア(ビリーバトン、クラスペディア・グロボーサ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

クラスペディア(ビリーバトン、クラスペディア・グロボーサ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=140420272

 

黄色いピンポン玉のような花を咲かせ、銀色の葉にも観賞価値があります。 切り花やドライフラワーに人気が高い宿根草です。

和名: クラスペディア、ビリーバトン、クラスペディア・グロボーサ、イエローボール
英名: Billy Buttons、Drumstick、Yellow Ball
学名: Craspedia globasa

原産国: ウエリントン・ニュージーランド
形態: キク科グラスペディア属、多年草
樹高: 70〜90cm
露地栽培: 全国
種蒔き: 9〜11月
発芽適温: 20〜25℃
鉢栽培: 6号以上
発芽率: 87%
耐寒温度: -8℃
耐暑温度: 37℃
株間: 40〜60cm
栽培難度: ★

【栽培方法】
■土壌・環境
日当たりのよい場所が適しています。 日照不足になると花付きが悪くなります。 高温多湿に弱く夏に弱って枯れてしまうことがあります。 鉢植えの場合、初夏以降はできるだけ風通しのよい場所を選び、梅雨時期は雨の当たらない場所で管理してください。

■芽出し
本来は毎年花を咲かせる多年草なのですが、高温多湿に弱く日本では花後に枯れることが多いので、本土では一年草です。 秋に播種すると翌年の初夏から花を咲かせます。 寒地では春蒔きにしてください。
1) ポットに土を入れて、そこに2〜3粒蒔いてください。 覆土は2mm程度にしてください。
2) 発芽したら間引いてひとつのポットで1本の苗になる様にしてください。 
3) 本葉が3〜4になってから定植してください。 根を痛めないように注意してください。

■定植
ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。 寒さの厳しいところでは、冬はフレームなどで育て、春になってから定植してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 乾燥には強いですが、過湿に弱いので常に土が湿っているような状態は避けてください。

■肥料
植え付ける際にゆっくり効く肥料を土に混ぜ込んでおきます。 追加で開花するまでの間、液体肥料をときどき与えてください。 真冬は生育が鈍いので肥料は要りません。

pagetop