July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ドワーフタマリロの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

ドワーフタマリロ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=132690304

 

 

果実は約2〜3cmで、パッションフルーツとトマトとキウィフルーツの中間のピリッとした味です。 成長が早く、収量も1株から30kgが見込めます。 この果樹は結実までの育成期間が比較的短くて早ければ1年、2年目からは普通に収穫が楽しめます。

和名: ドワーフタマリロ
英名: Dwarf Tamarillo
学名: Cyphomandra abutiloides (Solanum abutiloides)

原産国: メンドーサ・アルゼンチン
形態: ナス科ナス属、常緑低木
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
葉張り: 2〜3m
発芽率: 86%
ベランダ栽培: 可能(8号以上の鉢)
発芽適温: 20〜30℃
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 30℃
種まき: 3〜6月
株間: 3〜5m
連作障害: あり。 ナス科
栽培難度: ★

【栽培方法】
■芽出し
播種する前に24時間水に浸してください。 発芽の適温が20℃なので、桜が開花する頃に種蒔きをしてください。 土は1cm程度被せてください。 

■育てる場所・土
土質は特に選びません。 日当りが良い場所を好みます。 寒さには強いですが、逆にあまり暑いのには弱いので、夏場は遮光ネットなど対策をしてください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えましょう。

■肥料
生育中は月に1回化成肥料を与え、追肥として月に2回程度液肥を施しますが、窒素肥料を控えて栽培してください。 花がつき始めたら定期的に液肥を与えてください。

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 気になれば暖かい時期に剪定してください。 枝分かれさせるための摘心は6〜8月に行い、追肥(窒素、カリウムの比率が大きいタイプ)をして、水も多めに与えてください。

■収穫
6月に花が咲き、8〜10月に赤くなったら収穫です。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
タマリロは味も質感もトマトに似ていて[ツリートマト]と呼ばれるのも頷けます。 トマト味の中にもやはりトロピカルフルーツらしさもあって(マンゴーっぽいというか)面白いです。 特にゼリー状の種部分は砂糖を加えるとジャムみたいになるのでヨーグルト入れてみるのも良いでしょう。 またトマトと同じようにサンドイッチにしたりサラダに入れてみるのも良いでしょう。
 

pagetop