March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エルサレムチェリー(タマサンゴ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

エルサレムチェリー

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114780299

 

20〜30cmでこんもりと茂るので、鉢植えにしてオーナメントとして人気があります。 

【注意】
オレンジや緑の真ん丸い実がなります。 色鮮やかでかわいらしく、美味しそうにも見えますが、この実には毒があり、口にすると中毒を起こします。 絶対に食べないでください。 子供やペットがいる家庭では絶対に手の届かないようにしてください。 

和名: エルサレムチェリー、玉珊瑚、タマサンゴ、フユサンゴ、ウィンターベリー
英名: Jerusalem Cherry、Winter Cherry
学名: Solanum pseudocapsicum

原産国: カリフォルニア州。アメリカ
形態: ナス科ナス属、非耐寒性常緑低木
樹高: 20〜30cm *稀に2mを超えます。
種まき: 3〜4月
発芽温度: 15〜27℃
発芽率: 76%
pH: 5〜6
受粉樹: 不要
用途: 観賞用
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 3〜4m
生育温度: 20〜30℃
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 35℃
連作障害: あり
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
半日陰でも育ちますが、日光が少ないと花つきが悪くなり、引いては実付きが悪くなります。 春〜秋に掛けては必ず日当たりで管理してください。 

適用能力があるので、一般的な家庭菜園用の土で十分です。

■芽出し
覆土は1cm程度にして播種してください。

■水やり
通常のトマト(ナス科)のように水をあげてください。 春や秋は土が乾いていたら、夏は毎日朝と夕方の2回たっぷりとあげてください。 土が濡れているようであれば大丈夫です。 あまり長期間ジメジメとしている状態が続くと根が腐って枯れることがあります。  

過湿にすると根腐れしますが、実がなって以降は乾燥させると実が落ちたり、そのまましぼんだりしますので、乾燥させすぎないように気を付けてください。 

■肥料
葉の色が薄く、黄色くなってきたら肥料切れの可能性があります。 通常の植物よりも肥料を喰うので、生育期には、月に1回、緩効性化成肥料をやるか、1週間に1回液肥をあげてください。 冬に葉っぱの色が黄色く変色してきたら、寒さ・日光不足を疑ってください。

■植え替え
ポットで栽培する場合には根が窮屈になってきたら、1サイズ大きいポットに移植してください。 5号ポット→6号ポット

■越冬について
冬の間は室内で管理してください。 南関東以西・以南であれば戸外でも越冬可能です。 寒冷地では冬は室内の日当たりで管理してください。 春にまた茂り始め、夏に開花、その花に秋(10月〜12月)には実がなります。

■連作障害について
連作障害が顕著に出る品種です。 3年くらいで株が弱って消えてしまいます。 これは庭植えしても鉢植えしても同じです。 しかも植え替えに弱く、移動させると株が弱ります。 しかしこぼれダネで増えますで、庭植えすれば繁殖場所を移動しながら毎年観賞出来ます。 

庭植えをする場合は、他のナス科の植物と連作障害を起こしますので、2年以内にナス科の植物を植えた場所には植えないようにしてください。 

【利用】
観賞用として。

ニューバルビシアーナバナナの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:バナナ栽培

 

ニューバルビシアーナバナナ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114779305

 

バルビシアナ系は食用バナナの原種として知られています。 ニューバルビシアーナは2016年に発見された新しい品種です。 既存のバルビシアーナバナナと似ていますが、種のサイズと容姿が異なります。 商用栽培されている食用バナナの中では耐寒性が強いほうです。 成長が早く、生命力が旺盛です。 

和名: ニューバルビシアーナバナナ
英名: New Balbisiana Banana
学名: Musa balbisiana "Balbisiana"

原産国: ベティア・インド
形態: バショウ科ムサ属、常緑低木
種まき: 3〜4月
発芽温度: 15〜25℃、2〜8週間
発芽率: 87%
pH: 5〜6
樹高: 4〜6m
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 2年
受粉樹: 不要
用途: 生食、ジャム、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 1〜2m
生育温度: 昼間30〜35℃、夜間15〜20℃
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
室内の温度管理に問題が無ければ、何月に播種しても大丈夫です。

■芽出し
1) 種子を水で洗う。
2) 48時間お水またはぬるま湯に浸ける。
3) ポットに種まき用土などを入れる。
4) 種子を蒔いて1cm程度軽く土をかけ、土を適度に湿らせてください。
5) 30℃前後の場所に置いてください。
6) バナナは発芽まで2〜8週間かかります。 発芽したら根が短いうちにポットへ移植してください。

*移植のときは、根が傷つかないようにしてください。
*幼苗の間は、乾燥に非常に弱いので、常に土が湿った状態にしてください。
*苗が20cm程度になったら、日当たりが良い場所に移動させてください。

■土壌
用土は赤玉土(8):腐葉土(2)にして、水はけをよくしてください。

■水やり
高温多湿にするとぐんぐん成長します。 4月〜10月の成長期は乾いたらたっぷり水を与えてください。

■植え替え
根が窮屈になってきたら、1サイズ大きいポットに移植してください。 5号ポット→6号ポット

【越冬について】
1年目の越冬は要注意です。 株が大きくなれば耐寒性が増します。 年中部屋の中で栽培するほうが無難です。

テーブルゴールドかぼちゃの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:かぼちゃ

 

テーブルゴールドかぼちゃ

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114778568

 

金色になるので、ハロウィンやクリスマスのオーナメントとしても人気が高い品種です。 一人前の料理にお手ごろなサイズですので、詰め物にして調理しても美味しい品種です。

和名: テーブルゴールドかぼちゃ
英名: Table Gold Squash
学名: Cucurbita pepo

原産国: オレゴン州・アメリカ
利用: オーナメント、食用
播種時期: 4〜6月
収穫時期: 播種後 90〜100日
遺伝子組み換え: 無し
採種権: オープンシードですのでご自由に採種、再販してください。
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なかぼちゃと育て方は変わりません。 乾燥には強い品種です。 1株から10〜15個程度が収穫出来ます。
参考サイト:
http://yasainosodatekata.com/sodatekata/miyasai/kabotya.html

【収穫のタイミング】
直径が15〜20cm程度になり金色になったら収穫してください。 乾燥した涼しいところに貯蔵してください。 収穫後は3ヶ月程度の保管(展示)も可能です。

 

スノーベリー(セッコウボク)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

スノーベリー

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114724577

 

真っ白い実を付ける前に、小さいピンクの花を咲かせます。 真珠の大きさの白い実が付くので、切り枝でも人気があります。

和名: スノーベリー、セッコウボク、雪晃木
英名: Snowberry
学名: Symphoricarpos Albus

原産国: マサチューセッツ州・アメリカ
形態: スイカズラ科セッコウボク属、寒性落葉低木
草丈: 1.5〜3m
露地栽培: 日本全国
種蒔き: 2〜5月
開花: 9〜11月
発芽適温: 18〜25℃
発芽率: 84%
耐寒温度: -15
耐暑温度: 30℃
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■土壌・環境
水はけが良く、日当たりが良い環境を好みます。 鉢やプランターに植える場合は赤玉土(小粒)2:腐葉土5:川砂3の割合で混ぜた土を使用してください。

■芽出し
1) 種を水に入れて、冷蔵庫に2日保管してください。
2) 覆土は1cm程度で播種してください。
10cmの大きさになるまで育苗してから定植させたほうがベターです。

■水やり
水やりは土の表面が乾いてからたっぷり与えてください

■肥料
少ない肥料でもよく育つ植物です。 植え付ける前に土にゆっくりと効く粒状の肥料を混ぜ込んでおいたら充分です。 追肥は開花中に様子を見ながら液体肥料を与えてください。

【利用】
庭木、生垣、公園樹、白い果実を花材に。 実は食用ではありません。

ストライプトトーガ(ナス)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

ストライプトトーガ(ナス)

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114722988

 

黄色い表皮に緑色の縞が入る可愛いらしいナスです。 サイズは5cmと小さめなので、オーナメントとしても使えます。

和名: ストライプトトーガナス
英名: Striped Toga Eggplant
学名: Solanum melongena

原産国: マテラ・イタリア
形態: ナス科カス属、一年草
栽培期間: 80日
種まき: 4〜6月
適正土壌pH: 6.2〜6.8
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 85%以上
草丈: 30〜40cm
栽培可能地域: 日本全国
プランター栽培: 可能(幅60cmなら3株)
株間: 30cm
収穫量: 300〜500gm/株
連作障害: あり。 5〜6年は同じ場所に作付け出来ませんが、接ぎ木苗で連作が可能。
栽培難度: ★

【栽培方法】
通常のナス栽培と同じです。 

参考サイト:
http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/kasairui/nasu.html

■収穫
緑色→黄色→オレンジ
と変色します。 黄色の時が食用としての収穫適期です。

【利用】
生食でも食べれます。 アフリカ茄子っぽい感じですが、苦味はありません。
 

カナディアンサービスベリー(ジューンベリー)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

カナディアンサービスベリー

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114687047

 

早春に5弁の白い花を咲かせるので豪快です。 フルーツは直径7-10mm程度で、6月頃に黒紫に熟します。 細かい種子を含みますが、種ごとジャムにして食べることも可能です。 6月(June)に収穫できるところから、ジューンベリーという名称がつきました。 地域によって様々な名称があります。

日本でも育てやすい種で、最近認知度が上がってきています。

和名: カナディアンサービスベリー、ジューンベリー、カラントツリー、シャッドブッシュ、シャッドブロウ
英名: Canadian Serviceberry
学名: Amelanchier canadensis

原産国: ニューファンドランド州・カナダ
形態: バラ科ザイフリボク属、落葉小高木
樹高: 1.5〜8m
種まき: 3〜5月
発芽率: 91%
発芽適温: 20〜26℃
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 4〜5年
受粉樹: 不要 *1本で結実します
用途: ジャム、ジュース、アイスクリームなど
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 50〜60cm
耐寒温度: -20℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
参考サイト:
http://sodatekata.net/flowers/page/457.html

■環境
日当たりの良い場所〜明るい日陰でよく育ちます。 果樹の中では日陰にはよく耐える方です。 強い乾燥が苦手なので西日の当たる場所はNGです。 開花期は雨に当てない方が方が実付きが良くなるので、鉢植えは屋根のある場所に移動させても良いです。

■土壌
水はけと水もちの良いやや酸性の用土を好みますが、さほど選ばなくてもよく育ちます。 庭植えは植え付ける前にピートモスを混ぜ込んでください。 鉢植えは赤玉土にピートモスを3割ほど混ぜた用土を用います。

■水やり
やや乾燥に弱いので、鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 地植えは一度根付いてしまうと特に水やりは要りません。

■肥料
肥料は芽を出す前、3月頃に化成肥料を施してください。 鉢植えは9月にも肥料を与えてください。 肥料はさほど多く与えなくても育ちます。

■仕立て方
放っておいたら8mになるので、株元から勢いよく伸びてくるシュートを1〜2本残して他は付け根から取り除くことをオススメします。 残したシュートは2/3ほど残して先端を切り落とし、ワキから枝を出させます。 2〜3年実を付けた枝は老化して実付きが悪くなるので短く切り戻し、新たに若い枝が出るようにしてください。

■冬越し
寒さに強いので、特に防寒は要りません。

■増やし方
挿し木で増やせます。 前年伸びた枝を3月に挿すやり方と、本年伸びた枝を6月頃に挿す方法があります。 また、取り木でも増やすことができます。

【利用】
生食でも美味しいですが、ジャムにするのが適しています。

ボナビーツの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:畑・ガーデニング

 

ボナビーツ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114599336

 

*** 日本初上陸の品種です。 ***

芯まで平均的に赤いのが特徴です。 F1なので発芽のタイミングやサイズが揃います。 小さいサイズで収穫しても、大きくなってから収穫しても味が変わらない品種です。

ビートの根にはビタミンCが多く含まれ、葉は鉄分が豊富です。 葉酸、水溶性と非水溶性の食物繊維と数種の抗酸化物質を多く含みます。 ビートはニンジンやスイートコーンよりも糖分を多く含むため、最も甘い野菜の一つです。 

欧米では一般的な定番野菜ですが、日本ではまだレアな存在です。 ロシア料理のボルシチの材料などに使われる高級食材です。

皮をむかずに茹でるか、アルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにすると美味しいです。 少し冷ましてから指でしごくと皮は簡単に剥けます。 火を通したテーブルビートはスライスしてバターを添えて食べたり、甘酢につけてピクルスにしたりすることが多い。 生の根は皮をむいてから粗くおろし金でおろし、サラダに入れることもできます 若い葉と茎はくせがなく食べやすく、ややホウレンソウと似ているのが特徴です。

遺伝子組み換えはしていません。
収穫された農作物を食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

【色】
Red

和名: ウォーダンビーツ、テーブルビート、ガーデンビート
英名: Wodan Beetroot
学名: Beta vulgaris "Wodan"

原産国: メッペル・オランダ
形態: アカザ科フダンソウ属、一年草
種別: F1
種まき: 3月下旬〜9月中旬
発芽適温: 15〜25℃
発芽率: 85%
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 25℃
生育温度: 15〜21℃
収穫: 60〜70日
pH: 5.8〜7.0
プランター栽培: オススメ
連作障害: あり *1〜2年空けてください
栽培難度: ★

【栽培方法】
一般的なテーブルビートと同じです。
参考:
http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/konnsairui/te-burubi-to.html

栽培方法はニンジンと非常に良く似ています。 夏以降から育てると、春蒔きと比べると害虫被害が少なく簡単なので、初心者の方は夏まきがおススメです。

・播種前に24時間水に浸してください。
・2℃以下になると生育が止まり、幼苗の時に10℃以下になると花芽ができ、高温で日が長くなると「とう立ち」してしまいます。
・種は直播きし、発芽するまでは用土を乾燥させないように水やりしましょう。
・間引いた後に根元に土寄せを行う事で根の緑化を防ぐことが出来ます。
・幼苗期の間引きは一度にたくさん行わず、徐々に間引いて少しずつ根を太らせるようにしましょう。

アグアヘ(ミリチーヤシ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

アグアヘ(ミリチーヤシ)の種子

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114596972

 

女性のためのミラクルフルーツとして、ブラジルで「アグアへ(ミリチーヤシ)」が大人気です。 「バストが大きくなるフルーツ」として知られています。 アマゾン流域のジャングルに生息しているパームツリーから採れる実には女性に嬉しい効果がたっぷり入っていることで、ジュースや、ジャム、アイスクリーム、ワインとして使用されています。

アグアヘの果実には、植物性エストロゲン、ベタカロチン(ビタミンA)、トコフェロール(ビタミンE)、アスコルビン酸(ビタミンC)などのミネラルが多く含まれています。 女性らしさを生み出すエストロゲンを多く含み、皮膚や内臓の老化防止、動脈硬化の予防にも効くといます。

果実はうろこのような皮に覆われ、黄色の実がぎっしりと詰まっています。 ニンジンの7〜12倍ものβカロチン(ビタミンA)を含んでおり、これは植物の中では世界一とされています。 このフルーツから抽出されたオレンジがかったオイルにはオレイン酸、トコフェロール、カロチノイド、βカロテンなどをたっぷり含んでおり、近年では紫外線から起因するガン予防に非常に効果的と発表されています。

和名: アグアヘ、ミリチーヤシ
英名: Aguaje、Moriche Palm、Buriti
学名: Mauritia flexuosa

原産国: ベレン・ブラジル
形態: ヤシ科ミリチーヤシ属、多年草、常緑樹
栽培期間: 5〜6年
種まき: 3〜8月
発芽適温: 23〜27℃
発芽率: 93%
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 4〜10m
葉張り: 2〜4m
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 35℃
株間: 5〜7m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培可能地域】
ヤシ科が育つ環境なら露地栽培が可能です。 比較的耐寒性があります。

【栽培方法】
■育てる場所・土
土質は特に選びません。 日当たりが良く、湿りけのある土を好みます。

■芽出し
発芽の適温が23〜27℃なので、ヤエザクラが咲いてから播種してください。
1) 種を水に入れて、冷蔵庫で3日間保管してください。
2) 種まき用の土に埋めてください。 覆土は5〜7cmにしてください。 3〜6週間で発芽しますので、土が乾かないように毎日水をあげてください。

30cmの高さになるまで冷気に当てないでください。 夏場は外に出しても大丈夫です。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 冬は地上部は枯れますが休眠はせず、根は生きています。 気温が15℃以上の環境なら常緑です。

■肥料
春〜秋にかけて2ヶ月おきに緩効性の肥料を与えてください。

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 気になれば暖かい時期に剪定してください。

■収穫
条件さえ整えば、2mの高さでも実が付きます。

■冬越し
気温がマイナスになる地域では、プチプチや布を巻いて、大きいビニール袋で全体を覆って防寒対策をしてください。

【利用】
固い果実を数日常温で保管し、柔らかくなった頃に冷蔵庫で冷やして食べてください。 熟するまでは硬いので常温で数日置いてください。 皮はライチーのような硬さです。 生食としても、冷凍庫で保管し半冷凍にしてから食べると天然のシャーベットになります。

【納期について】
数量と販売期間が限られます。 完売次第、翌年2月から再販します。

バーガンディーアマランサスの種子販売のお知らせ

 

バーガンディーアマランサス

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114594547

 

ペルーから正規に輸入された種子です。 色がついた食用のアマランサスは非常にレアです。 穂を大きくさせてオーナメントとしても利用出来ます。

アマランサスは南米原産のハゲイトウの仲間、ヒユ科、ヒユ属の一年草で、ヒエ、アワ、キビといったイネ科の雑穀とは別の「擬似雑穀」です。 

アマランサスは精白米に比べても、カルシウム約30倍、鉄分約5倍、繊維質約8倍を含んだ、今注目の高栄養価穀物です。 また他の穀物に比べてもカルシウム、鉄分、そして必須アミノ酸であるリジン、メチオニンなどの含有量が数段上です。

アマランサス(学名: Amaranthus)はヒユ科ヒユ属(アマランサス属)の総称。 ヒユ(莧、A. tricolor)の仲間であるが、形態は多様です。 和名に「ケイトウ(鶏頭)」を含む種も多いが、ケイトウ (Celosia argentea) は同科別属です。

古代南米のインカ文明などでは、食用のために栽培されており、トウモロコシや豆類に匹敵する重要作物でした。 19世紀に入るとインドなどでも大規模に栽培されるようになりました。 日本へは江戸時代に、主に観賞用として伝来しました。 東北地方では小規模ながらアカアワなどの名前で食用にも栽培されていました。

【アマランサスの栄養成分】
マグネシウム・鉄分・ビタミンE・ビタミンB6・
葉酸・亜鉛・カリウム
カルシウムは白米の32倍
食物繊維は白米の15倍  

アマランサスの栄養価

栽培用の種子ですので、食用ではありません。
遺伝子組み換えはしていません。
収穫されたアマランサスを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。


和名: バーガンディーアマランサス、アマランス
英名: Burgundy Amaranthus
学名: Amaranthus

原産国: ペルー
形態: ヒユ科ヒユ属
草丈: 100〜120cm
播種: 春蒔き、秋蒔き
栽培期間: 3〜4ヶ月
発芽適温: 10〜25℃
消毒: なし
発芽適温: 20〜25℃
発芽率: 86%
株間: 25〜30cm
条間: 60〜70cm
連作要害: あり
栽培難度: ★★

【畑面積の目安】
*発芽率を80%、密集率を80株/m2、収穫見込を50gm/株とした場合
800粒 > 640株 > 8m2 = 2 x 4m > 32kgの収穫見込
4,000粒 > 3,200株 > 40m2 = 4 x 5m > 160kgの収穫見込
8,000粒 > 6,400株 > 80m2 = 8 x 10m > 320kgの収穫見込

【種蒔きの目安】
1穴5〜6粒蒔き、軽く土をかぶせる。
株間25〜30cm、条間70cm
*最低気温が5℃以上になり、霜が降りなくなってから蒔いてください。
*密集度は80株/m2以下にしてください。
*散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。

【収穫量の目安】
50〜70gm/株
 

チェリーバニラキヌアの種子販売のお知らせ

 

チェリーバニラキヌア

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=114594027

 

ペルーから正規に輸入された種子です。 ペルーでしか栽培されていない大変貴重なキヌアの種子です。 穂がレッド〜ピンクなり、収穫時には畑が真っ赤になり豪快です。 湿気に強い品種です。

キヌアの種を販売しているのは日本国内では数社しかありません。 栽培用のキヌアの種子をペルーから輸入しているのはマルシェ青空だけです。 

栽培用の種子ですので、食用ではありません。
遺伝子組み換えはしていません。
収穫されたキヌアを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

==========
和名: チェリーバニラキヌア
英名: Cherry Vanilla Quinoa
学名: Chenopodium quinoa

キヌア(学名Chenopodium quinoa Willd)は実は「擬似穀物」で 本当のイネ科ではなく、ホウレンソウやテンサイを含むアカザ科に属する。

その栄養価の高さが認められ、NASAはキヌアを長期の宇宙ミッションにおける宇宙飛行士の食事の一部とした。1993年のNASAの専門誌にはこうある。「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」

キヌアは10種類の必須アミノ酸を全て含む唯一の植物性食物だ。たんぱく質の含有率(14〜18パーセント)は麦、米、トウモロコシ、オーツ麦より高く、動物性たんぱく質の代わりとなり得る。カロリー値は卵、牛乳より高く、肉に匹敵する。

ビタミンE、ビタミンB2 (リボフラビン)が豊富で、他の穀物よりカルシウム、カリウム、マグネシウム、 リンなどのミネラルが多く含まれている。

最近の研究ではキヌアには植物エストロゲンが含まれており、更年期後エストロゲンの減少によって引き起こされる骨粗しょう症、動脈硬化、乳がんを防止または減少させる効果があることがわかった。
==========
原産国: ワラス・ペルー
形態: ヒユ科アカザ属、一年草
発芽適温: 18〜24℃
発芽率: 87%
pH: 6〜7.5
成熟期間: 3〜4か月間 *春蒔き(4月)と夏蒔き(8月)の年二回の収穫が可能です。
草丈: 100〜120cm
株間: 5cm *密集率は200本/m2まで可能
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
連作障害: 日本では二作が可能です。 「玄米酵素アミノ酸」で連作障害を避けることができます。
栽培難度: ★     *芽出しだけ要注意

玄米酵素アミノ酸:
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

【栽培方法】
■芽出し
以下をご参照ください。
http://blog.marcheaozora.com/?eid=30

■畑面積の目安
*発芽率を80%、密集率を80株/m2、収穫見込を50gm/株とした場合
800粒 > 640株 > 8m2 = 2 x 4m > 32kgの収穫見込
4,000粒 > 3,200株 > 40m2 = 4 x 5m > 160kgの収穫見込
8,000粒 > 6,400株 > 80m2 = 8 x 10m > 320kgの収穫見込
96,000粒 > 76,800株 > 960m2 = 31 x 31m > 3,840kgの収穫見込 *10アール

【収穫量の目安】
50〜70グラム/株

■種蒔き
1穴2〜3粒蒔き、軽く土をかぶせる。
株間25〜30cm、条間70cm
*最低気温が5℃以上になり、霜が降りなくなってから蒔いてください。
*密集度は80株/m2以下にしてください。
*散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 ただし、必ず水に浸してから蒔いてください。

■追肥
必要なし

■収穫時期
種蒔き後、100日目が大よその目安です。 茎や茎葉が黄変し、子実が70〜80%熟色するのが目安です。 3日間雨が降らなかった後に収穫することをお勧めします。

■収穫方法
草丈が130cm以下でしたらヒエ、アワ、ソバ用のコンバインで収穫可能です。 ほとんどの場合、130cm以上になるので、バインダーで刈り取ってください。 「自脱(自動脱穀)」は回転速度が速すぎるのでお勧めしません。 コンバインに低速モードがあれば使えます。 コンバインによる生脱乾燥の場合、通風温度36℃以下に設定してください。

■乾燥方法
屋内に逆さ吊りして、葉や茎が完全に茶色くなってカサカサに乾燥させてください。 収穫時期にもよりますが、カビが発生しないように注意してください。

■脱穀方法
米や麦の脱穀機でも可能ですが、「低速モード」で脱穀してください。 足踏み脱穀機がお勧めです。

■洗浄・選別
脱穀が完了したら、水洗浄し不純物を除去してください。

■サポニン除去
キヌアにはサポニンが含まれ、人体に悪影響があるとされています。 ただ、これは相当量(毎日キヌア10kgなど)を食べた場合の影響です。 キヌアを洗浄していると、泡が立ちますが、この泡がサポニンです。 収穫したキヌアのサポニンを除去しなくても食味・健康などには影響しませんが、気になる場合には泡が目立たなくなるまで3回程度洗い落としてください。

■精米
精米機にかけて、キヌアを磨いてください。 米の半分以下の時間で十分です。

■洗浄〜乾燥
再び水洗浄して、ザルにあげてから自然乾燥させてください。 

■利用方法
キヌアだけをまぜた「キヌアご飯」や、多種多様なレシピがあります。 クックパッドなどで検索してください。
 

12345>|next>>
pagetop