November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

バンカーライコムギの種子販売のお知らせ

 

バンカーライコムギの種

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136543448

 

 

ライコムギは、Triticum (コムギ) と Secale (ライムギ) の属間雑種です。 藁が固く長くなるのが特徴です。 食用には向きませんが、高タンパクなので主に牧草(サイレージ)、土壌改良、工芸品用の原料として使われます。

栽培用の種子ですので、食用ではありません。(輸入の際に消毒されている可能性があるため)
遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

和名: バンカーライコムギ
英名: Bunker Triticale
学名: X triticosecale

原産国: アイオワ州・アメリカ
草丈: 1.6〜1.8m
栽培期間: 110〜125日
種蒔き: 春(2〜4月)、秋(9〜11月)
pH: 6〜7.5
発芽適温: 10〜20℃
発芽率: 87%
耐寒温度: -15℃
耐暑温度: 30℃
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
栽培栽培難度: ★

【栽培方法】
■播種期 
春蒔き、秋蒔きの品種です。 やせ地を好みます。

■種蒔きの目安
50〜100株/m2
2〜3cm間隔で蒔いてください。 覆土は2〜3cmにして、播種後に鎮圧してください。 *散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 鳥害から守るため、芽が出るまで藁や刈草などで覆ってください。

発芽後は土が乾いている時を見計らって、2週間に1度、60cmの長さになるまで麦踏みをしてください。 

■収穫時期
緑肥として使う場合には、出穂前に刈り取って、土中にすき込んでください。
全体的に茶色く枯れてきたら収穫のタイミングです。

【注意】
風媒花で自家不稔性があり他花受精しやすく、小麦と交雑するので注意してください。

 

pagetop