October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブラックアクイレギア(西洋オダマキ、Black Barlow)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

ブラックアクイレギア(西洋オダマキ、Black Barlow)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=133014057

 

丈夫な宿根草で、株の中心からまっすぐ伸びた茎に赤、黄、青紫、白、桃色などの4〜5cmの花を多数咲かせます。 このBlack Barlowは珍しく黒い品種です。 葉は根元にまとまってつきます。 

和名: ブラックアクイレギア、マッカナジャイアント
英名: Columbine、Granny's Bonnet
学名: Aquilegia vulgaris 'Black Barlow'
色: ブラック

原産国: ミュンヘン・ドイツ
形態: キンポウゲ科オダマキ属、多年草
草丈: 100〜120cm
露地栽培: 日本全国
種蒔き: 2〜4月
発芽適温: 17〜25℃
発芽率: 93%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 35℃
株間: 30cm
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌・環境
午前中は日なた、午後は明るい日陰になる場所で管理してください。 7〜9月上旬の間は30〜40%の遮光下に置いて葉焼けや高温障害を防ぎます。 冬は北風が当たらないような場所に置きます。庭植えにする場合は、10〜20cm盛り土した上に植えます。 水はけのよい土であれば土質を選びません。

■芽出し
1) 覆土は1cmにして播種してください。
2) 発芽するまで土の表面が乾燥しないように水やりをして、室内で管理してください。

■定植、植え替え
毎年、または1年おきに行います。 適期は芽が出る直前の2〜3月上旬です。 実生苗は成長に合わせて時期を問わず植え替え(鉢増し)を行います。 根は傷つけないように注意してください。

■水やり
表土が乾いたら十分に与えてください。 庭植えの場合は、晴天が続いて乾燥していない限り必要ありません。

■肥料
植え替えの際に、元肥としてリン酸とカリウムが多めの緩効性化成肥料を、4号鉢で三つまみ施します。 3〜9月は、週1回、液体肥料を1,500〜2,000倍に薄めて施します。 真夏の間は3,000倍程度にしたほうが無難です。

■開花について
この品種は、日照時間が11時間以下にならないと開花しない性質があります。 関東地域で11時間以下となると「秋〜冬」になってしまうため、枯れてしまいます。 10月に入ってから、わざと暗くなるようにして強制的に開花させてしまうほうが良いです。

■越冬
気温が5℃以下になる地域では、室内で越冬させてください。 宿根なので、一度植えると毎年咲きます。 2〜3月に植えて、春〜夏まで咲き、冬には葉っぱが枯れて根の状態で冬を越します。 

【注意】
全草が有毒なので食べないでください。 ペットにも注意してください。

【利用】
切花としてご利用ください。

 

pagetop