February 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ゴールデンバレーキヌアの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:スーパーフード

 

ゴールデンバレーキヌア

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113865392

 

ペルーから正規に輸入された種子です。 ペルーでしか栽培されていない大変貴重なキヌアの種子です。 穂がホワイトキヌアよりも黄色〜ゴールドになり、収穫時には畑が金色に輝きます。

キヌアの種を販売しているのは日本国内では数社しかありません。 栽培用のキヌアの種子をペルーから輸入しているのはマルシェ青空だけです。 

栽培用の種子ですので、食用ではありません。
遺伝子組み換えはしていません。
収穫されたキヌアを食用として販売しても問題ありません。
栽培後に採種された種を再販しても問題ありません。

==========
和名: ゴールデンバレーキヌア
英名: Golden Valley Quinoa
スペイン語: Oro de Valle
学名: Chenopodium quinoa

キヌア(学名Chenopodium quinoa Willd)は実は「擬似穀物」で 本当のイネ科ではなく、ホウレンソウやテンサイを含むアカザ科に属する。

その栄養価の高さが認められ、NASAはキヌアを長期の宇宙ミッションにおける宇宙飛行士の食事の一部とした。1993年のNASAの専門誌にはこうある。「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」

キヌアは10種類の必須アミノ酸を全て含む唯一の植物性食物だ。たんぱく質の含有率(14〜18パーセント)は麦、米、トウモロコシ、オーツ麦より高く、動物性たんぱく質の代わりとなり得る。カロリー値は卵、牛乳より高く、肉に匹敵する。

ビタミンE、ビタミンB2 (リボフラビン)が豊富で、他の穀物よりカルシウム、カリウム、マグネシウム、 リンなどのミネラルが多く含まれている。

最近の研究ではキヌアには植物エストロゲンが含まれており、更年期後エストロゲンの減少によって引き起こされる骨粗しょう症、動脈硬化、乳がんを防止または減少させる効果があることがわかった。
==========
原産国: ワラス・ペルー
形態: ヒユ科アカザ属、一年草
発芽適温: 18〜24℃
発芽率: 85%
pH: 6〜7.5
成熟期間: 3〜4か月間 *春蒔き(4月)と夏蒔き(8月)の年二回の収穫が可能です。
草丈: 100〜120cm
株間: 5cm *密集率は200本/m2まで可能
遺伝子組み換え: 無し、Non-GMO
消毒: 消毒済み
連作障害: 日本では二作が可能です。 「玄米酵素アミノ酸」で連作障害を避けることができます。
栽培難度: ★     *芽出しだけ要注意

玄米酵素アミノ酸:
http://www.marcheaozora.com/?pid=90666985

【栽培方法】
■芽出し
以下をご参照ください。
http://blog.marcheaozora.com/?eid=30

■畑面積の目安
*発芽率を80%、密集率を80株/m2、収穫見込を50gm/株とした場合
800粒 > 640株 > 8m2 = 2 x 4m > 32kgの収穫見込
4,000粒 > 3,200株 > 40m2 = 4 x 5m > 160kgの収穫見込
8,000粒 > 6,400株 > 80m2 = 8 x 10m > 320kgの収穫見込
96,000粒 > 76,800株 > 960m2 = 31 x 31m > 3,840kgの収穫見込 *10アール

【収穫量の目安】
50〜70グラム/株

■種蒔き
1穴2〜3粒蒔き、軽く土をかぶせる。
株間25〜30cm、条間70cm
*最低気温が5℃以上になり、霜が降りなくなってから蒔いてください。
*密集度は80株/m2以下にしてください。
*散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 ただし、必ず水に浸してから蒔いてください。

■追肥
必要なし

■収穫時期
種蒔き後、100日目が大よその目安です。 茎や茎葉が黄変し、子実が70〜80%熟色するのが目安です。 3日間雨が降らなかった後に収穫することをお勧めします。

■収穫方法
草丈が130cm以下でしたらヒエ、アワ、ソバ用のコンバインで収穫可能です。 ほとんどの場合、130cm以上になるので、バインダーで刈り取ってください。 「自脱(自動脱穀)」は回転速度が速すぎるのでお勧めしません。 コンバインに低速モードがあれば使えます。 コンバインによる生脱乾燥の場合、通風温度36℃以下に設定してください。

■乾燥方法
屋内に逆さ吊りして、葉や茎が完全に茶色くなってカサカサに乾燥させてください。 収穫時期にもよりますが、カビが発生しないように注意してください。

■脱穀方法
米や麦の脱穀機でも可能ですが、「低速モード」で脱穀してください。 足踏み脱穀機がお勧めです。

■洗浄・選別
脱穀が完了したら、水洗浄し不純物を除去してください。

■サポニン除去
キヌアにはサポニンが含まれ、人体に悪影響があるとされています。 ただ、これは相当量(毎日キヌア10kgなど)を食べた場合の影響です。 キヌアを洗浄していると、泡が立ちますが、この泡がサポニンです。 収穫したキヌアのサポニンを除去しなくても食味・健康などには影響しませんが、気になる場合には泡が目立たなくなるまで3回程度洗い落としてください。

■精米
精米機にかけて、キヌアを磨いてください。 米の半分以下の時間で十分です。

■洗浄〜乾燥
再び水洗浄して、ザルにあげてから自然乾燥させてください。 

■利用方法
キヌアだけをまぜた「キヌアご飯」や、多種多様なレシピがあります。 クックパッドなどで検索してください。

ピーナッツパンプキンの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:かぼちゃ

 

ピーナッツパンプキン

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113774941

 

*** 日本初上陸の品種です ***

 

フランスで「キモウマ」として人気が高い品種です。 外側にピーナッツが付いた様に見えることから名前の由来になっています。 アメリカにもハロウィンのオーナメントとして導入されています。 日本でこの品種を販売しいているのはマルシェ青空だけです。

肉質はジューシーで甘いので、パンプキンパイや菓子に向いています。

 

和名: ピーナッツパンプキン
英名: Peanut Pumpkin、Galeux D' Eysines Squash
学名: Cucurbita maxima

 

原産国: カオール・フランス
形態: ウリ科カボチャ属、一年草
種別: 固定種
利用: オーナメント、果肉はパンプキンパイなど菓子用
播種時期: 4〜5月
発芽適温: 20〜30℃
発芽率: 91%
収穫時期: 播種後 95〜105日
遺伝子組み換え: 無し
採種権: オープンシードですのでご自由に採種、再販してください。
収量: 3〜6個/株
栽培難度: ★

 

【栽培方法】
普通のかぼちゃと育て方は変わりません。 5〜10kgのサイズになります。

 

■芽かきについて
芽かきをしなければ10個程度の収穫が可能ですが、より大きくするには2〜3個残すことをおすすめします。 畑の地力や日照条件に左右されるので、その土地に合った栽培パターンをお試しください。

 

■収穫のタイミング
果肉が濃いオレンジ色に変ったら収穫し、乾いた涼しいところに貯蔵してください。 直径40cm以上から収穫が可能です。 直径50cmで5kgの重量です。 収穫後は1ヶ月は常温保存が可能です。

 

【納期】
2〜8日以内に出荷致します。

 

パテインかぼちゃ(グリーン、ホワイト、イエロー)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:かぼちゃ

 

パテインかぼちゃ

 

【パテインかぼちゃ(グリーン、ホワイト、イエロー)の種子販売のお知らせ】

 

購入リンク:

グリーン

http://www.marcheaozora.com/?pid=114014141

ホワイト

http://www.marcheaozora.com/?pid=114014265

イエロー

http://www.marcheaozora.com/?pid=114014470

 

ホタテ貝を連想させることから「Scallop」と呼ばれている品種です。 直径10〜15cm程度になり、丸ごと食べられます。 

 

食用としても、ハロウィーンのデコレーションにも使用されます。 

 

和名: パティパンかぼちゃ

英名: White/Green/Yellow Scallop Squash (Summer Squash)

学名: Cucurbita pepo

 

カラー: ホワイト、グリーン、イエロー

原産国: オハイオ州・アメリカ

形態: ウリ科カボチャ属、一年草

収穫時期: 播種後 60〜80日

利用: オーナメント、食用

播種時期: 4〜8月

発芽適温: 20〜30℃

発芽率: 90%

耐寒温度: 10℃

耐暑温度: 40℃

遺伝子組み換え: 無し

採種権: オープンシードですのでご自由に採種、再販してください。

栽培難度: ★

 

【栽培方法】

普通のかぼちゃと育て方は変わりません。 乾燥には強い品種です。 1株から15〜20個程度が収穫出来ます。

 

■定植

15cm程度まで育ててから定植することをオススメします。

 

■収穫のタイミング

直径が10cm程度になったら収穫してください。 お好みによって15、20cmまで育ててから収穫しても問題ありません。 収穫したら、乾いた涼しいところに貯蔵します。 収穫後は1年以上の保管(展示)も可能です。

 

【利用方法】

クックパッドにレシピが豊富に紹介されているのでチェックしてください。

バーニングブッシュ(ニシキギ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

バーニングブッシュ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113774614

 

5月に開花し、秋になると葉が真っ赤になるのがとても美しいので、庭木として人気があります。 ニッサ、スズランノキと共に世界三大紅葉樹に数えられます。

赤い実は冬になっても落ちません。 実は食用には向きませんが、小動物にとっては貴重な食料となります。

和名: バーニングブッシュ、ニシキギ、ヤハズニシキギ
英名: Burning Bush
学名: Euonymus alatus

原産国: ネブラスカ州・アメリカ
形態: ニシキギ科ニシキギ属、落葉低木
草丈: 2〜5m
種まき: 4〜9月
発芽適温: 15〜20℃
発芽率: 81%
受粉木: 必要 (雌雄異株)
ベランダ栽培: 不可能
耐寒温度: -15℃
株間: 3〜5m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
特別な用土を用意する必要はありませんが、水はけのよいものが良いです。

■芽出し
1) 種を水に入れて、3日程度冷蔵庫に入れてください。
2) 桜が咲く頃に種蒔きをしてください。 覆土は1cm程度で十分です。

■定植
10cmの高さになってから定植してください。

■水やり
乾燥に強い品種なので、水やりはそれほど注意することはありません。

■冬越し
寒さには強い品種なので、越冬の対策は不要です。 

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
観賞用としてご利用ください。

リップスティックパームの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

リップスティックパーム

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113774453

 

リップスティックパームは、タイ南部からマレー半島、ボルネオ島やスマトラ島に分布していています。 真っ赤な茎が特徴で、観葉植物として海外では人気があります。

和名: リップスティックパーム、姫猩々椰子、ひめしょうじょうやし
英名: Lipstick Palm、Red Sealing Wax Palm
学名: Cyrtostachys renda

原産国: ムアル・マレーシア
形態: ヤシ科ショウジョウヤシ属、常緑低木
草丈: 2〜4m
利用: オーナメント
発芽適温: 20℃
発芽率: 93%
ベランダ栽培: 可能
耐寒温度: 0℃
耐暑温度: 37℃
種まき: 4〜9月
株間: 2〜5m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
土壌は特に選びません。 日当たりのよい場所を好みます。

■芽出し
1) 種を水に入れて、冷蔵庫に1日程度保管してください。
2) 種を1粒蒔いたら、土を2cm程度被せて、発芽するまで土が常に湿っている状態ににしてください。  

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにあげてください。

■冬越し
霜が降りる場所では、プチプチを巻いたりして防寒してください。 大き目の鉢に植えて、冬場は室内で保管することをオススメします。

■手入れ
成長が遅いので、基本的に剪定の必要はありません。 丈夫なので、太い枝の部分まで刈り込んでも芽吹きます。 強い剪定をしたから枯れるということもありません。

■植え替え
鉢植えで育てる場合は、鉢の下から根が出てきたら一回り大きな鉢に植え替えてください。

■増やし方
脇芽が出てきたら株分けして増やすのが簡単です。

アセロラの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:フルーツ

 

アセロラの種

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113674704

 

アセロラは特にビタミンCが豊富なフルーツとして知られています。 直径は2cm前後、重さは5〜8gくらいと小さく、少しデコボコとした形をしています。 

日本では赤色のアセロラが知られていますが、海外のマルシェでは黄色のアセロラも見かけます。 栽培方法や栄養成分はどちらも同じです。

日本ではアセロラドリンクの登場でよく知られるようになりましたが、海外ではジャムやゼリーなどにも用いられます。 また、熟した果実は生で食べることもできますが、皮が薄く傷みやすいので2〜3日しか持ちません。 日本で生のアセロラはまだ出回っていません。 さわやかな甘酸っぱがあるのが特徴です。

【主な栄養成分】
*可食部100g中
ビタミンC(1700mg)
葉酸(45mcg)
カリウム(130mg)
βカロテン当量(370mcg)
*甘味種はビタミンC(800mg)

【効能】
風邪予防、美肌効果、がん予防、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防

果物の中ではダントツにビタミンCの量が多く、風邪予防や美肌効果に期待ができます。また、抗酸化作用のあるβカロテンや、ポリフェノールの一種「アントシアニン」や「ケルセチン」、さらには血を作るビタミンといわれている葉酸もほどよく含まれています。 ナトリウムの排出を促進するカリウムも比較的多く、高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果に期待ができます。

英名: Red (Yellow) Acerola、Barbados cherry
和名: レッド(イエロー)アセロラ
学名: Malpighia emarginata

品種: レッド、イエロー

原産国: モンテリア・コロンビア
形態: キントラノオ科ヒイラギトラノオ属、常緑低木
自家結実性: 1本で結実します
樹高: 2〜4m
葉張り: 2〜3m
発芽温度: 20〜30℃
発芽率: 89%
ベランダ栽培: 可能(7号以上の鉢)
耐寒温度: 5℃
耐暑温度: 33℃
種まき: 3〜6月
株間: 3〜5m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■芽出し
播種する前に24時間水に浸してください。 発芽の適温が20℃なので、桜が開花する頃に種蒔きをしてください。 土は1cm程度被せてください。 

■育てる場所・土
土質は特に選びません。 日当りが良い場所を好みます。 寒さには強いですが、逆にあまり暑いのには弱いので、夏場は遮光ネットなど対策をしてください。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 冬は地上部は枯れますが、根は生きています。 庭植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は、土をカリカリに乾かさない程度に水を与えてください。

■肥料
生育中は月に1回化成肥料を与え、追肥として月に2回程度液肥を施しますが、窒素肥料を控えて栽培してください。 花がつき始めたら定期的に液肥を与えてください。

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 気になれば暖かい時期に剪定してください。

■収穫
4〜5月に花が咲き、6〜9月に実が赤くなったら収穫のタイミングです。

■越冬
気温が5℃以下になるような場合は、プチプチを巻いたり、ビニール袋を被せて防寒対策を実施してください。 幹が固い木のように育つので、いきなり枯れることはありません。

■増やし方
種もしくは挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【利用】
生のアセロラは冷蔵保存でも2〜3日程度でいたみ始めるため、食べきれない分はよく水洗いしてすぐに冷凍保存してください。 ジャムやジュースにすることも可能です。

 

ブラジルナッツノキの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:木の実

 

ブラジルナッツノキ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113570124

 

*** 日本初登場の品種です ***

日本ではあまり馴染みがありませんが、ブラジルナッツは古くからブラジルの先住民によって食用にされてきました。 マカデミアナッツと同じく、バターのように濃厚な味です。 油脂分が70%と油を多量に含むため、燃料用にもされています。 

ブラジルナッツの殻は、工芸品や容器として用いられています。 成熟した実の長さは2.5cm程度で、アーモンドの2倍の重さになります。 

【ブラジルナッツの効能】
■免疫力アップ
ブラジルナッツは、抗酸化物質であるセレンを豊富に含むことで知られています。 その含有量は、ブラジルナッツ1粒でセレンの一日に摂取目安量を補ってくれるほどです。 セレンは体内で生成することができないので、食事から摂取する必要があります。 抗酸化作用のあるセレンは、免疫力を高め、美容効果をもたらしてくれます。 

■脳の活性化
ミネラル含有量が極めて高く、セレン以外にも銅、マグネシウム、マンガン、リン、カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛など多くのミネラルを含んでいます。 カルシウムや亜鉛、マグネシウムなどのミネラルは脳を活性化する働きがあります。 またミネラルは、健康な体づくりには欠かせない栄養素。免疫力を向上させて、健康を促進してくれます。

■持久力アップ
良質なタンパク質源となるブラジルナッツ。 20種の必須アミノ酸を含むため、健康的な体づくりには欠かせません。 運動前に摂取すると、筋肉損傷や筋力の低下を抑えてくれるので、持続力がアップします。 また、必須アミノ酸の一つであるメチオニンには育毛や発毛を促進する効果があります。

■生活習慣病の予防
少量の不飽和脂肪酸と豊富なオメガ6脂肪酸を含むブラジルナッツ。 特に、パルミトレイン酸とオレイン酸を豊富に含むため、血液中の悪玉コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増加させる作用があります。 また、これらの一価不飽和脂肪酸は心疾患のリスクを軽減する効果があります。 オメガ6脂肪酸には、生活習慣病を予防する効果があることがわかっています。

和名: ブラジルナッツ
英名: Brazil Nut Tree
学名: Bertholletia excelsa 

原産国: テレジナ・ブラジル
形態: サガリバナ科ブラジルナッツ属、高木
栽培年数: 7〜10年
収穫: 9〜1月
樹高: 20〜30m
授粉樹: 不要
発芽率: 91%
ベランダ栽培: 不可能
露地栽培: 日本全国 
種まき: 6〜8月
発芽適温: 20℃
栽培適温: 25〜40℃
耐寒温度: -5℃
株間: 10〜15m
連作障害: なし
栽培難度: ★

【栽培方法】
■土壌、環境
日当たりがよく適湿な場所を好みます。 剛健なので、ほとんど手がかかりません。 非常に大きくなるので、半永久的に栽培出来る場所を選んでください。

■芽出し
1) 種子を水に4日浸けてください。 水は毎日取り替えてください。
2) 発芽しやすいように、殻を少しだけ取り除いてください。 殻は非常に硬いので、軍手をして作業してください。
3) 一般的な腐葉土に、種子を横にして、覆土は2〜4cmにして播種してください。
4) 発芽するまでは暗室に保管してください。 発芽まで土の表面が乾かない程度に毎日水やりをしてください。 蒸れすぎになると腐りやすくなりますので、気をつけてください。
5) 10〜14日で発根を開始し、しばらくしてから発芽します。 発芽してから太陽の光を十分に浴びさせてください。

■定植
関東以南では1m以上になってから、関東以北では1.5m以上になってから露地に定植してください。 雪が2m以上積もるような豪雪地帯では樹高が2m以上になってから定植してください。 定植させる際に、根を傷つけないように土を十分につけたまま植え替えをしてください。 直射日光が大好きです。

■水やり
50cmの高さになるまで、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 1m程度の高さになれば乾燥させても大丈夫です。

■冬越し
1mの高さになるまで極力室内で育ててください。 秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力は増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。

■増やし方
挿し木(水挿し)で増やすのがとても簡単です。

【授粉について】
1本でも結実しますが、授粉樹を混植すると実付が良くなります。

【利用】
生食でも、ローストしても美味です。

ピーケリバナナの種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:バナナ栽培

 

ピーケリバナナ

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113565837

 

日本初上陸の品種です。

ニューギニア島で2015年に発見された新種です。 野生のバナナなので大きくなります。 今でも現地で食用として流通しています。 非常に甘いことで知られていて、生食でも揚げても美味です。

和名: ピーケリバナナ
英名: Peekelii's Banana
学名: Musa peekelii

原産国: マダン・パプアニューギニア
形態: バショウ科ムサ属、常緑中木
種まき: 3〜4月
発芽温度: 15〜25℃、2〜8週間
発芽率: 85%
pH: 5〜6
樹高: 4〜5m
収穫: 8〜10月 *関東の場合
収穫までの期間: 3〜4年
受粉樹: 不要
用途: 観賞用
鉢植栽培: 可能
接木: 可能
株間: 1〜2m
生育温度: 昼間20〜30℃、夜間15〜20℃
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 37℃
栽培難度: ★★

【栽培方法】
室内の温度管理に問題が無ければ、何月に播種しても大丈夫です。

■芽出し
1) 種子を水で洗う。
2) 48時間お水またはぬるま湯に浸ける。
3) ポットに種まき用土などを入れる。
4) 種子を蒔いて1cm程度軽く土をかけ、土を適度に湿らせてください。
5) 25℃前後の場所に置いてください。
6) バナナは発芽まで2〜8週間かかります。 発芽したら根が短いうちにポットへ移植してください。

*移植のときは、根が傷つかないようにしてください。
*幼苗の間は、乾燥に非常に弱いので、常に土が湿った状態にしてください。
*苗が20cm程度になったら、日当たりが良い場所に移動させてください。

■土壌
用土は赤玉土(8):腐葉土(2)にして、水はけをよくしてください。

■水やり
高温多湿にするとぐんぐん成長します。 4月〜10月の成長期は乾いたらたっぷり水を与えてください。

■植え替え
根が窮屈になってきたら、1サイズ大きいポットに移植してください。 5号ポット→6号ポット

【越冬について】
1年目の越冬は要注意です。 株が大きくなれば耐寒性が増します。 年中部屋の中で栽培するほうが無難です。 2mを超えれば比較的耐寒性も強くなりますが、5〜7℃が限界です。 1週間程度ならプチプチで巻いて防寒すれば東北地方でも露地栽培で凌げます。

セイロンシナモンの種子販売のお知らせ

 

セイロンシナモン

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113496315

 

一般的に、「シナモン」とうのはスリランカ産の「セイロンシナモン」のことです。 多く出回っているシナモンの名前で出荷されているのは実はカシア(チャイニーズシナモン)で、アジア諸国で栽培されています。 セイロンシナモンはカシアシナモンの倍以上の値段がします。 

なお「ニッキ」は「シナシナモン」を乾燥させたものを指します。 セイロンシナモンの方がマイルドな香りで、カシアは濃厚などっしりとした甘い芳醇な香りです。 ニッキはまた少し違った、キリッとしまった強い辛味です。

和名: セイロンシナモン
英名: Ceylon Cinnamon
学名: Cinnamomum zeylanicum

原産国: ガル・スリランカ
形態: クスノキ科ニッケイ属、常緑樹
草丈: 3〜15m
種まき: 6〜8月
発芽適温: 20〜27℃
発芽率: 89%
ベランダ栽培: 不可能
受粉株: 不要(雌雄同株)
収穫: 3〜4年
定植時期: 2〜3月
露地栽培: 関東以南の太平洋側
耐寒温度: 5℃ 
大暑温度: 40℃
栽培適温: 25〜40℃
株間: 10〜20m
連作障害: なし
栽培難度: ★★

【栽培方法】
栽培方法はシナニッケイと同じです。

■芽出し
1)種子を水に入れて、2日間常温で保管してください。
2)適当な大きさの鉢を用意し、種蒔き用の柔らかい用土に深さ1cm程度に埋めてください。
3)発芽するまで土の表面が湿っているようにしてください。 10日以内に芽が出てきます。
4)10cm程度まで育ってから大きめのポットに定植してください。 20cmの丈になるまで、室内で管理した方がベターです。

■土壌、環境
用土は赤玉6:腐葉土4で配合してください。 露地植えの場合は、広くて日当たりのよい場所を選んでください。

■水やり
水切れを起こすと株が弱るので、特に夏はたっぷりと水を与えてください。 

■剪定
春に、冬の間に傷んだ枝を切り落としてください。 大きく育ちすぎ、樹形が乱れた時は思い切った切り戻しが必要です。 大きくしたくないときは、毎年育った分だけ切り戻し剪定を行います。

■冬越し
秋の終わり頃から寒さにあてる場合は、水を徐々に少なくし、乾燥させると耐寒力は増します。 春再び暖かくなったら芽を吹き始めますので、徐々にお水を与えてください。 雪が1m以上あるところは、プチプチで巻く等して防寒対策が必要です。

■増やし方
挿し木で増やすのがとても簡単です。

【収穫】
幹が直径2cm以上になれば皮を剥いで収穫可能です。 採種が可能になるまでには4年必要です。

【利用】
スパイスとして

 

ライチートマト(ハリナスビ)の種子販売のお知らせ

JUGEMテーマ:トマトが大好き!

 

ライチートマト

 

購入リンク:

http://www.marcheaozora.com/?pid=113463252

 

***日本初上陸の品種です***

茎は下部が地を這いジグザグに伸び、枝分かれして斜上し、葉とともに刺や腺毛が密に生えます。 葉は互生し、長楕円形〜長卵形で、長さ10〜20cm、幅5〜14cmです。 深く掌状に3〜7裂し、裂片には大きな鋸歯があり、両面に星状毛が生えることから「ハリナスビ」と名づけられました。

花は上部の葉柄から出た花序の先につき、花冠は白色〜淡紫色、径2.5〜3cmです。 萼は鐘形で、刺や腺毛が生えます。 果実(液果)は、球形で径2〜2.5で、黄赤色に熟します。 サポニンの毒性があるワルナスビと酷似していますが、別品種です。 甘いので、欧米のマルシェではフルーツとして扱われています。

和名: ライチートマト、ハリナスビ
英名: Litchi Tomato、Vila-Vila、Sticky Nightshade、Morelle De Balbis
学名: Solanum sisymbriifolium

原産国: ユタ州・アメリカ
形態: ナス科ナス属、一年草
自家結実性: 1本で結実します
栽培期間: 6ヶ月
草丈: 1〜1.4m
葉張り: 50〜90cm
発芽温度: 20〜25℃
発芽率: 85%
ベランダ栽培: オススメ
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 25℃
種まき: 3〜6月
株間: 50〜70cm
連作障害: あり (ナス科)
栽培難度: ★★★

【栽培方法】
同じナス科のトマトと栽培方法は同じです。

■芽出し
発芽の適温が20〜25℃なので、発芽はとても遅いです。 直播きして、1cm程度土を被せてください。 育苗器を使ったほうがベターです。

■環境・土壌
ルロは成長が早い多年草ですが、寒さには弱いので、日本では一年草として扱われています。 気温が最低10℃以上〜25℃の範囲内なら、常に開花・結実します。 ただし、夏は開花しても、結実することが少なくなります。 土質は特に選びません。 半日陰から日当たりが良い場所と湿りけのある土を好みます。

■水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにしてください。 

■肥料
肥料は播種してから1ヶ月経ってから開始してください。 花が咲いている間は毎月1回適度に追肥してください。

■お手入れ
放っておいて問題ありません。 気になれば暖かい時期に剪定してください。

■収穫
開花期が長く、6〜12月までの収穫が可能です。 トゲがあるので収穫の際には注意してください。

■連作について
ナス科なので連作障害がありますが、冬に枯れない環境なら、新しい土を追加するか、別の場所に移植してください。

【利用】
そのままフルーツとしてグラノーラやヨーグルトにトッピングして食べるのをオススメします。 ジュースなどに加工する場合は、冷凍保存も可能です。
 

12345>|next>>
pagetop