September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

セイロンシナモンの苗(3、4号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

セイロンシナモンの苗

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=150180354

 

一般的に、「シナモン」とうのはスリランカ産の「セイロンシナモン」のことです。 多く出回っているシナモンの名前で出荷されているのは実はカシア(チャイニーズシナモン)で、アジア諸国で栽培されています。 セイロンシナモンはカシアシナモンの倍以上の値段がします。 

なお「ニッキ」は「シナシナモン」を乾燥させたものを指します。 セイロンシナモンの方がマイルドな香りで、カシアは濃厚などっしりとした甘い芳醇な香りです。 ニッキはまた少し違った、キリッとしまった強い辛味です。

セイロンシナモンの種子は以下で販売しています。
https://www.marcheaozora.com/?pid=113496315

和名: セイロンシナモン
英名: Ceylon Cinnamon
学名: Cinnamomum zeylanicum (Cinnamomum verum)

原産国: ガル・スリランカ > 神奈川県で育苗
形態: クスノキ科ニッケイ属、常緑樹
収穫: 3〜4年
草丈: 3〜15m
出荷サイズ: 3号ポットに1株10cm、4号ポットに1株20cm
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 不要(雌雄同株)
定植時期: 2〜3月
露地栽培: 関東以南の太平洋側
耐寒温度: 5℃ 
耐暑温度: 40℃
栽培適温: 25〜40℃
株間: 10〜20m
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
栽培方法はシナニッケイと同じです。

■土壌、環境
用土は赤玉6:腐葉土4で配合してください。 露地植えの場合は、広くて日当たりのよい場所を選んでください。

■水やり
水切れを起こすと株が弱るので、特に夏はたっぷりと水を与えてください。 

■肥料
成長がゆっくりしているので、肥料はそれ程必要ありません。 5〜7月に固形肥料を少量与えてください。

■剪定
春に、冬の間に傷んだ枝を切り落としてください。 大きく育ちすぎ、樹形が乱れた時は思い切った切り戻しが必要です。 大きくしたくないときは、毎年育った分だけ切り戻し剪定を行います。

■冬越し
秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力は増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。 雪が1m以上あるところは、プチプチで巻く等して防寒対策が必要です。

■増やし方
挿し木で増やすのがとても簡単です。

【収穫】
幹が直径2cm以上になれば皮を剥いで収穫可能です。 採種が可能になるまでには4年必要です。

【利用】
スパイスとして

キャッサバ(マニホット)の挿し枝販売のお知らせ

 

キャッサバ(マニホット)の挿し枝

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=150240319

 

キャッサバ芋は世界中の温暖な土地で栽培されています。 塊茎は有毒ですが、毒抜きされて食用に利用されます。 この塊茎からつくられたデンプンがタピオカで、食用や工業用としてさまざまに利用されます。

和名: キャッサバ、カサーバ、イモノキ、マニホット
英名: Cassava
学名: Manihot esculenta
品種: ブラジル産Ache

原産国: ブラジル > 沖縄県
形態: トウダイグサ科イモノキ属、常緑低木
収穫までの期間: 10か月
植え付け: 3〜6月
指し枝: 1cm x 18cm
発芽率: 99%
発芽適温: 20〜27℃
樹高: 1〜2m
受粉樹: 不要
鉢植栽培: 不可能
露地栽培: 鹿児島以南、小笠原諸島
株間: 1m
生育温度: 20〜40℃
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 50℃
連作障害: 2年毎に植え替えてください。
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■環境、土壌
水はけのよい日なたを好みます。 日光不足になると徒長気味に生育し芋も太りません。

元肥は特に必要ありません。 プランター・鉢栽培は不可能です。 気温が15℃以下になれば成長が止まります。 15℃以下になる場所ではハウス栽培が可能ですが、芋は大きくなりません。

■芽出し
高畝にして、垂直に10cm程度埋めてください。

■水やり
不要です。 植え付けの際も水やりは不要です。 全く雨が降らずに地上に出ている木の部分が枯れてしまっても、地中に埋まっている部分は休眠状態になります。 水が多過ぎると病気になります。

■肥料
不要です。 痩せている圃場のほうが成長が良いです。

■収穫
植え付けから10か月後に収穫してください。 キャッサバの1つの苗から5〜10kgキロ収穫出来ます。 (10アールあたり、500〜1,000kg)

■増やし方
挿し木で増やしてください。 収穫時に取った枝を使ってください。

■利用
観賞用、食用。 キャッサバの根には、シアン化合物という有毒成分が含まれており、生のままでは食べられず、食用にするためには毒抜きの処理が必要です。 キャッサバのレシピはクックパッド等で紹介されています。

 

アーモンドの苗(4L号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

アーモンドの苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=146593519

 

熟していない実は渋くて苦みがあるが、熟すとその食感はパパイアのようで、味はまさにチョコレートプリンのようです。 また、ビタミンCも豊富でオレンジの4倍以上も含まれており、カルシウムとリンなどの栄養素を含むヘルシーな果物です。 実の大きさは10cm程度です。

和名: アーモンド
英名: Almond Tree
学名: Prunus dulcis
品種: Nonpareil(ノンパレイユ)

原産国: モスタ・マルタ島 > 神奈川県で育苗
形態: バラ科サクラ属(モモ属)、落葉高木
結実年数: 2〜3年
種別: 実生苗 *3年生
樹高: 4〜10m
出荷サイズ: 4ロングポットに1株、70cm〜
pH: 8〜9
ベランダ栽培: 可能
受粉株: 不要
定植時期: 3〜4月
栽培適温: 22〜35℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 45℃
株間: 10〜20m
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【受粉について】
花が咲くまで2〜3年程度かかります。 1本でも結実しますが、実が付きにくいので、最低2株必要です。

【栽培方法】
一般的なアーモンドの栽培方法と同じです。
参考サイト: 
https://lovegreen.net/growing/p49296/

■育てる場所・土
日当たりのよい場所であれば、土質は選びません。 日本の梅雨の時期に根腐れを起こしやすいので、水はけを良くしてください。

■定植
定植の適期は3〜4月です。 翌年まで室内で管理してください。

■水やり
20cmの高さになるまで、土の表面が乾いたら水を与えてください。 若干乾燥気味な程度が丁度良いです。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■肥料
開花結実するようになったら、年3回、施肥してください。 1回の肥料は控えめにし、まず、寒肥として12月に粒状肥料を適量与えてください。 追肥として3月と8月に粒状肥料を株のまわりに与えてください。

■梅雨越し
梅雨時期は、多量の雨で根ぐされを起こす可能性がありますので、鉢やプランターは軒下に置くなどしてください。 室内に入れずに、年中、屋外で栽培していただいて問題はありません。 冬場に氷点下になるなど寒すぎる場合は、室内での栽培をお勧めします。

■越冬
霜が降りるような場所では、プチプチや布を巻いて越冬してください。

■植え替え
アーモンドは目安として2〜3年で植え替えをしてください。 木を大きくしたい場合は一まわり大きな鉢に植え替えてください。 木を大きくしない場合は1/3くらい根を切りつめて、そのまま鉢に植え戻して下さい。

ムユウジュ(無憂樹)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

ムユウジュの苗

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=147155371

 

ムユウジュは紀元前5世紀(一説に紀元前6世紀)にサーキヤ(Sakiya)族の国王の長男として生まれたゴータマ・シッダールタ、後のブッタ。 懐妊中の母マーヤーが現在のネパール国にあるルンビニーで、この木の花を見て右手でひと枝折ろうとした時に、右脇腹から生まれたという言い伝えのある木です。 

インド〜東南アジアに自生し、庭園樹として愛用されています。 インド、ミャンマー、タイの寺院にはこの木の並木が多いです。 オレンジとイエローの花がありますが、オレンジが主流です。

仏教三大聖樹(無憂樹、沙羅双樹、印度菩提樹)の一つです。 
無憂樹 (マメ科): 釈迦が生まれた所にあった木
印度菩提樹 (クワ科): 釈迦が悟りを開いた所にあった木
沙羅双樹 (フタバガキ科): 釈迦が亡くなった所にあった木

種子は以下で販売しています。
https://www.marcheaozora.com/?pid=118429060

和名: ムユウジュ、無憂樹、無憂華、無憂花、阿輸迦の木、阿輸迦樹
英名: Asoka Tree、Sorrowless Tree
学名: Saraca asoca (Saraca Indica)

原産国: ラホール・パキスタン > 神奈川県で育苗
形態: マメ科サラカ属、落葉中木
樹高: 5〜8m
出荷サイズ: 4号ポットに1株、30cm〜
結実性: 雌雄同株
ベランダ栽培: 不可能
露地栽培: 静岡以南、太平洋側
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 45℃
株間: 3〜7m
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■育てる場所・土
土壌は特に選びません。 日当たりのよい場所を好みます。 日陰が苦手なので、注意してください。 非常に大きくなりますので、定植する場所は吟味してください。 霜が降りる回数が多い場所では室内、温室ハウスで栽培してください。

■芽出し
1) 種を水に24時間程度入れてください。
2) 種を1粒蒔いたら、土を1〜2cm程度被せてください。 23℃以下では発芽しません。
3) 発芽するまで土が常に湿っている状態ににしてください。  

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにあげてください。 1mの高さになれば乾燥にも強くなります。

■冬越し
霜が降りる場所では、プチプチを巻いたりして防寒してください。 大き目の鉢に植えて、冬場は室内で保管することをオススメします。 ある程度の大きさになって、幹が木質になったら0℃までの耐寒性がつきます。

■手入れ
成長が遅いので、基本的に剪定の必要はありません。 丈夫なので、太い枝の部分まで刈り込んでも芽吹きます。 強い剪定をしたから枯れるということもありません。

■開花
2〜3年目から花が咲きます。

■増やし方
種から増やしてください。

アボカド(ハス)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:オーガニック

 

アボカド(ハス)の苗

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=144870180

 

アボカドは「森のバター」とも言われていて、カリフォルニアロール(巻き寿司)では欠かせない食材となっています。 豊富な油分を含み、100gm当たりの栄養価はバナナの約2倍あります。 「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックにも登録されています。 日本に流通するアボカドの9割はハス(Haas)で、未成熟のアボカドほ輸入されています。 木で熟成させて収穫するほど旨味や食感が良くなるので、家庭菜園にぜひチャレンジしてください。

ハスはAタイプですが、Bタイプの品種を接いで台木としても転用出来ます。

アボカドは同じ花の中にオスとメスの機能が備わっている両性花です。 実付きを良くするため、AとBタイプの苗を一緒に育ててください。 Aタイプは午前中に開花して、雌花ステージになった後、午後に花弁を閉じ、翌日の午前に再び開花します。 午後に雄花ステージになり花粉を放出します。 Bタイプは午後に雌花ステージとなり、夜に花弁を閉じ、翌朝再び開花して雄花ステージとなり花粉を放出します。
【Aタイプ】
1日目: 
午前 メス
午後 閉じる

2日目:
午前 開花
午後 オス > 夜閉じる

【Bタイプ】
1日目: 
午後 メス > 夜閉じる

2日目:
午前 開花 > オス
午後 閉じる

和名: ハス・アボカド
英名: Haas Avocado
学名: Persea americana
品種: ハス(Haas)、Aタイプ
系統: グアテマラ系
樹形: 開張性
果実重: 200〜300gm

原産国: 神奈川県で育苗
形態: クスノキ科ワニナシ属、常緑高木
樹高: 20〜30m
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: AとBタイプを一緒に育ててください
収穫期: 2〜3年
定植時期: 3〜9月
利用: 生食、ジュース、缶詰、アイスクリーム
露地栽培: 鹿児島以南
pH: 6〜7
鉢植え: 10号以上
種別: 実生苗
出荷サイズ: 20、40、60cm
ポット: 4号ロング
栽培適温: 20〜30℃
耐寒温度: -2℃ 
耐暑温度: 45℃
株間: 10m
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
アボカドの栽培には覚えるコツが多いので、必ず教科書を購入してください。
アボカド―露地でつくれる熱帯果樹の栽培と利用 (新特産シリーズ)
ISBN-10: 4540061925

■育てる環境・土壌
水はけが良い土を好みます。 10号以上鉢に市販の培養土に赤玉土大粒等を入れてください。

■定植
3〜10月定植してください。 根が弱いので、根を傷つけないように土を十分につけたまま植え替えをしてください。 80cmまでなら4Lポットで対応可能です。 新芽が出るまで半日陰で管理してください。

■水やり
アボカドの栽培には、大量の水が必要です。 土の表面が乾いたら水を与えてください。 夏場は1日に2回与えてください。

■人工授粉
アボカドは結実する確率が低いので、人工授粉してください。 花粉が出ている雄花ステージの花を、柱頭が出ている雌花ステージの花に付けて受粉させてください。 品種が異なるA品種のオスの花粉をB品種のメスの柱頭に受粉させても交雑しません。

■冬越し
気温が0℃以上ある環境なら常緑です。 -2℃まで耐えますが、風が強い場所では枯れますので、プチプチ等を巻いて防寒対策をしてください。 秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力が増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。

■増やし方
取り木、種から増やせます。

■収穫
皮の色が黒っぽくなったら収穫してください。

鬼女蘭(キジョラン)の苗(4号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

鬼女蘭(キジョラン)の苗(4号ポット)

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=147142172

 

関東以西、四国、九州、沖縄などの山の木陰に自生しています。 ランの名がつくがラン科ではありません。 以前はガガイモ科でしたが、2014年以降キョウチクトウ科に含められました。 整ったハート型の葉は常緑で、表面には強い光沢があります。 キジョランの花は小さいですが、果実はかなり大きく、長さ13cmで洋なしのような形をしています。 果実が割れて独特の方法で種を放出します。

キジョランは、長距離を旅するチョウとして有名なアサギマダラの幼虫の食草としても知られています。

和名: 鬼女蘭、キジョラン
英名: Marsdenia Tomentosa
学名: Marsdenia tomentosa Morr. et Decne

原産国: 長野県
形態: キョウチクトウ科キジョラン属、つる性の多年草
草丈: 50〜110cm
出荷サイズ: 4号ポットに1株、12cm〜
栽培期間: 6〜8ヶ月
適正土壌pH: 6〜7
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 25℃
栽培可能地域: 関東以南
ポット栽培: 可能
株間: 15〜20cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 1

【栽培方法】
■環境、土壌
日当たりと水はけの良い場所を好みます。 肥料も特に必要ありません。

■水やり
乾燥には強いので、露地栽培の場合には気にすることはありません。

■採種
花の後には、長さ3センチくらいの豆果(莢の中に種子が入るもの)をつけます。 種飛ばしに注意してください。 豆果が茶色くなってきたら、袋を被せて種をキャッチ出来るようにしたほうがベターです。 こぼれ種からも次の年に芽が出ます。

【利用方法】
観賞用、アサギマダラの幼虫のエサとして。

ノニの苗(5号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

ノニの苗(5号ポット)

 

購入リンク:

https://www.marcheaozora.com/?pid=147156143

 

ノニはインドネシア原産の熱帯植物です。 現地では、日除けとして各家庭に1本のノニの木を植えています。 

ノニの果実は大きさが10cm〜23cmほどで、果皮は薄緑色で表面に斑点があります。 熟すると白くなり異臭を放ちます。 果実の中は空洞になっていて海水に浮かび海を渡って広い範囲に散布されるようです。 ノニの花は大きさが1cm位で白く1つの実に40〜50ほど花が咲きます。

東南アジアでは、ノニ果実や葉は食用、医薬品に、ノニの樹皮や根は染色に利用されています。 日本では根を染色材料として利用されていますが、近年では果実、葉を用いた「健康食品」と業者が謳っているものが出回るようになっています。

【ノニの有用成分】
ノニの果実には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、 驚くほど多彩な栄養素が含まれます。 これが「奇跡のフルーツ」と言わしめる源です。 ノニの果実に含まれる栄養素は何と140種類以上で、ロイヤルゼリーよりも3倍も多くの栄養素を含んでいます。

和名: ノニ、ヤエヤマアオキ
英名: Noni、Indian Mulberry、Great Morinda
学名: Morinda citrifolia

原産国: バンドン・インドネシア
形態: アカネ科ヤエヤマアオキ属、常緑小高木
草丈: 2〜10m
出荷サイズ: 5号ポットに1株、15cm〜
結実性: 雌雄同株
ベランダ栽培: 剪定すれば可能
耐寒温度: 8℃
耐暑温度: 35℃
株間: 5〜10m
連作障害: なし
栽培難度: Level 2

【栽培方法】
■育てる場所・土
肥料は小さいうちは種の栄養で育ちますから、必要ありません。 大きくなってからで大丈夫です。 30cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢に植え替えをして新しい土と肥料をあげて下さい。 その際、根っこを傷つけないように土をつけたまま植え替えをするようにお願いします。 また、高さが大きくなったら先端を切り、高さを調節してください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにします。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えましょう。

■冬越し
室内の暖かく明るい場所で管理し、冬は水を極力控えてください。 葉は落ちますが、冬越しでき、春になるとまた新しい芽が出てきます。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
ノニはフルーツとしてより健康食品として知られるようになりました。 主に「ノニジュース」や「ノニ茶」として飲まれています。 独特の強烈な臭いがあり酸味・渋味・苦味もあるので生食される事はレアです。 アミノ酸やミネラル・ビタミンが豊富で健康に良いとされています。 鎮痛作用・抗菌作用・血圧安定化作用・免疫強化・精神安定などの作用があるとされます。

クミスクチン(キャッツウイスカー、ネコノヒゲ)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:ハーブ

 

クミスクチン(キャッツウイスカー、ネコノヒゲ)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=144760404

 

インド〜オーストラリアの海岸部に分布しています。 花びら自体は目立ちませんが、長く伸びた雄しべと雌しべが上向きにネコのひげのように見えることからネコノヒゲと呼ばれています。 春〜秋咲きですが、一年を通して暖かい環境では年中開花します。

日本には当初、薬用植物として導入されました。 葉に利尿作用や血圧を下げる効果のある成分を含み、「クミスクチン茶」の名前で健康茶の一種として出回っています。

和名: クミスクチン、キャッツウイスカー、ネコノヒゲ
英名: Cat's Whiskers、Java Tea、Kidneys Tea Plant,、Misai Kuching
学名: Orthosiphon aristatus

原産国: 神奈川県
形態: シソ科オルトシフォン属、非耐寒性多年草
草丈: 40〜60cm
出荷サイズ: 1株/ポット
ベランダ栽培: オススメ
生育適温: 10〜30℃
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 35℃
株間: 10〜15cm
連作障害: なし
栽培難度: Level 3

【栽培方法】
■育てる場所・土
一般的な腐葉土で問題ありません。 葉が固くなるので、夏場は半日日陰で育ててください。

■水やり
高温の環境を好みますが乾燥が苦手で、水切れさせると生育が極端に衰えます。 鉢植えで育てているものは夏、特に乾きやすいので水やりに気を付けてください。 地植えも、乾燥するようなら水やりを行います。

生育期間中は肥料を切らさないように与えてください。 

■肥料
肥料を与える時期は4〜6月、8〜9月で、液体肥料や化成肥料を2週間毎に与えてください。

■鉢替え
生育が旺盛なので、プランターやポットで栽培する場合は、根が下から出てきたら植え替えてください。

■増やし方
6、9月に挿し木で増やしてください。 4月の植え替え時に株分けで増やすことも出来ます。

■越冬
冬越しは室内の日の当たる場所で管理してください。

 

ジャンボレモン(ポンデローザ)の苗販売のお知らせ

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

ジャンボレモン(ポンデローザ)の苗

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=144675887

 

ジャンボレモンは柚子とレモンが自然交雑して生まれたのではないかと考えられています。 フルーツの形は巨大なレモンのような感じで、全体に縦長の卵型で、頭の部分が少し絞ったようになっています。 大きさは直径10〜13cm、高さ15〜20cm、重さは800〜900gm程度になります。 果皮の色は明るいレモンイエローでレモンの良い香りがします。

和名: ジャンボレモン、ポンデローザ
英名: Jumbo Lemon
学名: Citrus limon cv. Ponderosa

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -4℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 青い実のうちに収穫し、暗い場所で保管してください。 綺麗なレモンカラーになります。 皮ごと食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

【レシピ】
皮が薄くて香り高く、酸味がややマイルドなので、ジュースにしたり果実酒にも利用できます。 料理、お菓子作り、ジャム、はちみつレモン等がオススメです。

サイパンレモン(グリーンレモン)の苗(3号ポット)販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

サイパンレモン(グリーンレモン)の苗(3号ポット)販売

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=144520104

 

大きく丸みのある形をしたレモンです。 木の栄養状態等によっては実は大変大きくなります。 マイヤーレモンの系統で、栽培しやすい品種です。 マイヤーレモンはレモンとスイートオレンジの自然交雑によって生まれたとされています。 四季なり性で、花つきが良く多果性です。 9月ころから収穫でき、糖度が高くまろやかな風味です。 果皮が緑色のうちに利用するので別名グリーンレモンとも呼ばれます。 花は薄ピンクの蕾から白いかわいい花が咲き、観賞用にもおすすめです。 花の香りもよく、庭木として鑑賞用に使っても素敵です。

和名: サイパンレモン、グリーンレモン、島レモン、キクチレモン
英名: Saipan Lemon
学名: Citrus meyerii 'kikuchi'

原産国: 神奈川県
形態: ミカン科ミカン属、半耐寒性常緑樹
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜3m
サイズ: 3号ポットに1株、10cm *挿し木苗
葉張り: 1〜2m
ベランダ栽培: オススメ(8号ポット以上)
耐寒温度: -3℃
耐暑温度: 40℃
株間: 2〜3m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。 あまり雨が当たらない場所にしてください。

■定植
10月中旬〜5月下旬が適期です。 日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで定植してください。 定植してから2〜3年目で結実します。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。  真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
3月と12〜1月に根元に有機肥料などを施してください。

■剪定
3月はじめ、芽が動き出す頃が適期です。

■収穫
収穫時期は10〜11月中旬です。 オレンジ色になってから収穫し、暗い場所で保管してください。 皮も食べることが出来ます。

■冬越し
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。 冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。 寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。 冬は寒風にあてないようにご注意ください。

■増やし方
挿し木で増やすのが簡単です。

■収穫
青い実のうちに収穫し、暗い場所においてきれいなレモンカラーにしてください。

【レシピ】
焼き魚のアクセントやサラダのドレッシング、ジュースといった食べ方がおすすめです。 外皮は独特な香りを楽しむ事ができます。 皮を刻むとトッピングやお菓子といった菓子類に向いています。

12345>|next>>
pagetop