July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

シンノウヤシ(フェニックス ロベレニー)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

シンノウヤシ(フェニックス ロベレニー)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=132551134

 

シンノウヤシの幹は通常一本で直立し、古くなるとやや湾曲します。 幹の表面には葉柄が落ちた跡が小突起状に残り、独特の幹肌になります。 また、幹の上部には褐色の繊維が網目状にまとわりつきます。 葉は羽根状葉で柔らかく、長さ1〜1.5mで四方に下垂して広がります。 小葉の長さは20冂度、幅は約1僂50対程度あり、基部には小葉が変化したトゲがあります。 葉の表面は光沢がある緑色で、耐陰性もあるため、室内観葉植物としても利用されます。

シンノウヤシは雄花と雌花とが別の個体に生ずる雌雄異株です。 花はクリーム色で、初夏に葉の間から出た花穂に小花がたくさんつきます。 果実は長さ1冂度の長楕円形で秋に黒く熟しますが、食用ではありません。

和名: シンノウヤシ、フェニックス ロベレニー、ロベ
英名: Pygmy Date Palm、Miniature Date Palm、Robellini
学名: Phoenix roebelenii

原産国: 雲南省・中国
形態: ヤシ科ナツメヤシ属、常緑樹
草丈: 2〜5m
利用: 観賞用
種まき: 4〜9月
発芽適温: 23〜29℃
発芽率: 75%
結実性: 雌雄異株
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 45℃
株間: 5〜10m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土壌は特に選びません。 日当たりのよい場所を好みます。 幹が太くなる性質があるので、定植する場所は吟味してください。

■芽出し
1) 種を水に入れて、冷蔵庫に1日程度保管してください。
2) 種を1粒蒔いたら、土を2cm程度被せて、発芽するまで土が常に湿っている状態ににしてください。  

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにあげてください。

■冬越し
霜が降りる場所では、プチプチを巻いたりして防寒してください。 大き目の鉢に植えて、冬場は室内で保管することをオススメします。 ある程度の大きさになって、幹が木質になったら0℃までの耐寒性がつきます。

■手入れ
成長が遅いので、基本的に剪定の必要はありません。 丈夫なので、太い枝の部分まで刈り込んでも芽吹きます。 強い剪定をしたから枯れるということもありません。

■雌雄の見分け方
判別するには苗が成熟するまで少なくとも5年は待つ必要があります。 メスの花は下に向き、オスの花は上に向きます。 ハチはオスの花に寄り付きますが、メスの花には一切付きません。 メス50株に対し、オス1株の割合で十分です。

■収穫
3年目から実が付き始めます。 10年もすれば1本から10,000個の収穫も可能です。

■増やし方
脇芽が出てきたら株分けして増やすのが簡単です。

【利用】
観賞用

 

pagetop