May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フィンガーライムの苗(Bシリーズ)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

フィンガーライムの苗(Bシリーズ)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=139621039

 

オーストラリア原産の変わったフルーツです。 オーストラリアでは野生種を含めると200以上の品種があるといわれています。
激レア度: ★★★★★

フィンガーライムの取扱品種数は日本一、種子を販売しているのはマルシェ青空だけです! 弊社は、オーストラリアのフィンガーライム農場に30%出資してり、現地で共同経営をしています。

光沢のあるルックスとプチプチの食感がキャビアに近いことから、「森のキャビア」とも呼ばれています。 フィンガーライムの特徴は美しさと食感。 白、赤、緑など色とりどりの果肉は、料理に彩りを添えるのにピッタリです。 また、プチプチの食感は口に入れたときのアクセントになります。

オーストラリアの原住民である「アボリジニ」の間で古くから食されており、オーストラリア国内ではジャムの原料として昔から使われていました。 その美しい光沢に目をつけたオーストラリアの料理人が料理の付け合わせに使い始めたことから少しづつ注目され始め、その人気は世界に拡大しました。 

今では美食大国フランスで需要が高まってきたことに伴い、高級食材となりました。 アメリカでも5年前からカリフォルニア州とフロリダ州でも栽培されるようになり、2015年からニューヨークのカクテルにも使われるようになりました。 海鮮料理との相性も抜群で、欧米で爆発的な人気が出ています。 フィンガーライムは未だ栽培量も少なく、しかも蔓といっしょに鋭い棘が生えるので収穫も困難です。 そのため需要に対して供給が全く追いついていません。 日本には冷凍品が輸入されていますが、やはり味覚は落ちます。

フィンガーライムの種は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=97523802

フィンガーライム苗(Aシリーズ)は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=99267110

【品種】(英名: 和名)
オプションからお選びください。 
*画像はパソコンサイトからご確認ください。
1) Flavouly Green: フレーボリーグリーン
2) Green Ord: グリーンオード
3) Green Crystal: グリーンクリスタル
4) Green Chartreuse: グリーンチャーターユース
5) Moon Drops: ムーンドロップス
6) Red Ruby: レッドルビー
7) Sunshine Lime: サンシャインライム
8) Sunshine Yellow: サンシャインイエロー
9) Sydney Hybrid: シドニーハイブリッド
10) Yellow: イエロー


和名: フィンガーライム、キャビアライム
英名: Finger Lime、Fingerlime
学名: Microcitrus australasica

 

原産地: クイーンズランド・オーストラリア
*穂木を輸入して、国内で接木してから出荷します。
形態: ミカン科ミカン属、常緑多年草
分類: 固定種
ポットサイズ: 4〜5号
台木: カラタチ4年生
サイズ: 台木20〜30cm + 穂木10〜20cm
自家結実性: 1本で結実します
栽培期間: 植え付けから2年 *種からだと3〜4年かかります
栽培可能地域: 日本全国
樹高: 1〜3m
葉張り: 2〜5m
ベランダ栽培: 剪定をすれば可能
生育温度: 15〜30℃
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 35℃
pH: 5〜6.5
収穫: 7〜10月
株間: 4〜6m 
栽培密度: 1,200〜1,600本/ヘクタール (120〜180本/10a)
連作障害: なし
収量: 10〜20kg/株(10〜20gm/個、5〜9cm) *5年生の場合
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
弱酸性の水はけの良い土を好みます。 赤玉土3:腐葉土7に調合してください。 日光が不足すると実つきが悪くなります。 水はけが悪い環境の場合、斜面に植えてください。 トゲがあり、風でフィンガーライムの実に傷がつくため、風避けを作ったほうがベターです。 生垣を植えて、フィンガーライムの木を南北(1品種1列)に定植させることで強い日差しを避ける工夫をしてください。

耐寒性は比較的強く、-10℃で5日間程度でしたら問題ありません。 台木のカラタチとフィンガーライムも生存します。

異なるフィンガーライムの品種を真横で栽培しても交雑しません。

■定植
3〜6月が適期です。 気温が25℃以下の日(午前中)に定植してください。 定植後水やりして高温多湿になると根が腐るので注意してください。

■水やり
乾燥には強い品種ですが、夏場はカラカラに乾かないように注意してください。 葉に勢いが無くなれば水をたっぷりあげてください。 その土地特有の気候があるので、あえて「毎日1回」等と記述しません。

■肥料
5〜9月に肥料をあげてください。 化成肥料を施すと、肥料焼けしやすい傾向があります。 成長期に入るころ、骨粉入りの油かすなどの有機質肥料を控えめに施してください。 一般的な柑橘類の30%程度の肥料(15:4:11)で問題ありません。 落果を防ぐため、花が咲いてから実が1cm以上になるまで施肥はしないてください。 環境が厳しければ厳しい程、子孫を残そうとして実を付ける傾向があります。

糖度を上げたい場合には、「玄米酵素アミノ酸」がオススメです。
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 剪定は、樹高が2m以上になってから暖かい時期してください。 定植してから最初の3年は成長が遅いですが、それ以降は鈴なりに実を付けます。 実が多すぎる場合には、間引くと実のサイズを調整することが出来ます。

■害虫・病気
他の柑橘類と同じ害虫がつきます。 オルトランで駆除してください。 いきなり枯れこみが発生した場合には、様々な要因が考えられますのでご一報ください。 葉の勢いが弱くなってきたら、殆どの場合は地温の低下によるものです。 暖かい場所に移したら元気になります。 根張りが強ければ殆どの問題は自然に解決します。

■越冬
台木はカラタチですので-10℃まで耐えますが、温度差が10℃以上ある場合には葉がショボショボになって枯れたようになります。 いきなり寒くなったため、冬支度を始めるためです。 暖かい室内に入れれば再生しますが、そのまま冬眠体制に入っても心配しないでください。 幹が生きている限り、春になれば芽吹きます。

■収穫
幹に可愛い白い花が咲きます。 人工授粉は必要ありません。 果実は、さくらんぼのような2〜3cmの球状です。 花が付いてから5ヵ月後が収穫のタイミングです。 2〜4回の収穫が見込めます。

■増やし方
4〜9月に接木で増やすのがとても簡単です。 台木はカラタチ(枳殻・枸橘)を使用してください。 柚子でも可能ですが、柚子はカラタチよりも成長が遅いです。
カラタチの苗:
http://www.marcheaozora.com/?pid=97551613

【利用】
基本的に「ライム」ですので、生食として利用してください。 冷凍保存も可能です。 パスタとシーフードと相性が良い他、ドリンク(カクテル)にも使われています。

【配送業者について】
基本的に佐川急便で出荷しますが、「ゆうパック」になる場合もあります。

【送料について】
送料・梱包資材として、オーダー毎に1,200円(全国均一)がかかります。 合計金額はショッピングカートに入れてご確認ください。

【決済について】
予約注文ですので、前払いです。
「銀行振込」「クレジット・デビッドカード」のご利用が可能です。 クレジットカードは課金(請求)されます。

八角(ハッカク、トウシキミ、スターアニス)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

八角(ハッカク、トウシキミ、スターアニス)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137416733

 

中華料理でスパイスとして用いられる八角は、形が星で香りがアニスに似ているためスターアニスとも呼ばれますが、アニス(セリ科)とはまったく別物です。 寺院で利用されている「シキミ(マツブサ科シキミ属)」とは異なりますのでご注意ください。

「トウシキミ」の学名 "Illicium"には、「誘惑する」、"verum"のには「本物の」という意味があります。 この植物のもつ良い匂いから命名されたものです。 「トウシキミ」と同属の「シキミ(樒)」は、日本では仏事に使われるので、なじみ深いです。 キシミの果実は、トウシキミの果実と区別がつかないほどよく似ています。 香りも、アネトールに起因する甘い芳香で、区別がつきません。 従って「八角」として利用できるのではないかと錯覚してしまいそうになります。 シキミの果実は、トウシキミと異なり、有毒で食べられません。 誤って食べると、嘔吐、下痢、呼吸障害、循環器障害などの中毒症状を起こし、血圧上昇、昏睡状態で、死に至る場合があります。

中華料理で使われる八角は、シキミ科の常緑樹トウシキミの果実です。 「八角」は、香辛料「五香粉」の一味にもなっています。 五香粉は、中国料理に欠くことのできない重要な香辛料で、「八角」「花椒」「胡麻」「桂皮」「陳皮」の5味がブレンドされています。

抗インフルエンザの「タミフル」の原料になっています。 現在スイスの製薬会社ロシュが特許を持つため大変高価な薬となっています。 しかし2018年にはこの特許も切れるので、ジェネリック薬としてより安価に生産すべく、各国で作付けが行われています。

種は以下で販売しています。 発芽の工程が非常に難しいので、初心者は苗を購入することをオススメします。
http://www.marcheaozora.com/?pid=93771009

和名: 八角、八角茴香、ハッカク、スターアニス、大茴香(ダイウイキョウ)
英名: Star Anise、Chinese Pepper
学名: Illicium verum

原産国: 台中・台湾 > 神奈川県で育苗
形態: シキミ科シキミ属、常緑高木
栽培年数: 5年〜
草丈: 10〜18m
規格: 挿し木苗
出荷サイズ: 4号ロングポットに1株、15cm *1年生
受粉樹: 不要(雌雄同株)
用途: 食用
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
耐寒温度: 0
耐暑温度: 38℃
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
■日当たり
最初の10ヶ月: 日陰 *冬が厳しいところでは室内
11〜36ヶ月: 半日 *冬が厳しいところでは室内
3年以降: フル *気温が-5℃が1週間以上続かない場所なら露地に定植する

■水やり
土の表面が乾いたら適度に水をあげてください。

■肥料
それほど必要としませんが、蕾が付き始めたら肥料を少量与えてください。 葉の色が薄くなってきたら、リンが多い肥料をあげてください。

■定植
20cmの高さになってから大きめの鉢もしくは露地に定植してください。 定植の適期は桜が咲く時期です。

■病気など
梅雨時: 湿度の高い時期に、葉の表面や茎が白く粉を吹いたようになるウドンコ病が発生する場合があります。 被害個所を摘み取って処分すると同時に、トリフミン、サプロールなどの水和剤を散布して病気の蔓延を防ぎます。 ただし同じ薬剤を続けて使用すると、抵抗力がつき効果が薄れるので注意しましょう。
5〜6月: アオムシが発生し、葉を食害して穴を開けることがあります。 見つけ次第捕殺するとともに、マラソン乳剤や除虫菊乳剤を散布して駆除します。
5〜9月: アブラムシ発生のピーク。発見したらただちに、歯ブラシでこすり落とし、1週間に1度の割合で2〜3回、オルトランを散布しましょう。

■冬越し
幹が木質化するまでは外に出さないようにしてください。 播種してから2年程度は室内で管理したほうがベターです。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【利用方法】
豚肉や川魚の臭みを消すので、中国料理には、欠かせません。 豚の角煮、魚の揚げ物、杏仁豆腐のシロップの香り着けなどに使います。 香りが強いので、小片1〜2片で十分です。 「八角」は、薬用にも使われます。 胃腸の働きを活発にし、新陳代謝を高める効果があります。 駆風、胃弱、風邪、咳止めなどにも使われます。 駆風薬というのは、胃腸内にたまったガスを排出させ、ガスによる圧迫感を除く薬物の指します。 主に精油や辛味成分を含む生薬などが用いられます。 芳香をもち、刺激性のある物質は嗅覚と味覚を介して反射的に、または直接胃粘膜を刺激し、胃の分泌機能を促進したり、胃腸管の運動を亢進します。 胃腸管の運動の亢進により、溜まったガスが体外に排出されます。
 

オイスターリーフ(シー・ブルーベルズ)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

オイスターリーフ(シー・ブルーベルズ)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=137044243

 

葉が濃厚な生カキの味がする不思議な新野菜です。 見た目以上に芳醇な風味に誰もが驚きます。 人によってはマッシュルームのようだとか、アンチョビのようだとも言われています。 日本では非常に珍しいので、市場に出回ることはまずありません。

東北〜北海道の海辺などに自生するハマベンケイの近種でオイスターリーフと呼ばれています。 葉っぱ1枚にしっかり濃厚な牡蠣の味が凝縮したオイスターリーフは、少量でも料理にビッグなサプライズをもたらします。

種子は以下で販売しています。
http://www.marcheaozora.com/?pid=124404967

和名: オイスターリーフ、オイスタープラント、シー・ブルーベルズ、牡蠣の葉、メルテンシア・マリティマ
英名: Oyster Leaf
学名: Mertensia maritima

産地: 神奈川県
形態: ムラサ科ハマベンケイソウ属、多年草
草丈: 20〜30cm
出荷サイズ: 3号ポットに1株、5cm
収穫: 20〜日
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 29℃
pH: 6〜7
株間: 15〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌、環境
やや酸性で水はけの良い土壌を好むので、鹿沼土に富士砂、桐生砂などの混合土を利用してください。 日当たりの良い場所を好みます。 日陰でも育ちます。 ブルーベリー用の土と相性が良いです。

■定植
10〜11月にポットから出して、土を崩さないように定植してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりとあげてください。

■肥料
元肥として暖効性肥料等を控えめに施してください。 肥料負けするので、あげすぎは厳禁です。

■追肥
追肥は株や葉色の状態を見ながら月1回程度を目安に与えて下さい。

■夏越し
日本の猛暑に弱いので、日陰で夏越ししてください。

■収穫
株が十分に成長する9〜12月の収穫がオススメです。 葉の勢いが十分な時はいつ収穫しても問題ありません。 5〜6月にスズランのような花を咲かせます。 花もオイスターの風味がします。 基本的にブルーの花を咲かせますが、まれに白い花を咲かせます。

■コツ
真夏の高温多湿に弱く、高温期に葉が湿った土に触れていると、そこから立ち枯れが起こりやすくなりますので、できるだけ高植えにして下さい。

■採種
花が枯れると中から種が入ったポッド(サヤ)が出てきます。 そのままの状態で播種しても、サヤを分離してから播種しても構いません。 発芽率はどちらも同じでした。

■冬越し
オイスターリーフは耐寒性のある植物ですが、真冬は時期は念のため、寒さがしのげる場所で管理してください。 冬は地上部が無くなりますが、3月を過ぎた頃から新しい芽が展開してきます。 分類上は多年草ですが、夏の高温多湿が苦手なため、真夏時期も状態が悪くなります。

【利用】
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、調理は生食がオススメです。 お好みのドレッシングなどをつけてメイン料理の付け合せなどに。 パスタとの相性も抜群です。

【納期】
2〜10日以内に出荷します。

 

 

ユーレカレモンの苗販売のお知らせ

 

ユーレカレモン

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136889946

 

ユーカレレモンは香りが強く、たっぷりの果汁が魅力となっています。 アメリカ・カリフォルニアだけでなく、多くの国で栽培されています。 四季咲き性が強く、豊産ですが、耐寒性は‘リスボン’より弱いです。 リスボンレモンよりもトゲや種が少ない品種です。

和名: ユーレカレモン
英名: Eureka Lemon
学名: Citrus limon

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 青い実のうちに収穫し、暗い場所で保管してください。 綺麗なレモンカラーになります。 皮ごと食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
一般的に流通しているレモンと同様に利用してください。

 

姫レモンの苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

姫レモンの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136889485

 

姫レモンはなんと「オレンジ色」のレモンで、果実はライムよりも小ぶりで、外皮は山椒のような香りがします。 姫レモンは栽培面積数も少なく、レアなレモンとして話題となっています。 果汁もたっぷり含まれており、さまざまな用途で楽しめる品種です。

姫レモンはリスボンレモン等と比較すると、酸味はマイルドとなっていますが、レモン本来の酸味がしっかりと凝縮されています。 レモンの酸味が苦手な方にはピッタリな品種となっています。

和名: 姫レモン
英名: Hime Lemon、Rangpur Lime
学名: Citrus reticulata x medica

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 オレンジ色になってから収穫し、暗い場所で保管してください。 皮も食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
焼き魚のアクセントやサラダのドレッシング、ジュースといった食べ方がおすすめです。 外皮は独特な香りを楽しむ事ができます。 皮を刻むとトッピングやお菓子といった菓子類に向いています。

 

マイヤーレモンの苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

マイヤーレモンの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136887455

 

マイヤーレモンはアメリカ西部の家庭果樹として栽培されている品種です。 一般的な品種よりも酸味が少なく柔らかな風味でジューシーです。 精油にチモールが含まれているので、タイムのようなスパイシーな香りがあります。 耐寒性・耐暑性が比較的高く、トゲも無いので育てやすい品種です。 

レモンは寒さにやや弱いのですが、暖地と太平洋側の一般地なら露地栽培できます。 花の香りもよく、庭木として鑑賞用に使っても素敵です。 

和名: マイヤーレモン
英名: Meyer Lemon
学名: Citrus meyerii

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 青い実のうちに収穫し、暗い場所で保管してください。 綺麗なレモンカラーになります。 皮ごと食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
皮が薄くて香り高く、それでいて果汁が多いため、皮ごと絞る朝の生野菜ジュースに向いています。 料理、お菓子作り、ジャム、はちみつレモン等がオススメです。

フジバカマの苗(3号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

フジバカマの苗販売

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136632231

 

 

原産は中国ともいわれていますが、万葉の昔から日本人に親しまれています。 秋の七草の1つであることでも知られています。 8〜10月には散房状に白く淡い紫紅色の小さな花をつける。

赤い品種(Eupatorium × arakianum)は、サワフジバカマと呼ばれ、フジバカマとサワヒヨドリの雑種です。

和名: 富士袴、(白)フジバカマ、(赤)サワフジバカマ
英名: Tall Thoroughwort
学名: (白)Eupatorium perfoliatum、(赤)Eupatorium x arakianum

原産国: 京都府
形態: キク科ヒヨドリバナ属、多年生植物
草丈: 60〜100cm
ポットサイズ: 3号ポットに1株、15〜cm 
栽培期間: 3〜4ヶ月
適正土壌pH: 6〜7
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
耐寒温度: -10℃
耐暑温度: 40℃
株間: 10〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

■定植
2〜3月が適期です。 根鉢を崩さないように植え付け、株元に土を寄せて軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。

■水やり
水切れするとひどく傷みます。 鉢植えは水切れしないように、雨が降っている日以外は毎日水やりをするか、浅く腰水にしてください。 庭植えでは3日以上雨が降らず、夕方でもしおれているようであれば十分に水やりをします。

■切り戻し
大きくなりすぎそうな場合や、草丈を抑えたい場合は、5〜6月に株の1/3〜1/2ほどを残して切り戻してください。 切った枝はさし芽に利用できます。

■増やし方
株分け:植え替えと同時に行います。周囲をほぐしたあと、根鉢ごと1/3〜1/2に切り分けます。
さし芽:5月から6月に、茎の先端をさし穂に使う天ざしをします。

【利用方法】
しっとりとした心地が良いラベンダーのような香りが特徴です。 花の部分を採って、エキスを抽出してから自然の香水としても利用されています。 匂いをかぐとモテるなどとも云われます。 蝶々のオスはフジバカマの花蜜から得た物質を原料としてメスを引き付けるフェロモンを出します。

生草のままでは無香ですが、ドライフラワーにするとその茎や葉に含有されているクマリン配糖体が加水分解されて、オルト・クマリン酸が生じるため、桜餅の葉のような芳香を放ちます。
 

瑠璃姫(斑入りノブドウ)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

瑠璃姫(斑入りノブドウ)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136425433

 

斑入り野ブドウの中でも実付きが良い品種です。 晩夏から初秋には色とりどりの実が付きます。 2年枝に開花結実しますが、隔年結実の傾向がありますので適宜摘果してください。

和名: 瑠璃姫、斑入りノブドウ、アンペロプシス
英名: Porcelain Berry、Amur Peppervine、Wild Grape
学名: Ampelopsis glandulosa

原産国: 奈良県
形態: ブドウ科ノブドウ属、落葉低木
ポットサイズ: 3号ポットに1株、20cm 
種別: 実生苗
樹高: 2〜5m
株間: 2〜4m
pH: 8〜9
ベランダ栽培: 可能
受粉株: 不要(雌雄同株)
定植時期: 4〜5月
耐寒温度: -15℃
耐暑温度: 40℃
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる環境、土壌
日当たり・排水が良い場所が適しています。 ポット栽培もアップでもダウンでも対応します。

■水やり
乾燥には強い品種なので、水は少なめで構いません。 夏〜秋にかけて毎日たっぷりお水をあげてください。 落葉してからは週に1回程度で問題ありません。

■肥料
肥料は夏場は控えめに、秋から晩秋に与えて下さい。

■冬越し
寒さには強いので、防寒対策は必要ありません。

■増やし方
挿し木(土挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
観賞用

 

グアバの苗(3号ポット、35cm)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

グアバの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=136036826

 

 

グアバは、主にハワイやオーストラリアで商業栽培されてる熱帯フルーツです。 原産地の熱帯アメリカでは紀元前800年頃から食されているといわれています。 ビタミン豊富な実は「熱帯のリンゴ」とも呼ばれジューシーなトロピカルフルーツとして有名です。 

熟すと麝香(じゃこう)のような香りがします。 葉に含まれる成分プロアントシアニジンは高血圧や糖尿病などに効果があるとされ、グアバ茶としても利用されます。

和名: グァバ、グヮバ、グワバ
英名: Guava 
学名: Psidium guajava

原産国: ハワイ州・アメリカ > 藤沢市で育苗
形態: フトモモ科バンジロウ属、常緑小高木
樹高: 1.5〜2m
出荷サイズ: 3号ポットに1株35〜cm
種別: 実生苗 *3年生
自家結実性: 雌雄同株
収穫までの期間: 2〜3年
葉張り: 50〜90cm
ベランダ栽培: 剪定をすれば可能
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 35℃
収穫: 8〜10月
株間: 50〜70cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
以下のサイトが充実しています。
参考サイト:
http://tropikalfruit.net/plantguide/guava.html

月下美人の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

月下美人の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=135408886

 

 

真夜中に美しい花をつけることから月下美人と名付けられました。 昭和天皇が皇太子時代の1932年に台湾を訪問された際に、「この花の名は?」と質問をなされ 、隣におられた時の台湾総督が 「月下の美人です」と答えられたことから この名が定着したともいわれていわれています。 

夏の夜、強い香りがある白い大型の花を開き、数時間でしぼむので 花が見れるチャンスが少ない月下美人の最大の特徴です。 サボテンのような月下美人ですが、花はこの世の中でベスト3に入るかもしれない美しさです。 花色が白で無ければ孔雀サボテンです。 月下美辞人の花色はクリーム色又は白色の花で、まず花色が白以外は月下美人ではありません。

和名: 月下美人
英名: Dutchmans Pipe Cactus、A Queen of the Night
学名: Epiphyllum oxypetalum

原産国: 台湾 > 神奈川県で育苗
形態: サボテン科クジャクサボテン属、常緑多肉
草丈: 1〜2m
ポットサイズ: 3号ポットに1株、15cm
栽培期間: 1年〜日
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 27℃
栽培可能地域: 日本全国
ポット栽培: 可能(5号ポット以上)
株間: 30〜80cm
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
11〜4月は、日当たりのよい室内に置いてください。 日によく当てることで花芽がつきやすくなるので、5〜6月は戸外の日なたで直射日光に当ててください。 少し葉が黄ばむくらいにするとよく花芽がつきます。 梅雨明けから9月中旬の日ざしが強い時期は、葉焼けを防ぐために、戸外の半日陰に移動させ、日中の直射日光を避けてください。 再び9月中旬から10月は、しっかり日に当ててください。

用土は水はけのよい土(赤玉土5、鹿沼土2、腐葉土3の配合土など)を好みます。

■水やり
5〜10月は、用土の表面が乾いたらたっぷり水を与えてください。 11〜4月は、用土の表面が乾いて数日待ってから、少量の水を与えるようにし、乾かし気味に管理します。

■肥料
チッ素分の多い肥料を施すと花芽がつかず、茎葉ばかりが茂ってしまうので、リン酸分やカリ分に富んだ肥料が向いています。 4〜9月は緩効性肥料(N-P-K=8-12-10)を、10月には液体肥料(N-P-K=6-10-5)を施しましょう。なお、さし木でふやした苗には、水と肥料を多めに施して、茎葉の成長を促してください。

■切り戻し
9月に、枯れた茎葉や伸びすぎた部分を切り取って姿を整え、室内に取り込む際に邪魔にならないように切り戻してください。 株が大きくならないと咲きにくいので、切り戻しは最小限にしてください。 棒状に長く伸びた徒長枝は邪魔になりますが、その先に平たくなった茎葉を出して、そこに多くの花を咲かせるので可能であれば残してください。

■冬越し
寒さには弱いので、霜が降りる前に室内に取り込む必要がありますが、乾かし気味に管理すれば0℃近くまで耐えます。

■増やし方
挿し木で簡単に増やせます。 適期は5〜9月です。 赤玉土や鹿沼土など、清潔で肥料分が少なく水はけのよい用土を使い、2〜3節に切り分けるか、あるいは30cm程度の茎をそのままさします。長い茎ならさしたあと、早く成長します。

■利用
観賞用

【納期】
2〜8日以内に発送します。

12345>|next>>
pagetop